【ルアー初心者】ヒラメ狙いにおすすめのリール紹介

ヒラメ狙いでリールについて考えたことがある人はどれだけいるでしょうか?
私も今となってはヒラメ釣りの経験が長くなりましたが始めたばかりの頃は、他の釣りで使っていたリールを流用していました。
しかし、経験を重ねてくると、使うロッドやヒラメの特徴に合わせたリールがあることに気づきました。

そこで今回は、ヒラメ初心者に向けたリールの選び方を紹介します。
文末にはおすすめのリールを3つ紹介しています。
ぜひ最後まで目を通してくださいね!

スポンサーリンク

【ルアー初心者】ヒラメ狙いにおすすめのリール紹介

ヒラメのリール

ヒラメ狙いで使うのはスピニングリール

リールにはスピニングリールとベイトリールの2種類がありますが、ヒラメ狙いで使うリールはスピニングリールです。

スピニングリールは基本的にはトラブルレスで、投げっぱなしにしていても問題ありません。唯一の欠点である糸ヨレも、ヒラメ狙いでは主にPEラインを使い、重たいルアーを使って釣りをすることが多いのでラインが絡んで玉になるようなトラブルはほとんど起きません。

また、スピニングリールは常に重心がロッドの下にあるので、常に重力に逆らって持つベイトリールに比べて長時間の釣りでも疲れ難いメリットもあります。

3000番、浅溝、軽量リールがベスト

スピニングリールにはいろんな大きさがありますが、ヒラメ狙いでおすすめなのは3000番と呼ばれる大きさです。

ヒラメ狙いでは、9.6~10.6ftの長さのロッドが主に使われます。
このロッドの長さとバランスを取りやすいのが、3000番のリールです。

できれば、浅溝タイプを購入するようにしましょう。
ヒラメ狙いでは0.8~1.2号程度のPEラインを使うことが多く、深溝だと下巻きをしなければなりません。

下巻きとは、スプールの底上げを他のラインですることです。
スプールエッジに当たるラインの抵抗を少なくして飛距離アップを図ります。
初心者には糸巻き量の調整が難しいので、浅溝を選んでおいた方がよいでしょう。

ヒラメ狙いではキャスト回数が多くなるので、できるだけ自重が軽いリールを選ぶようにしましょう。

ヒラメ狙いには自重の軽い3000番で、浅溝のスプールがベストだと思います。

ヒラメ狙いにはハイギア

スピニングリールにはギア比というものがあります。
ギア比とは、ハンドル1回転あたりに対しての値になりますが、数値が低いものをローギア、高いものをハイギアと呼びます。
ローギアでは巻き取り時に力が伝わりやすく、ハイギアでは糸の巻き取り量が多くなる特徴があります。

ヒラメ狙いにおすすめなのは、ハイギアです。
その理由は、ルアーのスピードが遅いと、ヒラメが見切ってしまうことが多いからです。
そのため、見切られないように速くリトリーブできるハイギアが必要になります。

ヒラメ狙いにおすすめのリール

ダイワ エクセラー3012H
最新の機能を数多く搭載したコストパフォーマンスのよいリール

高強度のエアローターを搭載してあり、巻き始めの抵抗の少なさ、回転ブレの少なさを実現しています。
巻き取りが早くなればなるほど、そのバランスの取れた巻き心地のよさを実感できます。
アルミ製ボディーやデジギアⅡによってリールの剛性もしっかり保ってある初心者におすすめのリールです!

シマノ ナスキー C3000HG
巻き心地が非常によくルアーの状況が把握しやすいリール

独自技術のHAGANEギアとX-SHIPによってリーリングの軽さ、強度をしっかり兼ね備えたリールです。
サーフで、水しぶきによるリール内への水の侵入を気にすることなく釣りができるコアプロテクトといった防水機能も搭載してあります。
他にも強度の高いアルミハンドル、重心をより手元に近づけたGフリーボディも魅力的です。
非常に多機能でありつつ、コストパフォーマンスに優れているリールです!

ダイワ カルディア 3012H
マグシールド、ザイオンボディーが採用してあるダイワの中核リール

磁性をもったオイルにより、海水や埃のリール内への侵入をシャットアウトしてくれるマグシールドが特徴的なリールです。
これは水しぶきや砂が気になるサーフの釣りで特に役立ちます。
また、ボディーに採用してあるザイオン素材は腐食しないなど強度面で優れていて、さらにリトリーブするルアーの振動が手元まで伝わってくるくらい感度のよいものです。
1回転あたりの巻き取り量は95cmあるので、ヒラメにルアーを見切らせないリトリーブができるおすすめのリールです!

まとめ

ヒラメ狙いにおすすめのリールの条件は、

・自重の軽いスピニングリール3000番

・浅溝で下巻きが必要ないもの

・ハイギアのもの

リールをしっかりと考えて選ぶことで、よりヒラメを釣りやすくなります。
今回の記事を参考に、ぜひヒラメ狙いのリールを選んでみてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。