【バス釣り初心者】バス釣りで使うリールの選び方のチェックポイントとは?

誰でも手軽に楽しめるのがバス釣りではないでしょうか?
バス釣りではルアーを使ってブラックバスを釣ることがほとんどです。
使用するタックルについて、とくに初心者の方はどんな製品を揃えたら、また選んだらいいか分からないことも多いと思います。
今回はバス釣りで使うリールの選び方のチェックポイントについて解説します。
スポンサーリンク

バス釣りで使うリールの選び方のチェックポイントとは?

<バス釣りで使われるリール>

バス釣りで使われるリールには2種類あります。
それはベイトリールスピニングリールです。
どちらのリールにもそれぞれの特徴があるので、使用する場所やルアーによって使い分けてることが必要になります。
下記にそれぞれのリールの特徴と選び方のポイントについて解説します。

<ベイトリールの特徴>

ベイトリールには次のような特徴があります。
・重たいルアー向き
・巻き取り力がある
・キャスト距離が微調整できる
・ブレーキ設定が必要
・初心者は特にバックラッシュに注意

AOTSURI リール 14+1BB 軽量 6.3:1 アルミスプール 右

ベイトリールは重たいルアーを使うのに適しています。
その理由は太いラインを使うことができ、巻き取り力があるからです。
太いラインをスピニングリールで使うとトラブルが多く釣りがしにくいので、太いラインを使う釣りはベイトリールが適しています。

また、ベイトリールはスプールを直接親指で押さえることにより、回転の速さを調整(サミング)するテクニックが必要です。
慣れてくるとストラクチャーにタイトにルアーを投げ込むことができるようになります。

ベイトリールにはスプールの回転速度を調整するブレーキ設定が必要となります。
ブレーキ設定はルアーの重さや空気抵抗、風向きなどによって変える必要があります。

適したブレーキ設定ができていないと、遠くに投げることができなかったり、過度にスプールが回転してラインが絡まってしまうバックラッシュというトラブルが起きてしまいます。

経験を積んで慣れてくると、状況に応じてブレーキ設定ができるようになるので、トラブルを恐れずに使い続けることが大事です。

<バス釣りのベイトリールの選び方>

バス釣りのベイトリールの選び方のチェックポイントは次の通りです。
・しっかりと握りこめること
・スプールの直径が大きすぎないこと
・ノーマルギアを選ぶこと

ベイトリールはロッドの上側にセットして使います。
このとき極端にボディーが大きいものだと、上手く握りこむことができず、キャストやフッキングに力を入れることができなくなってしまいます。
できるだけコンパクトなベイトリールを選ぶようにしましょう。

次にスプールの直径が大き過ぎないものを選ぶようにしましょう。
ベイトリールはスプールの直径の大きさで適するルアーウエイトが変わります。
スプールの直径が小さいと軽量のルアーを使うのに適しており、比較的バックラッシュがしにくくなります。逆に径が大きいと、重たいルアーを遠投するのに向いていますが、バックラッシュの起こる確率が高くなるリスクも伴います。
まずバス釣りのベイトリールを選ぶときにはスプールの直径が34mmの製品を選んでみてください。
この大きさはバス釣りで使われるルアーの重さに幅広く対応しており、黄金比と呼ばれています。

最後に、リールにはギア比というものがあります。
ギア比とはハンドル一回転でどれだけラインを巻き取れるかの比率となります。
巻き取り量が少なくパワーがあるものをローギア、巻き取りが多く多少パワーが落ちるものをハイギアと呼びます。
バス釣り初心者の方が最初に選ぶときには、ノーマルギアのベイトリールがおすすめです。
おおよそギア比6前後のものを選ぶと、巻き取りとパワーのバランスが取れていると言われています。

<スピニングリールの特徴>

スピニングリールには次のような特徴があります。
・軽いルアー向き
・細いラインを使うのに適している
・ドラグ設定がしやすい
・基本的にトラブルレス
ダイワ スピニングリール 15 レブロス 2500

スピニングリールは軽いルアーを使うのに適しています。
キャストする際にルアーの飛距離を落とす要因が少ないことがその理由です。
細いラインを使うときに気になるのが強度ですが、スピニングリールはベイトリールに比べてより細かなドラグ設定できるので、強い負荷が突然かかった際にも安心して使うことができます。

スピニングリールは、投げてから巻き取るまでの間にトラブルが起きません。
注意しなければいけないのは、巻き取る際にラインに必ずヨレが入ることです。ヨレが多く入ったまま使用し続けると、ライン同士が絡み合ってしまうトラブルが起こります。
同じラインを長く使っていると、このトラブルが起きやすくなりますので、ある程度の釣行回数でラインを巻き直す期間を定めるようにしてください。

<バス釣りのスピニングリールの選び方>

バス釣りのスピニングリールの選び方のチェックポイントは次の通りです。
・大きさは2500番
・自重が軽いもの
・ドラグがスムーズなもの

バス釣りで使うロッドは6~7ftくらいのものがほとんどです。
この長さのロッドとバランスが取りやすいスピニングリールが2500番という大きさです。
大きさの表示はスプールや外箱にありますので、それを目安に選ぶとようにしましょう。

スピニングリールにおいては、自重が軽いものがおすすめです。
自重が軽いと、少ない力でタックルを持つことができるので、より繊細にアクションさせたり、バスの小さなアタリを感じ取ることができます。

最後にスピニングリールは、ドラグがスムーズに効くものを選びましょう。
価格が安いものは、ドラグがスムーズに効かなかったり、細かな設定ができなかったりします。価格としては2万円前後のものを購入するとよいでしょう。
また、スペック表に記載してある最大ドラグ力が小さいものがよりドラグの微調整がしやすくなります
特に浅溝スプールの搭載されているスピニングリールはこの傾向がありますので、選ぶときの目安にしてみてください。

<まとめ>

バス釣りで使うリール選びのチェックポイントについてまとめると、
●ベイトリール
・重たいルアーを使うとき
・できるだけコンパクトなものを選ぶ
・スプールは34mmのものがおすすめ
・最初に選びたいのはノーマルギア

●スピニングリール
・軽いルアーを使うとき
・大きさは2500番
・自重が軽いものを選ぶ
・ドラグの微調整ができる最大ドラグ力が小さいものがおすすめ
以上となります。

バス釣りをする際、リールが釣りの快適さを左右したり、釣果を分けることがあったりします。
ぜひ今回の記事を参考にして、バス釣りで使うリールを選んでみてください。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。