【4月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

4月は桜も咲き誇り、春めく暖かい日が続くと、魚たちもそれに合わせて活発に行動するようになります。
今回は4月に初心者でも手軽に狙えるルアー釣りを紹介。
文末には、4月のルアー釣りの注意点を紹介していますので、最後まで読んでくださいね。
スポンサーリンク

【4月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

 

<シーバス>

春になると、バチ抜けが起こるようになります。
バチ抜けとはゴカイの産卵行動のことで、砂から抜け出して水中を漂うゴカイの様子です。
バチ抜けのゴカイは、冬に産卵を行ってから体力が完全に回復していないシーバスにとって、簡単に捕食できるエサとなり、好んで捕食するようになります。
春の大潮前後で天候が安定しているようなときが狙い目です。
狙うポイントは、干潟などゴカイが生息しているような場所の近くで、遊泳力の低いゴカイが流れによって集まるような場所です。
時間帯は、バチ抜けが起きる夕方から夜にかけてがおすすめです。
例として、河口付近や干潟にできる潮目がそのような場所になります。
タックルは、ルアーを繊細に扱うことができるライトなものを選びましょう。
ルアーは、ゴカイの動きに近いアクションをしてくれるシンキングペンシルを使っていきましょう。
ゆっくりとただ巻きでリトリーブして誘っていくのが基本となります。
ゴカイを捕食しているシーバスは、吸い込む力が弱いので、バイトがあったら魚の重みを感じつつ、徐々に力を込めるようなフッキングを心がけましょう。

<ヒラメ>

4月はヒラメの産卵シーズン真っ最中となります。
大型のヒラメが岸近くに寄ってくるので、自己記録を狙うにも持って来いの季節です。
浅場に移動してきたヒラメは、産卵に合わせて捕食を活発に行います。
タックルは9.6ftクラスのもので、いろんなルアーを使って釣りができるようにしておきましょう。
ルアーは、ミノーとワームがおすすめです。
ミノーでは速く広範囲を探り、ワームでは遅い釣りを意識して、メリハリをつけて誘っていきましょう。
どちらのルアーも、産卵に備えて体が重たくなっているヒラメに合わせて、ボトムから1m以内を狙っていくようにしましょう。

<メバル>

4月は、産卵前のメバルが活発に捕食する時期になります。
この時期のベイトは小型のイワシがメインとなります。
それに合わせて、昼の釣果が出やすくなるのも春メバルの特徴です。
まだ小さな群れで散っていることが多いので、広範囲を探っていくようにしましょう。
タックルは少し硬めの7.6ftクラスがよいでしょう。
ハードルアーでのおすすめは、アイスジグメタルジグです。
主に足元の障害物を狙っていきましょう。
ロッドでアクションさせることも重要ですが、メバルは落ちてくるものに対してのバイトも多いので、フォールでのバイトを取れるように心がけましょう。
ワームではキャロを使っていくとよいでしょう。
キャロの釣りは、沖にある潮目や海藻などを狙ってみてください。
使い方はリアクションでメバルを誘っていくようにしてみましょう。
重めのシンカーを使ってリーダーを短めにし、速めのリトリーブやロッドアクションで誘うようにしていきましょう。

<アオリイカ>

4月はアオリイカの産卵が本格的に始まる時期です。
また、1年の中で一番大型のアオリイカが狙える時期となります。
海藻が多く生える浅場で、オスとメスのペアになる姿が見られることもあります。
これをペアリングといいますが、この状態になるとほとんどエギには見向きしないようになりますので、産卵に入る前のアオリイカが居るような、浅場近くのポイントを狙っていきましょう。
タックルは大型になるアオリイカに合わせることと遠投することを考えて、強めのミディアムからミディアムヘビーの長めのロッドを使うとよいでしょう。
エギは3.5号をメインとして、通常のフォールスピードのものと、ゆっくりフォールするスローフォールタイプのものを用意しておきましょう。
アクションは、あまりエギを大きく移動させないことを意識して行っていくとよいでしょう。
ボトムでエギをステイさせることも春のアオリイカには有効なので覚えておきましょう。

<4月のルアー釣りの注意点>

●天候の急変に注意
春は暖かくなり、過ごしやすい日が多くなりますが、急に低気圧して天候が悪化することがあるので注意が必要です。
特に春の低気圧には、強風が付き物となります。
強風が吹きだしたときは、釣りを中断することも必要です。
釣行前には天気予報のチェックを欠かさずに、釣りの最中も情報に気を配るようにしておきましょうう。

<まとめ>

4月のルアー釣りについてまとめると、
●シーバス・・・バチ抜けがキーワード、ナイトゲームがメインとなり繊細なタックルで狙っていくのがおすすめ
●ヒラメ・・・産卵シーズン真っ最中、ボトムから1m以内を狙っていくのがポイント
●メバル・・・産卵に向けて活発に捕食する時期、デイゲームでリアクションバイトを狙っていく
●アオリイカ・・・産卵が本格的に始まり大型が狙える時期、エギをあまり移動させないようにアクションさせていく
4月は天候も安定してくるので、釣行計画も立てやすくなります。
今回の記事を参考に、春のルアー釣りを楽しんでくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。