【ナマズ釣り】ジッターバグを改造してみよう!

ナマズゲームにはジッターというアングラーが多いと思いますが、そのアングラーのほとんどが純正では使用しておらず、自分流にカスタマイズをして使用しています。
例えばトレブルフックの場合、ナマズは捕食が下手で口も大きく開かないので極端にフッキング率が悪いからです。

そこでフックを交換したり、ナイトゲーム用に発光体をつけられるようにしたりと、様々な工夫を凝らすのです。

もちろん、ジッターにも純正でそのまま使用できるようになったものがリリースされていますが、あえて古いジッターを使い、自身オリジナルのジッターでナマズを釣るマニアックな楽しみ方もあるのです。

そんなジッターバグのお勧めの改造法を紹介します。

スポンサーリンク

【ナマズ釣り】ジッターバグを改造してみよう!

発光体をつけよう

ナイトゲーム主体なので、ジッターを夜間でも見えるようにしてみましょう。いくつかの方法があるので、順を追って説明します。

1、ケミホルダーの使用:両面テープで張り付けるだけでオッケーです。

2、ケミホタルのチューブの再利用:ケミホタルの中に透明のチューブが付属されていますが、それをジッターの頭部付近に皿ネジで留めてしまいます。

3、ヒートンの使用:ヒートンと呼ばれる金属ネジを頭部に埋め込みそこにケミホタルを差しこめるようにします。この方法が主流になりつつあるようです。ヒートンはホームセンターに売っています。

フックを変えよう

トレブルフックはフッキング率が悪いのは周知の通り、食い下手なナマズにフッキングを高めるフックチューンを紹介します。ちなみにリアフックのみの前提で説明します。(フロントフックにナマズがかかることは少ないようで、リアのみでいいと考えているからです。)

  • シングルフック、トラウトフックのバーブレスがお勧めです。ダブルフックよりこちらの方がナマズへのダメージも少ない利点があります。
  • メタルジグのアシストフック、ルアーとフック部分の自由度が抜群で吸い込むようなバイトに有効です。返しはつぶしておくといいでしょう。
  • ダブルフック+サルカン、こちらもの抜群のフックの自由度があります。フッキングした場合、ナマズの捻る様なファイトにもサルカンが回転し力を逃がすのでお勧めです。

アピール力を高めよう

カポカポだけじゃ物足りない!もっとアピール力がほしい方にお勧めのチューンです。

  • ブレード装着、フロントフックを外し、そこにブレード装着します。ボディへの干渉音とフラッシング効果でアピールをあげます。デイゲームでも活躍するチューンです。
  • ブレード2コ付、ボディの側面にヒートンを埋め込み、ブレードをつけます。上記のものより二倍のアピール力がありますが、小さめのブレードの方が泳ぎが破たんしません。
  • ジョイント部2コ付、ジョイントジッターの改造です。壊れたジッターの再利用も兼ねて、ジョイント部を2コ付しています。カショカショ音が倍増です。

他にも、フェザーフックをつけたり、ラトルをつけたりと様々です。ジッターマニアの数だけ改造法があると言っても過言じゃないでしょう。あなただけの改造を施して釣りあげたナマズは何よりの価値があると思うので、ぜひ試してみてください。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。