ベイトフィネスって何?基本とおすすめベイトリールベスト5紹介!

バス釣りをしていて、最近よく耳にするのがベイトリールを使用した「ベイトフィネス」という釣り方です。
初心者の方が「フィネス」という言葉を聞いて、どんな釣り方をするのかを最初からイメージするのはきっと難しいと思います。
今回はそんな初心者の方へ、ベイトリールを使用した「ベイトフィネス」という釣り方についての解説と、ベイトフィネスにおすすめのリールベスト5をランキングで紹介します。
スポンサーリンク

ベイトフィネスって何?基本とおすすめベイトリールベスト5紹介!

<ベイトフィネス=ベイトリールでのフィネス>

フィネスは、繊細、精細、精妙、細かさといった意味をもつ言葉です。

釣り用語のフィネスとは、 柔らかいロッドや細いラインにを使って、軽く小さなルアーを繊細にアクションさせて魚を誘う釣り方のことを言います。
今までは基本的に軽いルアーを使ってもトラブルが少ないスピニングリールが多用されてきました。

しかし現在では技術の発展により、ベイトリールでも細いラインを使用して軽いルアーを扱うことができるようになっています。
通常のベイトリールでは最低でも自重が7gクラスのルアーをキャストするのが限界でしたが、ベイトフィネス用のベイトリールであれば3ℊでもキャストすることができます。
技術の発展により、軽いルアーをキャストできるようになったベイトリール。それを使用した釣りのことを、「ベイトフィネス」と言います。

<ベイトフィネスのメリット>

ここではベイトフィネスの具体的なメリットを3つ解説します。

●手返しが速い

これはベイトリール全般に言えるメリットですが、同じルアーをベイトリールとスピニングリールでキャストし、回収してから次のキャストへ…、といった一連の動作を比較すると、ベイトリールのほうが明らかに手返しが速くなります。
1日を通して釣りをしたときのそのキャスト数の差は大きく、結果として魚をキャッチできる確率も上がると言えます。

●使えるラインの幅が広い

ベイトフィネスは繊細にルアーを扱うことに長けていますが、ラインに関しては太さを選びません
時にはスピニングリールで使うような6ポンド程度のラインを使ったり、またある時にはカバーを狙うために12ポンドといったラインを使用することも可能です。狙うポイントや使用するルアーによって使えるラインの幅が広いのが特徴と言えます。太いラインの自重を活かした、スラッグアクションも得意とします。

●スピニングリールより飛距離がでることも

スピニングリールはスプールからラインが放出される際、らせん状になって出ていくので、どうしてもガイドとの干渉で飛距離のロスが発生します。
ガイドの干渉によってラインの出方が一定でなくなると、軽いルアーはとくにその影響を受けて飛距離が落ちてしまいます。
対してベイトフィネスは、スプールからラインが放出される際、弾道が直線に近いので、飛距離の損失が少なく、時にスピニングリール以上に飛距離が出ることがあります。

<ベイトフィネスの基本的なタックルの目安>

ここではベイトフィネスの基本的なタックルの目安を挙げておきます。

・ロッド…6.3~7ftクラスのウルトラライトからライトパワーのもの
・リール…ベイトフィネス用ベイトリール
・ライン…フロロカーボン6~12ポンド
・ルアー…ネコリグ、ジグヘッドワッキー、ノーシンカー、スモラバなど3~7g程度のもの

通常のベイトタックルからするとかなりパワーが落ちるようですが、十分バスなど魚の引きに対応できます。
このようなタックルを使うと、スピニングリールでは狙えなかったようなカバー周りを果敢に攻めることができます。
キャストできる場所が増えることも釣果アップに繋がる大事な要素です。

それでは次におすすめベイトフィネスリールベスト5を紹介していきます。

<おすすめベイトフィネスリール>

1位 【シマノ アルデバランBFS XG】

FTB搭載のベイトフィネス専用リール

シマノ リール 16 アルデバラン BFS XG 左
シマノといえば、ほとんどの機種に搭載されている遠心力ブレーキです。
しかしこのアルデバランBFS XGには、マグネットを使った新機構のスプールが搭載されています。これによって今まで以上に軽量ルアーを快適にキャストできるようになっています。
ギア比8.1:1で回収も素早く、テンポのよい釣りを可能としてくれます。

2位 アブガルシア【Revo LTX-BF8】
超軽量なベイトフィネスリール
アブガルシア ベイトリール REVO LTX-BF8-L

自重129gと、とんでもない軽さが特徴のベイトリールです。
着脱式のマグネットブレーキシステムを搭載しています。
着脱式のセッティング方法は初心者にも分かり易い様、メーカーのサイトに目安が載せてありますので安心です。

替えカラードナットプレートというアクセントパーツも同梱されており、他にはないおすすめのベイトフィネスリールです。
3位 【シマノ スコーピオンBFS】
人気のスコーピオンのベイトフィネス仕様

スコーピオン BFS
ランキング1位で紹介した、アルデバランBFS XGにも搭載されているFTBを搭載しながらも、コストパフォーマンスに優れたベイトフィネスリールです。

細号柄のラインを使用に際にとくに気になるドラグには、サウンドが発生するようになっており、ドラグが効いているかどうかを確認しながらファイトすることができます。
ベイトフィネスは一部ソルトルアーでも使われるようになっていますが、このスコーピオンBFSも海水にも対応しています。

4位 【アブガルシア REVO LT7】

上位機種にも負けない機能を持ったベイトフィネスリール

アブガルシア ベイトリール REVO LT7-R
バス、ソルトルアー、そしてトラウトといった幅広い応用範囲を持ったベイトフィネスリールです。
コンパクトで握り込み易く、キャストもしやすいので長時間の釣りでも疲労感が少ないです。
他メーカーのベイトフィネスリールにはない、ルアーキーパーという機能も搭載されています。
5位 【ダイワ SS AIR】
赤を基調としたベイトフィネスリール

ダイワ(Daiwa) ベイトリール 14 SS エア 8.1L
見た目もさることながら、ZAION(軽量カーボン素材)製スタードラグ・ハンドルノブを搭載した最新テクノロジー機能満載のリールです。
キャストに関してはエアブレーキシステムがサポート、トラブルの少ないキャスティングが可能となっています。
感度にこだわって釣りをしたい方におすすめのベイトフィネスリールとなっています。

<まとめ>

ベイトフィネスについてまとめると、

●メリット
・手返しが速い
・使えるラインの幅が広い
・スピニングリールより飛ぶことがある
●ルアーはネコリグ、ジグヘッドワッキー、ノーシンカー、スモラバなど3~7gのものが対象

ベイトフィネスを使いこなせるようになると、狙える場所が増えることが分かります。
狙える場所が増えると、今まで釣れなかった魚が釣れるようになると思います。
ぜひ今回の記事を参考にして、ベイトフィネスに挑戦してみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。