【3月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

3月になると、春を感じられる日もだんだんと多くなってきます。
魚たちも、その春の兆しを感じて行動し始めます。
今回は3月に初心者でも手軽に狙える魚と釣り方を紹介していきます。
文末には、3月の釣りの注意点を紹介していますので、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

【3月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

<シーバス>

3月に入ると、産卵を終えたシーバスがベイトを追い求めるようになります
まだ産卵を終えたばかりでほっそりとしており、体力が無いのでベイトを食べて回復に努めるようになります。
小春日和と言われる麗らかな日が大抵の場合、シーズンインの目安です。
この時期に狙うポイントは、産卵場から浅場へのルートになるような潮通しのよい場所です。
例えば、運河や磯場がそのポイントに当たります。
こういったポイントにはコノシロボラといったベイトも入ってきて来ることが多くなり、それをシーバスは捕食します。
釣れるタイミングは、時間は昼夜問いませんが、天候が安定して海が荒れていない時の方がよいでしょう。
タックルはパワーのある遠投できるものを選び、使うルアーは大きめのミノーがおすすめです。
潮の流れに乗せて、ゆっくりとリトリーブしてくるのが基本で、途中ジャークを入れたり速く巻いたりするといった変化を加えてみてください。

<ヒラメ>

3月はヒラメの産卵シーズンが始まる季節です。
産卵に合わせて浅場へと移動してきており、ベイトを捕食して産卵に備えようとします。
タックルは9.6ft前後のものを使い、色々なルアーを使い分けていきましょう。
ルアーは、ミノー、バイブレーション、ワームを用意してください。
ミノーはサーチベイトとして速巻きを意識して広い範囲を探っていくようにしましょう
バイブレーションは、ボトムまで沈めてからあまり浮かせることの無いよう注意して、ボトム付近を探っていくようにしましょう
ワームは他のルアーで一通り探ったあとに使ってみると効率的です。
リフト&フォールをメインにしていくとよいと思います。

<メバル>

メバルは梅雨前に産卵を行いますが、3月ごろからそれに向けて捕食を活発に行うようになります
この時期のベイトはシラスや小型のイカ、ゴカイ類になります。
メバルはとても目がよいので、その時の状況に合わせてルアーローテーションすることが重要です。
●<ナイトゲーム>
ルアーはナイトゲームではワームを基本にして、ミノーを用意してください。
デイゲーム用としてはアイスジグやメタルジグを用意しましょう。
ナイトゲームでは2in程度のワームをジグヘッドにセットして、ゆっくりと漂わせるようにリトリーブしてください。
●<表層でライズ>
メバルの活性が高く、表層でライズするようなときはミノーを使いましょう。
ミノーはトリプルフックが付いているので、活性の高いときのメバルの体当たりするようなバイトでもフッキングしやすくしてくれます。
●<デイゲーム>
デイゲームでは、物陰に潜んだメバルに対してアプローチしていきましょう。
メバルは、防波堤の壁沿いや岩場に潜んでいます。
そのような場所の近くを、アイスジグやメタルジグを使って丁寧に時間を掛けて探っていきましょう
素早くキレのある動きをさせることがデイゲームでメバルをヒットさせるコツです

<アオリイカ>

アオリイカも春に産卵を行います。
産卵は海藻が多く生えた浅場で行われます。
シーズンインの目安は、天候が安定して晴れが続き、水温が上がってきてから大潮のタイミングで始まることが多いようです。
エギは3.5号をメインに使い、フォールスピードの違うものを数種類用意しておきましょう。
アクションはフォールとステイに時間を掛けるようにしましょう
潮の動くタイミングにヒットは集中しますので、タイミングを逃すことがないように釣りをしていきましょう。

<3月のルアー釣りの注意点>

三寒四温に対応できる服装で

昔からよくいわれるように冬から春に向けて、三寒四温でだんたんと暖かくなっていきます。
3日寒く4日暖かいといったリズムで、春が近づいたといってもまだまだ寒くなることがあります。
ウィンドブレーカーなど暴風対策を忘れずに、フリースなどをレイヤリングに取り入れ

ましょう。
天気予報は必ずチェック

3月はまだ天候が安定しないので、釣行前の天気予報は必ずチェックしましょう。
週間予報で気温が急に下がるようなときは、魚にとっても活性が下がる要因となりますので、できるだけ暖かい日が続いているときに釣行したほうがよい結果に繋がります。
また、寒気が入ってくると、急に悪天候になることがあります。
そのようなときは安全第一で、無理をせず釣行を終える判断をすることも必要です。

<まとめ>

3月のルアー釣りについてまとめると、
●シーバス・・・産卵後で体力回復に努める時期、ゆっくりとアクションさせることが重要
●ヒラメ・・・産卵に備えてベイトを捕食、ミノー・バイブレーション・ワームを使い分けていく
●メバル・・・産卵に向けて捕食し始める時期、ルアーローテーションをしっかりと行う
●アオリイカ・・・産卵で浅場に入ってくる時期、エギは3.5号でフォールスピードの違うものを使い分ける
●三寒四温に対応できる服装で釣行する
●天気予報は必ずチェックする
3月は多くの魚がシーズンインとなり、初心者でも狙いやすくなります。
今回の記事を参考に、シーズンインした魚たちを釣ってみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。