【6月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

6月は徐々に梅雨入りする地域が増え、次第に雨模様が多くなってくる時期です。
釣りに関してはその雨の影響で水質が変わったり、濁りが入ったりすることを気にしつつ釣りをしていく必要が出てきます。
しかし、その影響で起こる濁りは、ルアーで魚を釣りやすくしてくれたりもします。
今回は6月に初心者でも手軽に狙えるルアー釣りを紹介していきます。
文末には、6月のルアー釣りの注意点を紹介していますので、最後まで読んでくださいね。
スポンサーリンク

【6月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

 

<シーバス>

6月のシーバスは産卵からも回復し、色々な場所に散っていきます。
好むベイトは小型のボライワシが多くなります。初心者がシーバスを狙うのにおすすめの場所は河川域です。河川域は6月に入ると多い雨の影響がよい状況へと好転しやすいのが特徴です。
使うルアーはミノーバイブレーションがおすすめで、サイズはボラやイワシのサイズに合わせて、7~9cm程度のものを使いましょう。
カラーは濁ることが多い河川域ならではのチャートレッドヘッドがおすすめとなります。
タックルはシーバス釣りでよく使われる9.6ftクラスのものが使いやすいです。
狙う時間帯は、日中がよいと思います。
河川では流れを利用してシーバスは捕食を行いますので、大潮や中潮といった潮が大きく動くタイミングを狙うのがおすすめです。

<アオリイカ>

6月になるとアオリイカは産卵の終盤となりますが、1kg未満の小型が多くなってきて初心者でも釣りやすくなってきます。
狙う場所は浅く海藻が生えているようなポイントを狙いましょう。
アオリイカは水質の変化に敏感なので雨が数日続いているようなときなどは、水潮の影響により釣果を出すことが難しいです。できれば晴れの日を狙って釣行することをおすすめします。
使うエギは3.5号をメインとして用意してください。
オレンジレッドピンクといったカラーを用意してローテーションすることが釣果を伸ばすコツです。反応が無ければ随時カラーチェンジをしてみるようにしましょう。
アクションは、ラインの弛みを多く取るスラックジャークという方法がおすすめです。
エギをあまり移動させないことを意識してアクションさせるようにしたほうがよいでしょう。

<マゴチ>

6月はマゴチが数、型ともに狙える時期となります。
ベイトも季節の進行と共に多くなってきますので、初心者にとってマゴチが一番狙いやすい時期となります。ポイントはマゴチが好む底質が砂や砂利質の選ぶようにしましょう。
この時期のマゴチは、イワシやアジといった小魚エビやカニといった甲殻類まで幅広く捕食するようになりので、それに合わせてルアーを用意するようにしましょう。
おすすめはソフトルアーで、小魚を模したシャッドテールワーム甲殻類を模したクローワームを使っていくとよいでしょう。
どちらもジグヘッドリグとの相性がよく、10g~21gくらいまでのウエイトを使い分けていくとよいでしょう。
アクションは、ボトム付近をリフト&フォールで誘っていきましょう。
マゴチはソフトルアーにバイトしたらなかなか離すことはないので、しっかりとラインスラックを取ってからフッキングすることをおすすめします。

<ロックフィッシュ>

6月はアコウやソイといったロックフィッシュが岸近くに寄ってきます。
目の前を通るルアーに好反応を示してくるので、初心者でも比較的狙いやすくなります。
狙う場所は潮通しがよく、海藻や岩が多くてロックフィッシュが身を潜めてエサを捕食できるような場所です。
タックルは8ftくらいのやや硬めのロッドが扱いやすいと思います。
使うルアーはクローワームがおすすめです。使うリグは根がかりしやすいところを狙っていくので、テキサスリグがよいでしょう。
アクションはリフト&フォール、もしくは流れに乗せてのドリフトがおすすめです。
リフト&フォールは地形に沿って丁寧にアクションさせていきましょう。
流れが強い場所では、リグを流れに乗せて中層を漂わせたり、ボトムを転がすようにしていくとよいでしょう。

<6月の釣りの注意点>

●雨の対策準備をしっかりと
6月になると梅雨の走りともなり雨が降ることも多くなってきます。レインウェアを常備しておくとよいと思います。
ときに雷を伴うこともありますので、カーボン製ロッドを使うことが多いルアー釣りは気を付けるようにしましょう。
もしすぐに雷を避けられないような場合は、ロッドを立てずに地面と平行になるように持ってから移動してください。2ピースのロッドの場合は折りたたんでから移動しましょう。

<まとめ>

●シーバス・・・狙う場所は河川がおすすめ、7~9cm程度のミノーやバイブレーションを使うのがおすすめ
●アオリイカ・・・産卵終盤で小型が多くなる、カラーローテーションが釣果を伸ばすコツ
●マゴチ・・・数、型ともに狙える時期、ソフトルアーをセットしたジグヘッドリグを使って狙うのがおすすめ
●ロックフィッシュ・・・アコウやソイが岸近くに寄ってきて狙いやすくなる、クローワームを使ったテキサスリグがおすすめ
6月は雨の対策をしっかりと行ってから釣りに臨みましょう。
今回の記事を参考に、6月のルアー釣りを楽しんでくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。