【ルアー初心者必見!】2017年、タチウオ釣りに揃えておきたいルアーベスト10

徐々に釣り方が確立されてきているルアーで狙うタチウオは、
ショアからもオフショアからも狙うことができるゲーム性の高い魚です。
タチウオを狙うときのルアーって何を選べばいいの?と思う人も多いと思います。
そこで今回は2017年、タチウオ釣りに揃えておきたいルアーベスト10を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

2017年、タチウオ釣りに揃えておきたいルアーベスト10

ランキング1位【デュエル ブランカ】

何でも狙えるロングセラーのメタルジグ
ただ巻き、フォール、ジャークアクション、どれをとってもバランスのよい動きをしてくれる万能メタルジグです。
クラッシュホロといわれるホログラム塗装がタチウオに強烈にアピールします。
フックはフッキング向上とタチウオの歯でラインブレイクしないように、テール側のみに付けることをおすすめします。

ランキング2位【メジャークラフト ジグパラ ワインド スタートキット】

パッケージから出してすぐ使えるワインド釣法セット
タチウオ狙いのテクニックでよく使われるワインド釣法ですが、これさえあればすぐにチャレンジすることができます。
ワインドは専用ヘッドに上手くセットしないと綺麗に動かないのですが、これは最初からセットしてあるので初心者の方でも安心です。
バイトマーカーとしてワームの腹部に発光体をセットするのもおすすめの方法です。

ランキング3位【ダイワ SWバイブジグR】

しっかりとした引き抵抗で使いやすいメタルバイブレーション
3つのラインアイがあり、前方のアイに付ければ大人しいアクション、後方に付ければ激しいアクションでタチウオを誘います。
難しい操作は要らずただ巻きで十分アピールしてくれるので、初心者の方にもおすすめのルアーです。タチウオのバイトは一瞬なので、集中してリトリーブするようにしましょう。

ランキング4位【マリア マールアミーゴII 80】

ソリッドボディーの壊れにくいバイブレーション
リトリーブするだけでもしっかりとタチウオを誘ってくれるバイブレーションです。
タチウオ狙いの釣行では薄暗い中でのキャストや回収を繰り返す為、ルアーを岸壁やテトラにぶつけて破損してしまうなんてことも。このバイブレーションはボディに空洞が無い高強度な構造のルアーです。カラーはタチウオにアピールしやすいグロー系がおすすめです。

ランキング5位【メジャークラフト ジグパラ ショート JPS】

使いやすいスタンダード形状のメタルジグ
重心がボディー中心に設けられているセンターバランスで、ジャーク、フォールともに使いやすいメタルジグです。
フックが前後に付いていますが、テール側だけフックを装着したほうがファイト時のラインブレイクの確率が少なくなります。
タチウオに有効なゼブラ系カラーがラインナップされているのも魅力的です。

ランキング6位【エバーグリーン アイアンマービー】

フォールさせてもフック絡みが少ないメタルバイブレーション
より水平に近い姿勢と、しっかりとしたアクションでタチウオを誘うメタルバイブレーションです。フォール姿勢もよく落ちてくるものにタチウオの反応がよいときは、2つのトリプルフックが重宝します。
ショアからでもオフショアからでも使えるおすすめのメタルバイブレーションです。

ランキング7位【オンスタックルデザイン マナティー 90】

ワインド釣法の元祖的ワーム
今でこそスタンダードとなっているワインド釣法の先駆けとなったワームです。
タチウオにはもちろんのこと、シーバスや青物までターゲットとなります。
ポイントは専用のジグヘッドに真っ直ぐセットして使うことです。
激しいロッドアクションでタチウオにアピールしてください。

ランキング8位【エバーグリーン カプリスキッド】

安定したフォールと移動距離の少ないアクションが特徴のメタルジグ
フラット形状で特にフォール姿勢が安定しています。フォールにタチウオが反応しやすい状況で使ってもらいたいメタルジグです。
ラインアイが大きい為、ジャークではトリッキーなアクションを起こしタチウオにしっかりとアピールします。
ジャークとフォールを織り交ぜ、タチウオが反応するアクションを意識して使ってください。

ランキング9位【ジャッカル 陸式アンチョビミサイル】

プラグとワーム、良いとこ取りのスーパープラグ
プラグのフッキング率の高さと、ワインドの機敏なアクションを再現したタチウオ専用のプラグです。大きめの120mmボディーでタチウオにしっかりとアピールします。
ウエイトは軽い21gからラインナップされていますので、比較的ライトなタックルでも使用することができます。

ランキング10位【ダイワ DR スティック】

ちぎれにくい素材のスティックベイト
鋭いタチウオの歯でも簡単には切れない耐久性の高い素材を使っているスティックベイトです。ワインドで使用すると、複雑な動きでタチウオを誘います。
背中にはフックセッティングラインがあり、真っ直ぐセットすることが重要なワインド釣法ならではの気配りです。

まとめ

釣り方が確立されてきたとはいえ、まだルアーでタチウオを釣ったことがないという人も多いと思います。
そんな人もそうでない人も、ぜひ今回紹介したルアーを参考にしてタチウオをルアーで狙ってみてくださいね!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。