【ヒラメ狙い】おすすめのロッドランキングBEST10

ルアーでのヒラメ狙いにおいて、とても重要なロッド選び。

遠投性能、操作性、パワーといったキーワードをもとに選ぶのが基本となりますが、初心者にとってはどのロッドを選べばよいのかわからないと思います。

そこで今回は、ヒラメ狙いにおすすめのロッドをランキング形式で紹介します!

スポンサーリンク

【ヒラメ狙い】おすすめのロッドランキングBEST10

第1位:メジャークラフト スカイロード サーフモデル SKR-1002SURFサーフゲームのための専用設計ロッド

広範囲を探っていくことが必要なヒラメ狙いに照準を合わせた専用設計ロッド。
パワーのあるブランクスで圧倒的な遠投を実現し、長時間の釣りであってもロッドがサポートしてくれます。
ヒラメのバイトを弾かないしなやかなティップ、ヒットしたときの引きに対応するベリーからバットセクションを兼ね備えているロッドです。
価格的にもお手頃で、ヒラメ狙いで最もおすすめしたいロッドです。

第2位:シマノ ディアルーナ XR S906M
適用ルアーが幅広いロッド

ミノーやバイブレーション、メタルジグといった幅広いルアーに対応し、状況に合わせたルアーを選ぶヒラメ狙いをサポートしてくれるロッド。
パワーを持たせつつも、繊細なティップでヒラメのバイトをしっかりフックアップすることができます。
リールシートにはカーボン強化素材を使ってあり、非常に感度のよい仕様となっています。
ヒラメの引きに安心して対応できるパワーも兼ね備えています。

第3位:ダイワ ラブラックスAGS  106ML
画期的なエアガイドシステム搭載のロッド

通常ガイドフレームには、ステンレスなどの金属が使用してありますが、このロッドにはカーボン製のガイドフレームが搭載されています。
これによって全体重量が軽くなり、ロッドの振り抜きがよくなるので、より遠くへ投げることができます。
また、このガイドは感度アップにもつながっており、遠投したときでもルアーの状況を手元に伝え、ヒラメのバイトも逃しません。
ぜひ使ってもらいたい画期的なガイドシステムのロッドです。

第4位:アブガルシア ソルティースタイル フラットフィッシュ        STFS-962MH-KR サーフロッドのスタンダードモデル

操作性重視のモデルで、重量のあるシンキングミノーやバイブレーションが特に使いやすいです。
KRガイドコンセプトによるロッド自重の軽量化を図りつつ、ラインに優しい仕様となっています。
またXカーボンテープによるブランクスの締め上げで、トルクが向上されておりパワーのあるファイトができるロッドになっています。

第5位:パームスエルア ショアガン エボルブ FLATFISH EDITION SFSGS-106M+・FL フラットフィッシュ専用設計のロッド

食い込みのよいティップと強靭なバットを兼ね備えたロッドです。
強靭なバットのおかげで、釣り人側で主導権をもってヒラメとファイトできます。
ガイドにはライントラブルを軽減できるKガイドを採用してあり、快適に集中力を切らさず釣りをすることができます。

第6位:シマノ ムーンショット S1006M
非常にパワーのあるロングロッド

ブランクスにカーボンテープが密巻きしてあり、ロッド全体でパワーが出せるようになっています。
ガイドはオールSicでラインを痛めにくいです。
非常にパワーがあり、向かい風や重量のあるルアーの使用時でも問題ありません。
コストパフォーマンスに優れたロッドとなっています。

第7位:ダイワ ラテオ 106ML・Q
ロングレングスで遠投できるロッド

カーボン密度の高い軽量で高感度のブランクスを使ってあり遠投がしやすく、ルアーのアクションやヒラメのバイトをしっかり手元まで伝えてくれるロッドです。
KL-Hガイドをバット部に採用してあり、ラインの放出性能を向上させています。
ルアーウエイトが40gまで対応でき、サーフでの遠投に持ってこいのロッドです。

第8位:メジャークラフト クロステージ CRK-902L
ソフトルアーメインで使いたい人におすすめのロッド

操作性の高い9ftの柔らかいロッド。
主にジグヘッドを使ったソフトルアーの釣りに向いています。
繊細に操作できるので、釣り人が多くプレッシャーの高いところでぜひ使ってもらいたいロッドです。

第9位:ダイワ シーバスハンターX 100ML
コストパフォーマンスに優れたモデル

リールシートから元ガイドにかけてカーボンテープでX状に締め上げて、ネジレを抑えロッドパワーを確保しています。
SicリングのKガイドを全てに採用してあり、PEラインの使用も快適です。
オリジナルのリールシートも採用してあり、価格以上の機能を持ったおすすめのロッドです。

第10位:シマノ ソルティーアドバンス シーバスS906ML
エントリーに最適なロッド

飛距離が求められるヒラメ釣りで活躍するロッドです。
ミノーやバイブレーションといった幅広いルアーに対応してくれます。
トップにはステンレスSicガイドが採用されており、強度を持たせラインに優しい仕様になっています。
ヒラメ狙いをまず始めるならこのロッドがエントリーモデルとして最適です。

まとめ

ヒラメ狙いでは、遠投性能、操作性、パワーを兼ね備えたロッドを選び使っていくことが必要です。
予算の範囲で価格の高いものを選んだほうが性能的によく、快適に釣りをすることができると思います。

今回のランキングの中から自分に合ったロッドを選んでみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。