【ルアー初心者】春のヒラメ攻略法とは?

寒い冬が過ぎ春になると、だんだんヒラメの釣果を聞くようになります。
春のヒラメ狙いは攻略ポイントさえしっかり押さえておけば、複数枚キャッチすることも可能です。そこで今回は、春のヒラメ攻略法について解説します。

スポンサーリンク

【ルアー初心者】春のヒラメ攻略法とは?

%e6%98%a5%e3%81%ae%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1

春のヒラメの状況とは?

春はヒラメの産卵の季節。
産卵のために浅場へヒラメが集まるので、初心者にとっても狙いやすい季節になります。

産卵は地域や天候によって始まる頃合いが変わりますが、だいたい3月くらいから始まると考えてよいでしょう。
特に狙い目なのが、春の暖かな日差しが続いた時の大潮です。

それでは、春のヒラメで狙うべきポイント、釣り方について解説していきます。

春のヒラメ狙いのポイント

絶対に外せない、サーフ

春のサーフは、絶対に外せないポイントです。
三寒四温が続いて徐々に暖かくなる春は、「四温」のときを狙うのが釣果アップのコツです。
「三寒」の寒い日は海が荒れることが多いですが、暖かな日は風や波が比較的落ち着くので、狙いやすいメリットもあります。
満潮前後に、離岸流やブレイクといった流れや地形の変化のある場所を集中して狙いましょう。

防波堤

防波堤は天候の影響を受け難い特徴があります。
サーフに比べてシーズンが始まるのは遅いですが、ベイトフィッシュが一度入るとしばらく居着く傾向があり、それを追ってヒラメも回遊します。
そのため、一度ヒラメを釣ることができたら、しばらく通い続けて狙えると判断してよいでしょう。

釣り方の基本は、広範囲を探ること。
ルアーを一度通した場所でも諦めずに、流れが変わったら再投入して同じラインを狙いましょう。
流れによってルアーの見え方、ヒラメの活性も変わるので、変化に気づけるように、よく観察しましょう。

春のベイトフィッシュ

春にヒラメのベイトフィッシュとなるのは、

  • イワシ
  • アジ
  • サッパ

特徴としては、サイズが小さいこと群れがあまり大きくないこと底近くを泳ぐことがあげられます。
これらのベイトフィッシュに合わせて、ルアーを選ぶのが春のヒラメ狙いの1つのキーとなります。

春のヒラメ狙いのタックル

春のヒラメ狙いにおすすめのタックルセッティングを紹介します。

ロッド:9.6ft前後のミディアムクラス

リール:3000番のハイギア

ライン:PE1号程度

リーダー:フロロカーボン16ポンド

ロッドは飛距離と操作性のバランスが取れた9.6ft前後のミディアムクラス、リールはヒラメ狙いで定番の3000番のハイギアが扱いやすいのでおすすめです。

ラインとリーダーですが、ルアーの大きさの兼ね合いがあり、少し細めのものを選んでおくとよいでしょう。

春のヒラメ狙い、ルアー選び

サーフのおすすめ

春のサーフのおすすめルアーは下記の3つ。

  • 7cmクラスのバイブレーション
  • スピンテールジグ
  • 14cmクラスのミノー

先に挙げましたが、春はベイトフィッシュが小さい傾向があります。
まずはそれに合わせて、ルアーサイズを選びましょう。

7cmクラスのバイブレーションは、リフト&フォールをメインにして、あまりボトムから離さないように意識して使ってみてください。

スピンテールジグは、ブレードが回転する最低限のスピードでスローに巻いて使いましょう。

最後に挙げた14cmクラスのミノーを用意する理由は、産卵に備えてできるだけ大きなエサを捕食して、エネルギーを確保しておきたい個体狙いのため。
ルアーの大きなシルエットが、ヒットパターンにハマる場合もあります。
使い方はスローなただ巻きで、何度か同じコースを通してみるとよいでしょう。

防波堤

春の防波堤では、

  • メタルバイブレーション
  • 4in程度のソフトルアー
  • メタルジグ

この3種類のルアーは全てリフト&フォールで使ってみてください。

使い方は同じでも、

メタルバイブレーション・・・強い波動&フックやスプリットリングの打撃音

ソフトルアー・・・ナチュラルな波動&完全サイレント

メタルジグ・・・水を切る&きらめき

といったアクション、アピールの違いがあります。
この違いを理解してローテーションすることが釣果を伸ばすコツです。

まとめ

・春はヒラメにとって産卵の季節、暖かな日と大潮がスタートの目安

・サーフは、「四温」で満潮前後のタイミングを狙う

・防波堤は、ベイトフィッシュが入れば数週間同じ状況が続きやすい

・春はベイトフィッシュが小さいことに合わせてルアーを選ぶと同時に、大きめのルアーも用意しておく

・リフト&フォール、スローを意識してアクションさせていく

今回の記事を参考にして、春のヒラメをしっかり釣り上げて、よいシーズンの始まりを切れるようにしてみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。