【ルアー初心者必見!】2017年 ショアジギングで揃えたいメタルジグ ランキングBEST10

ショアジギングで必須のメタルジグ。
重さや形状に違いがあり、それぞれを使い分けていくことが重要となります。
しかし、初心者にとってはどういったメタルジグを選んでよいか分からないのではないでしょうか。
そこで今回は、ショアジギングで揃えたいメタルジグをランキングで紹介します。
スポンサーリンク

2017年 ショアジギングで揃えたいメタルジグ ベスト10

 

第1位:シマノ コルトスナイパー

○幅広いシチュエーションに対応する『釣れるメタルジグ』
ショアジギングに求められる遠投性能、そしてアクションのバランスの良さが魅力のメタルジグです
ただ巻きでもアクションしてくれるので、ロッドワークが苦手な初心者であっても使いやすいです。
重さは21~120gがあり、状況やタックルによる使い分けが可能となっています。
青物からシーバス、フラットフィッシュやロックフィッシュと魚種を選ばず使うことができるおすすめのメタルジグです。

第2位:エバーグリーン ジャベリンジェット

○ショアジギングでの使用を第一に考えられたメタルジグ
キャストしてからのラインの抵抗があることを考慮して、ウエイトバランスが設定されています。
非常に軽いロッドワークで鋭く水を切るようなアクションをしてくれます。
アクションの途中には、一瞬のポーズを入れることをおすすめします。
重さのラインナップが多いですが、ショアジギングでは30~90gがおすすめの重さです。

第3位:オーナーばり 撃投ジグ

○強度とアクションを両立させたメタルジグ
高耐久性の素材をボディーに使った「タフボーン」設計で、細身でありつつ強度を確保しています。
細身のボディーは引き抵抗が軽く、継続した釣りを行いやすくしてくれています。
塗装の強度がかなり高いので、磯場などでぶつけてしまうことが多いショアジギングでも安心して使うことができます。

第4位:オーシャンルーラー ガンガンジグⅡ-W

○高バランスのダブルアシスト仕様のメタルジグ
重心バランスが上手くできていて、特にフォールでのアピールが高評価されています。
長さの違う段差型ダブルフックの採用で、フッキング率を高めることができています。
特にフラットフィッシュやロックフィッシュ攻略で使うことをおすすめします。

第5位:メジャークラフト ジグパラ

○前後のフックが標準装備の使いやすいメタルジグ
ショアジギングでは狙う魚によってフックをリアにするかテールにするかを選ぶ必要がありますが、このメタルジグは前後にフックが標準増備されているのでその使い分けが簡単にできます。
ボディーバランスが上手く取れているため、ロッドワークでのアクションもフォールも難なくこなすことができるメタルジグです。
重さは20~60gとショアジギングで使いやすいラインナップとなっています。

第6位:エバーグリーン カプリスキッド

○フラット形状でフォールが魅力的なメタルジグ
ロッドワークでは短い距離でキレのあるアクションをしてくれるので、魚の活性が低いような場合でもバイトを引き出すことができます。
また、安定したフォールで食わせの間を作れるメタルジグです。
特にフラットフィッシュ攻略で使ってもらいたいメタルジグになります。

第7位:グローブライド MMジグⅡ

○左右非対称ボディーの万能メタルジグ
非常に軽いロッドワークでも機敏にアクションしてくれます。
不思議と、このメタルジグでしか反応しない状況を何度か経験しています。
マグマホロを採用し、広範囲にしっかりとアピールをしてくれます。
サイズは10gから200gまでと非常に幅広く用意されています。

第8位:ヤマリア ムーチョルチアAH

○アシストフックとトリプルフック搭載のメタルジグ
腹部に面がある独自形状が、水中でよい姿勢を保つのに一役買っています。ホログラムに特徴があり、フラッシングでのアピールが抜群です。
また、高い塗装強度のおかげで長期間の使用が可能です。
ラインナップにある18gは、ベイトが小さいときに使うことをおすすめします。

第9位:ダミキジャパン 闘魂ジグ[キャスティング]

○バランスがよいフラットタイプのメタルジグ
一番最初に前後のフックを搭載したのはこのメタルジグだったと記憶しています。
非常にバランスがよく、アクション中にフックがラインに絡むことが少ないです。
ジャークでもフォールでもよいアクションで魚にアピールしてくれます。

第10位:グローブライド TGベイト

○タングステン製の数少ないメタルジグ
比重の高いタングステンを使用しており、ボディーサイズの割に重さがあります。
アクションを出すための左右非対称ボディーを採用しています。
小さなベイトを捕食している時に、威力を発揮します
特に小さいベイトを偏食しているときのブリに効果的です。

<まとめ>

できるだけ多くの形状や重さのメタルジグを揃えておくと、状況による使い分けの選択の幅が広がります。
また、ぶつけたりしてフックポイントが鈍ることもあるため、アシストフックトリプルフックの替えを準備しておいたほうがよいでしょう。
今回紹介したメタルジグを揃えて、ショアジギングを楽しんでくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。