バス釣りで使ってみたい2017年新製品リール紹介!

バス釣りをしている人なら誰もが気になるのが、その年に出る新製品のリールではないでしょうか?
新製品はそのどれもが最新の機能を搭載しながら、メーカーのコストパフォーマンス化には年々目を見張るものあったりと、新鮮な魅力でいっぱいです。
今回はバス釣りで使ってみたい2017年新製品のリールを紹介します。
スポンサーリンク

バス釣りで使ってみたい2017年新製品リール紹介!

<ベイトリール>

【ダイワ タトゥーラSV TW】

SVスプール・TWS搭載のバックラッシュで悩まないベイトリール

ダイワ リール タトゥーラ SV TW 8.1L
ベイトリールの一番の悩みといえばやっぱりバックラッシュ。
このタトゥーラSV TWは非常にバックラッシュしにくい構造で定評のあるSVスプールを搭載しています。
併せてコンパクトになったTWSというレベルワインド搭載によって、キャストのときにラインが出ていく抵抗となる部分を少なくしています。
これらの性能を活かしたスキッピングのしやすさが売りとなっていて、今まで攻めきれなかったポイントまでキャストすることが可能になっています。
ギア比は6.3、7.3、8.1のラインナップがあり、マグネットブレーキ設定も20段階ありますので、使い勝手に合わせた選択をすることができます。
また、光輝塗装によって高級感あふれる見た目になっているのもおすすめのポイントです。

【ダイワ フエゴCT】

基本性能を抑えたコストパフォーマンス抜群のベイトリール

ダイワ リール フエゴ CT 103SH
リールを購入するときの一つ目安となるのが、コストパフォーマンスの高さです。
このフエゴCTは2017年の新製品において、とくにコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。
ベイトリールの黄金比とされる34mmスプールを採用することで、使うルアーの重量や形状を選ばず快適なキャストができるようになっています。
また歪みの少ないスーパーメタルフレーム採用で、タフな使用にも耐えてくれる剛性さを兼ね備えています。
さらに上位機種と同じ、握りやすいIシェイプライトノブが搭載されている点も見逃せないポイントとなっています。

【シマノ スコーピオンDC】

DC(デジタルコントロールブレーキ)を搭載した、実売3万円以下で購入できるハイコストパフォーマンスベイトリール

SHIMANO(シマノ) リール 17 スコーピオン DC 100HG
バックラッシュをデジタルコントロールで軽減するDCブレーキシステム。
DCは数種類の設定がありますが、中でも使いやすさに定評があるI-DC5を搭載したのがこのスコーピオンDCです。
ラインの種類を内部ダイヤルによって設定したのち、外部ダイヤルでの調整が簡単にできます。
ブレーキ設定に悩むことの多い初心者の方には、オート設定機能もあります。
X-SHIPによる巻き心地のよさや、HAGANEボディーによる剛性の高さもおすすめのベイトリールです。

【シマノ スコーピオンBFS】

人気シリーズ、スコーピオンのベイトフィネス対応モデル

スコーピオン BFS
遠心力ブレーキDCブレーキシステムがメインだったシマノが、近年採用し始めたマグネットブレーキタイプスプールを搭載したベイトフィネス対応のリールです。
軽量ルアーのキャスト時に起こりやすいバックラッシュなどのトラブルを抑え、飛距離が伸びるので低弾道で静かなアプローチをすることができます。
またライトラインを使うベイトフィネスで気になるのがドラグです。
このスコーピオンBFSでは、ドラグが引き出されていくときに音が鳴るようエキサイティングドラグサウンドを採用してあり、ラインの出を耳でチェックしながらバスとファイトすることができます。

<スピニングリール>

【ダイワ スティーズ】

淡水専用とすることで性能を徹底追及したバス用最上位機種のスピニングリール

ダイワ リール スティーズ スピニングモデル タイプ-II Hi-SPEED

水や異物の浸入を防ぐことができますが、巻き取りには抵抗となってしまうデメリットのあった、マグシールドを削ぎ落としているところにダイワの本気を感じます。
肉薄化されたアルミスプール、軽量なZAION製ボディエアローターなどを採用、ダイワ2500番で最も軽量なスピニングリールとなっています。
バス用スピニングリールの扱いに慣れた上級者にぜひ使ってもらいたいスピニングリールです。

【シマノ コンプレックスCI4+】

クイックレスポンスシリーズ内でコストパフォーマンスに優れたリール

SHIMANO(シマノ) リール 17 コンプレックスCI4+ 2500HGS F6
回転慣性を低減することに成功したマグナムライトローターを採用した軽量スピニングリールです。このマグナムライトローターは、軽くなっているだけではなく剛性さもプラスされています。
気になる水の侵入に対しては、撥水処理によるコアプロテクト構造により抑制されています。
とくに巻き始めの軽さが心地よいおすすめのスピニングリールです。

【シマノ アルテグラ】

入門用としておすすめのスピニングリール

SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ C2000S
コアプロテクト大径ドラグノブといった上位機種に採用されている性能を搭載しながらも、価格は1万円台とコストパフォーマンスに優れています。
スプールを上下させるウォームシャフトを手元に近づけたことによって、軽量化だけではない感覚的な軽さを感じるGフリーボディの採用も、このリールをお薦めする大きな理由のひとつです。
今年バス釣りを始めようと思っている初心者にぜひ使ってもらいたいスピニングリールです。

<まとめ>

新製品のリールは使い勝手はもちろんのこと、持っているだけでも満足感に浸れるものではないでしょうか。
今回の記事を参考にぜひ2017年新製品のリールを使って、バス釣りを楽しんでもらえたらと思います。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。