【ルアー初心者】大型ヒラメ狙いの釣り場、釣り方、ルアーを解説

ヒラメ狙いをしている人の憧れはやはり、座布団サイズと呼ばれる大型ヒラメではないでしょうか?
しかし、大型ヒラメ狙いとなると一筋縄では行きません。
そこで今回はルアー初心者に向けて、大型ヒラメ狙いのコツについて解説します。

スポンサーリンク

 【ルアー初心者】大型ヒラメ狙いの釣り場、釣り方、ルアーを解説

%e5%a4%a7%e5%9e%8b%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1

大型ヒラメ狙いのポイント

広大なサーフ

小規模でなく、砂浜が延々と続くような広いサーフを選びましょう。
広いサーフは、潮の流れや風の強いところが多く、大型ヒラメが好むポイントになります。

その中でも好ポイントになるのが、大きな河川の流入や大きく太い離岸流などの地形や流れの変化をのある場所。
このような場所はベイトフィッシュが集まりやすく、捕食効率を求める大型ヒラメの魚影が濃くなります。

ただし、好ポイントは人的プレッシャーが高いので、時化明けなどのプレッシャーから開放されたタイミングを狙うのがおすすめです。
人がどうしても多いときは、一投一投丁寧に探ることを心がけましょう。

ベイトの多い磯

潮の流れが速く、ベイトフィッシュが多い磯は、大型ヒラメが潜む傾向がとても高いです。
磯の中でも、潮通しのよい岬、地形の変化の激しい大きな瀬のあるところが狙い目です。

特に好ポイントなのが、強い流れの中にある緩やかな潮目。
潮目にはベイトフィッシュが溜まりやすいので、その下にヒラメが棲息する可能性も高くなります。

ただし、あまりにも急角度に切り立った磯は、ヒラメが定位しづらいので、ある程度傾斜のある場所を釣座にしましょう。

大型ヒラメを狙うタイミング

潮の動く大潮

潮周りでは特に大潮が、大型ヒラメ狙いに適しています。

大潮とは、月と太陽の引力によって起こる潮の満ち引きが最も大きくなるときで、約半月ごとに訪れます。
とあるデータによると、記録に残るような魚は大潮のときに集中して釣れているといったものもあるくらいです。

大潮のときは流れが強いので、遊泳力のある大型ほど流れを押しのけてルアーを追う傾向が強くなります。
それとは逆に、小型ヒラメは遊泳力が弱いので捕食しづらくなると感じています。

マズメ

マズメは、ヒラメの活性が高くなる時間帯です。
大型ヒラメ狙いでも、この時間は絶対に外せません。

晴れの場合であれば日の出・日没前後の1時間くらいがマズメといってよいでしょう。
曇りや雨といった光量が少ないときであれば、マズメ時は長くなります。

マズメを過ぎると大型ヒラメのヒットが少なくなるので、ある程度日が昇る、または暗くなったら(夜の準備をしてなければ)見切りをつけましょう。

ナイトゲーム

大型になるほど、ヒラメの警戒心が高くなります。
そのため、警戒心が低くなるナイトゲームで狙ってみるのもよいでしょう。

ナイトゲームで注目したいのが満月の大潮と、ライトスポット。

満月では、月明かりで影ができるくらいの明るさになります。
それほどの明るさがあれば、ヒラメはベイトを見つけて捕食することができます。

また、新月の大潮ではライトスポットがポイントになります。
月がないので海は暗く、ライトの集魚力が高くなるからです。
ライトスポットにはプランクトンが集まり、それをエサとしているイワシなどのベイトフィッシュも集まり、それにヒラメも集まるといった食物連鎖が起きやすくなることも覚えておきましょう。

大型ヒラメ狙いには、大型ルアーが基本

大型ヒラメは、大きなベイトフィッシュを好んで捕食します。
それに合わせてルアーも、大型を使うようにしましょう。

目安としては14cm以上のミノー、10cm程度のバイブレーションといったところです。
できるだけ、アクションの大きなルアーを選ぶようにしましょう。

それに加えてルアーが大きくなると、小型ヒラメがバイトしづらくなります。
小型ヒラメが先にヒットしてしまうと、それが原因で大型ヒラメにプレッシャーを与えてしまうことも。
大型ヒラメを狙うときには、小型ヒラメにバイトさせないことも重要になります。

ルアー別アクション

ミノーの使い方は、速めのリトリーブから始め、徐々にスローダウンしていくようにしてください。
始めからスローリトリーブしてしまうと、大型ヒラメにルアーを見切られてしまいます。
それと同じところを数回通してバイトチャンスを増やすことをやってみましょう。

バイブレーションはリフト&フォールで使うことをおすすめします。
リフト幅はできるだけ大きくしたほうが小型ヒラメのバイトを避けられるのでよいと思います。

最後に、大型ヒラメは口周りが硬いので、バイトがあったらしっかりとフッキングするように心がけましょう。

まとめ

大型ヒラメ狙いのコツについてまとめると、

  • 狙うポイントはサーフと磯、地形変化を丁寧に集中して狙う
  • 狙うタイミングは、大潮、マズメ時、ナイトゲーム
  • 使うルアーは大型の14cm以上のミノー、10cm程度のバイブレーション

大型ヒラメ狙いは、やはり釣れたときの喜びがとても大きいものです。
今回の記事を参考に、ぜひ座布団サイズの大型ヒラメを狙ってみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。