初心者でも簡単に釣れる、覚えておきたいナマズゲームのアクション

ナマズゲームではただ巻きだけで成立するという簡単な面があるので、初心者もエントリーしやすい。
しかし、ただ巻きだけではどうしても捕れないツワモノナマズがいるのも事実です。
そんなナマズを捕るために、初心者でも簡単にできるアクションを紹介します。

スポンサーリンク

初心者でも簡単に釣れる、覚えておきたいナマズゲームのアクション

シェイキング

ルアーをキャストしたらリーリングをせずに、竿先を小刻みに揺らして、ルアーを動かすアクション。
ナマズが潜んでいると推測される場所を、重点的に攻めるのに適しています。

ルアーが水面に落ちた虫のように震えていたら、アクションは合格!

クリークのゴミだまりや水中に沈んだパイプなど、ピンスポットを攻めましょう。
デイゲームで有効なこともあり、焦れたナマズがニョロっと出ててくるのは圧巻です。

テーブルターン

シェイキングに似たようなアクションですが、ルアーのヘッドがその場で左右に振れる特徴があります。
アピール力が弱めのシェイキング、強めのテーブルターンと使い分けたらよいでしょう。

シェイキングは振動による波動のみですが、テーブルターンは波動とルアーの持つ音でナマズを誘います。
このアクションが得意なルアーは限られていますが、キャタピーやジッター、バドなどが比較的簡単にできます。

チョウチン

バス釣りで有名なアクションですが、ナマズでも十分に有効です。
ルアーをわざと木やブッシュなどに引っ掛け、そこからルアーを垂らし、水面をチョンチョンと叩きます。
正確なキャストコントロールが必要なので、初心者というより中級者向けです。

キャストミスなどで偶然ひっかかった場合、すぐに回収するのではなくこのアクションを試してみては?

ドリフト

流れ強い場所で有効なアクション。
水流に合せて、ルアーも流すこと。

まず、流れの上流部から下流に向けて投げます。
そのまま巻かずに、流れに向かってルアーが泳がせます。
ラインテンションをそのままでロッドを動かし、泳ぐ位置を微調整したりもします。

広いオーバーハング、クリークでの橋の下など、キャストでは攻められないような場所でも、流し込んでその場所を探ることができるのがドリフトの強み。
シェードが濃い部分はデイゲームでは有望なポイントであることが多いので、ぜひ試してみてください。

ドリフトを行う際には強い流れでもしっかりと泳ぐ、ハネモノ系のルアーをオススメします。

まとめ

ルアー自体がしっかりと泳ぐものが多いナマズゲームですが、そんな中でもアクションを覚えれば攻められる場所が広がることでしょう。

アクション自体もそこまで難しいものではないので、ナマズゲームをより楽しむためにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。