初心者におすすめのショアジギングタックル

いざショアジギングを始めたいと思ったときに、まず初心者が悩むのがタックル選びではないでしょうか?
誰もが失敗しないタックル選びがしたいと思うはずです。
さらには、他のルアー釣りで使っているタックルが併用できればと考えるのではないでしょうか?
今回はそんなあなたに向けて、初心者におすすめのショアジギングのタックルについて解説します。
スポンサーリンク

初心者におすすめのショアジギングタックル

グラフィックス4

<ショアジギングのタックルで考えること>

ショアジギングのタックルを揃えるうえで、まず初心者が知っておきたいことは下記の3つです。
・遠投できること
・しっかりとアクションさせられること
・ファイトがしっかりできること
ショアジギングでは遠投できればできるほど、より多くの魚にメタルジグでアピールすることができます。
また、小魚を追ってできるナブラを狙うときは、その移動の速さに合わせていかないといけません。
遠投するためにはロッドの長さとラインの細さが必要となります。
次にメタルジグを遠投できたら、遠くでもしっかりアクションさせることができるようにしなければなりません。
遠くにメタルジグがある場合は、ラインが受ける水や風の抵抗で意外とメタルジグは動きません
メタルジグの重さにもよりますが、柔らかなロッドを使っているとよりその傾向が出ます。
ですので、しっかりアクションさせるためにロッドには硬さが求められ、ラインには伸びが少ないことが求められます。
最後に魚がヒットした時のことを考えて、パワーがあるタックルを選ばなくてはなりません。
しかしオーバーパワーだと、釣り人側がキャストなどで疲れてしまうので、バランスを考えて選ぶ必要があります。
ロッドとリールのパワーバランスを考えてタックルを選ぶようにするとよいでしょう。
それでは下記にその具体的なタックル選びについて解説します。

<28g~40g以下のメタルジグを使う場合>

タックルを選ぶときの目安として、メタルジグは40gを境にしてタックル大きく変えるとよいでしょう。
28g~40g以下のメタルジグを使ったショアジギングでは、あまりにもオーバーパワーのものは使う必要はありません。
対象魚としては、シーバスヒラメサワラロックフィッシュ小型の青物といった魚です。
下記にそのタックルの目安を挙げておきます。
・ロッド・・・9.6ft程度でミディアムパワー以上のもの
・リール・・・3000番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEラインの1号以上
・リーダー・・・フロロカーボン20~30ポンド程度
ショアジギングロッドの中でも比較的ライトなパワーのもの、もしくはシーバスやヒラメロッドミディアムパワークラスのものでもよいと思います。
リールはパワーとロッドとのバランスを考えて、3000番以上のものがよいです。
ラインは細くしなやかで遠投性能があり、強度もあるPEラインを、リーダーは根ズレや歯の鋭い魚の対策を考えて、フロロカーボンの20~30ポンドをつかってみましょう。
あまりにも太いリーダーを使うとメタルジグのアクションが損なわれてしまうので、気を付けましょう。
ちなみにですが、28g程度のメタルジグのみを使う場合であれば通常のシーバスタックルやヒラメタックルでも流用はできます。
その場合はロッドのパワーを考えて、あくまでも無理なキャストやファイトを行わないように気を付けて使いましょう。

<40g以上のメタルジグを使う場合>

40g以上のメタルジグを使う場合には、専用のタックルを用意したほうがよいでしょう。
ショアジギングでは時に、80gくらいのメタルジグを使うこともあります。
対象魚としてはブリやヒラマサといった青物マダイ大型のロックフィッシュなどがターゲットとなります。
どの魚も強烈なファイトをしてくるので、それに合わせたパワーのあるタックルが必要になります。
下記にそのタックルの目安を挙げておきますので、参考にしてください。
・ロッド・・・9.6~10.6ft程度のミディアムヘビー以上のもの
・リール・・・3500番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEライン1.5~2.5号程度
・リーダー・・・フロロカーボン40ポンド以上
40g以上のメタルジグを使うようになると、キャストでもファイトでもパワーが必要になってきます。
ですので、ミディアムヘビー以上のパワーがあるロッドを選んだ方がよいでしょう。
リールはロッドとのバランスを考え3500番以上のもの、できればパワーハンドルが付いているリールだとアクション、ファイトともにやりやすいのでおすすめです。
ラインはPEラインの1.5~2.5号程度のものをメタルジグの重さに合わせて選びましょう。
また、ラインは少なくとも150m、できれば200m巻いておくほうがファイトやトラブルのことを考えるとおすすめです。
リーダーはフロロカーボンの40ポンド以上を使ってキャストやファイトの衝撃に耐えられるようにしておきましょう。

<まとめ>

・ショアジギングのタックルに求められるのは、遠投できること、しっかりアクションさせられること、ファイトがしっかりできること
・40gを境としてタックルを大きく変えること
・28g程度のメタルジグであれば通常のシーバスやヒラメのタックルでも十分流用できる
ぜひ今回の記事を参考にして、自分に合ったショアジギングのタックルを選んでもらえればと思います。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。