夏休みの家族釣り、川で狙える魚と釣り方を教えて!

夏休み、家族でキャンプを計画している方や、近くの川に釣りに行ってみようと思っている方は多いのではないでしょうか。キャンプ場の近くには川があることが多く、釣りを楽しめる環境が整っています。

ここでは、川で釣ることのできる魚の種類と釣り方を解説。
また、川釣りに必要な道具、注意点も紹介します。

スポンサーリンク

夏休みの家族釣り、川で狙える魚と釣り方を教えて!

川で狙える魚の種類

川で釣れる魚には、フナコイ、ウグイ、ハヤ(ハエ)、アユ、ヤマメ、アマゴ、など他にもたくさんの種類がいます。


この中には、釣るにあたって遊漁料金が発生する魚が含まれています。アユやヤマメ、アマゴなどです。ほかにも遊漁料が必要な魚がおり、河川によって異なりますので、道具をそろえる際に釣具店に「○○河川に、○○を狙って釣行したいのですが、遊漁券は必要ですか?」と確認してみるとよいでしょう。
また、アユやヤマメ、アマゴなどの渓魚はどこに行っても釣れるわけではありません。より専門の知識と道具が必要になります。
ここでは、一番オーソドックスな川釣り仕掛けで狙うことのできる魚と道具を紹介します。

一番手軽に狙える川魚は、ハヤ・オイカワ・フナ・ウグイ

上流域~中流域に生息し手軽に狙うことができます。竿や仕掛けもバリエーション多く選べ、比較的安く揃えることができます。また揃えた竿、同じ仕掛けで狙うことが可能です。

釣り方はとどく範囲内にポイントを定め、仕掛けを投入します。大きな石の裏の流れの淀みや、水深があるポイントは仕掛けが立ちやすく、またアタリが分かり易いです。アタリがあったら竿を上げて針掛かりさせましょう。

必要な道具

1.のべ竿 3.6~5.4m

プロックス (PROX) 奥飛騨ハエFE OHHF39M 390硬調PROX奥飛騨ハエ390硬調
釣具店に行くと様々な竿が並んでいますが、川釣りではリールを装着しないのべ竿を選びましょう。

竿の長さは3.6~5.4mで、竿のパッケージには360や、450540などと表示されています。お子さんには360~450の短い竿が軽くて扱いやすいと思います。

またハヤ専用の竿と、万能竿と2種類あり、穂先の太さや、竿の重さに大きく差があります
ハヤだけを狙って釣行する際には専用の竿を、また違う魚種の釣りにも使用する場合は、店員さんに相談し、万能竿を選んでもいいと思います。

2、仕掛け

オーナー(OWNER) ホリデー池・川釣リ仕掛 5 R-3334オーナー(OWNER) ホリデー池・川釣リ仕掛 5 R-3334

釣具屋さんに行くと、川釣り専用の便利な仕掛けセットがあります。竿の穂先に糸を結べばそのままのばして使用できるセットです。
予備の替え針が付いており、ウキから下が切れてしまった時にも安心です。
ただ、家族など大人数で釣行する場合は、それぞれをバラバラに買いそろえた方が安くなることが多く、仕掛けが高切れしてしまった場合にも、作り直す予備になります。

以下に、必要な仕掛けのパーツを紹介します。

ユニチカ(UNITIKA) ライン ハイループ 20m 0.6号ユニチカ(UNITIKA) ライン ハイループ 20m 0.6号

●糸・・・ 号数は、0.6号前後20~50mのスプール巻のものを選びましょう。たくさんの種類がありますが、値段で選んでもかまいません。


ナカジマ NO.247 蛍光玉ウキ 5号ナカジマ NO.247 蛍光玉ウキ   5号

●ウキ・・・ ウキには棒ウキと玉ウキの2種類があります。流れの緩いたまりなどで釣る際には棒ウキを、流れのある瀬などは玉ウキを選びましょう。
とは言っても、あまりこだわり過ぎなくても大丈夫です。基本的にはどちらでもアタリをとることは可能です。


●ウキゴム・・・ 棒ウキや玉ウキを固定するゴムです。中空になっているので、ラインに通しウキを差し込みます。ウキを固定したら、そこから下がタナになり、狙いたい深さに合わせてウキとウキゴムをずらしましょう。


OWNER(オーナー) 糸付 20282 茶袖 3-0.6OWNER(オーナー) 糸付 20282 茶袖 3-0.6

●針・・・ 針はバラでも販売されていますが、糸付きが便利です。針に45cmほどのハリスがすでに結んである状態で販売されています。袖針の3~4号、またキツネや白ハヤ専用の針を選びましょう。


NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型ハリス止 クロ #8NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型ハリス止 クロ #8

●ハリス止め・・・ サルカンに似た形状のハリス止めは、ハリス付きの針を使用する際にハリス止めに引っかけるだけで装着できる便利なアイテムです。


第一精工 ガン玉セット第一精工 ガン玉セット

●ナマリ・・・ ガン玉、割りビシなど、ウキの浮力に合わせたナマリを選ぶ必要があります。ウキのパッケージに適合鉛の号数が表示されていますので、それを参考に選んでください。また、セットも便利です。

<その他にあったら便利な川釣り道具>

●川タビ
川の中に入る際、滑ってケガをしないよう注意が必要です。川タビはソールがフェルト状になっており、川の中でも滑りにくくなっています。

●川ビク、ライブウェル
釣った魚を生かすのに便利なアイテムです。川の中に浸けておけるビクや、エアポンプで活かしておけるライブウェルなどがおすすめです。

川釣りのエサ

川釣りのエサには、サシ虫赤虫、ミミズなどの活き餌のほかに、練りエサチューブエサなど、活き餌が苦手な人でも使える豊富なエサの種類があり、いずれも釣具店で購入することができます。

マルキュー(MARUKYU) 池のつりエサマルキュー(MARUKYU) 池のつりエサ
また寄せエサの種類もたくさんあり、魚を寄せて釣ることもできます。

マルキュー(MARUKYU) 強力まき餌

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。