【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラメを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

言わずと知れた高級魚であるヒラメ。
ソルトルアーをやっていても、釣った経験がないという人は多いと思います。
このヒラメですが、ショアジギングで狙ってみると意外と釣果を得られることがあります。
今回はそんなヒラメをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、釣り方、必需品について解説します!
スポンサーリンク

ショアジギングでヒラメを狙う、ポイント&タックル、時期や釣り方を解説

<ヒラメ狙いのポイント>

ヒラメが好むポイントはズバリ、ベイトフィッシュが多くいる場所です。
どんなに地形的な条件がよくても、ベイトフィッシュが居ない場所では釣果を期待できません。
ベイトフィッシュの種類はイワシ、アジ、キビナゴのいずれかがいればベストです。
下記におすすめのポイント例を紹介します。

・サーフ
ヒラメ狙いで誰もが思い浮かぶポイントです。
風が岸に向かって数日吹き続いているような状況であれば、ベイトフィッシュが風波で打ち寄せられていることが多く、ヒラメ狙いのよいタイミングになります。

・防波堤
海底質は砂もしくは砂利がよく、泥が混じっているような場所はあまり好まないようです。
地形的な変化では、水深の変化がある船道や岩が点在するような場所が狙い目です。
あわせて、ベイトフィッシュが多い場所を選びましょう。

・河川
栄養素が多く、ベイトフィッシュが多く集まりやすい場所です。
特に大雨が降り、濁りが収まってきたタイミングで釣りをしてほしいポイントとなります。

<ヒラメ狙いのタックル>

ヒラメをショアジギングで狙うときは、40gまでのメタルジグが使えるタックルがあればよいでしょう。
通常のヒラメタックルや、シーバスタックルでも十分に併用可能です。
下記にそのタックルの目安を紹介しますので、参考にしてください。

・ロッド
長さは9~9.6ft、パワーはミディアムクラスがおすすめです。
あまりにも長いロッドだとルアーをアクションがさせにくくなります。ガイドはラインに優しいSicリングが搭載されているものを選びましょう。

・リール
リールはハイギアのスピニングリールがおすすめです。
ハイギアのリールを使う理由は、アクションの際に出る糸ふけを素早く巻き取ることができ、操作時のリズムが取りやすいからです。大きさは3000番程度がロッドとのバランスが良く、使いやすいと思います。

・ライン
ヒラメのショアジギングではPEラインを選びましょう。
太さは1号程度で、150m以上巻いてください。
8本編のPEラインのほうが滑りがよく、糸鳴りが少ないのでおすすめです。

・リーダー
ヒラメは歯が鋭いので、フロロカーボンリーダーを使いましょう。
ポンド数は、メタルジグのアクションを妨げにくく強度もある20ポンド前後がおすすめです。

・メタルジグ
重さは30~40gで、形状はフラットタイプがおすすめです。
ヒラメはフォール時にバイトしてくることが多い為、フォールスピードを抑えられるフラットタイプがより効果的です。
フックはダブルのアシストフックを使うと、アクション時の糸絡みが少なく、フッキング率も高めることができます。
カラーはイワシやゴールド、シルバーといった反射色を選ぶとよいでしょう。

<ヒラメの釣り方>

ヒラメ狙いでおすすめの時期は梅雨時です。
この時期になるとヒラメは浅場に寄ってきやすく、ベイトフィッシュが絡むことが多いのでおすすめになります。

釣り方は、メタルジグを遠投し、ボトムまで沈めます。
着底させたら、ワンピッチジャークを基本とし、1アクションごとにしっかりフォールさせていくようにしましょう。
コツは、ジャークの際にメタルジグを加速させるように力を加え、フォールのときの着底は一瞬、もしくは着底直前で次のアクションに入るといったリズムを保つことです。
自分が使っているメタルジグをアクションさせたときに、どのくらいの移動距離なのか、どのくらいのフォールスピードなのかを把握しておくと釣果につながりやすいと思います。

ヒラメのバイトがあったら、即フッキングするようしてください。
ヒラメは口の周りが柔らかいので、ヒットしたらラインを緩めないようにし、焦らずファイトするようにしましょう。

<ヒラメ狙いでは必ずランディングネットを>

ヒラメがヒットして一番バレやすいのは、水面に上がってきたタイミングです。
水面にヒラメの頭を出すと、頭を振りルアーを外そうとします。取り込みのときにはランディングネットを使うようにしましょう。
水面にヒラメの頭を出させないようにロッド操作し、そっと頭からランディングネットに誘導していくのが上手く取り込むコツです。

<まとめ>

ショアジギングでのヒラメ狙いについてまとめると、
・ベイトフィッシュが多いサーフや防波堤、河川がポイント
・メタルジグは30~40gを使う、タックルは通常のヒラメタックルやシーバスタックルで十分併用できる
・ランディングネットを用意しておくのがキャッチ率を上げるコツ
以上となります。

メタルジグを使ってヒラメを狙ってみると、意外と釣果が出るものです。
今回の記事を参考に、ぜひショアジギングでヒラメを釣り上げてみてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。