《2017秋》初心者におすすめのエギングリールベスト5

初心者の方がエギングリールを選ぶ際、一番に注目してしまうのが価格帯ではないでしょうか。エギングリールにも価格のバリエーションは多く、備わっている機能を理解しないと選ぶのが難しいと思います。今回は初心者の方におすすめのエギングリールをランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

2017秋、初心者におすすめのエギングリールベスト5

秋のエギングリールの選び方

秋に使用するエギングリールは、1800番~2500番のスピニングリールを使用します。
選ぶ際に重視する点としては、一日中シャクリ続けても疲れない軽さと、ラインの送り出しが滑らかなドラグ性能を兼ね備えたリールであることです。

また、秋のアオリイカの引きはそれほど強くはないので、巻き取るパワーはそれほど気にしなくてよいのですが、できるだけ回転性能の良いリールを選ぶようにしてください。
安価のリールは回転性能が低く、ライントラブルを発生させるリスクがあります。またリール本体の重量が重たく、ドラグ性能もあまりおすすめできません。

安価な製品が決して悪いということではありませんが、価格と性能は比例しますので、エギングで必要な要素と性能を考えると、それなりの価格帯のリールの購入が妥当と言えます。

それでは、以下に秋のエギングシーズンにお勧めのエギングリールをご紹介します。

第1位 シマノ Sephia(セフィア) SS C3000S

リールにワインレッドのカラーを採用し、ゴールドのスプールデザインがカッコいいセフィアSS。もちろんデザインだけではなく、リール自体の軽さ、ドラグ性能、感度、そして強さとエギングに必要な性能は、上位機種と比較しても全く引けを取らないほどハイスペックです。

シマノ リール 13 セフィアBB C3000SDHシマノ リール 13 セフィアBB C3000SDH

セフィアSSは筆者が信頼する一押しリールで、一度使ったらその性能が実感できます。
大型アオリイカがかかっても瞬時のドラグ調整を気にする事なく、滑らかにラインを送り出してくれる高性能ドラグで、安心したファイトが楽しめます。

また、シーズンを問わず使用できるので、何を購入しようか迷った時はオールマイティに使用できるセフィアSSをおすすめします。

第2位 ダイワ カルディア 2508H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 カルディア 2508H (2500サイズ)ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 カルディア 2508H (2500サイズ)

進化に進化を重ねるカルディアは、エギンガーでも愛用者が多いシリーズのひとつです。軽量化されたリールに、強い巻き取りパワーのハイギアを搭載した2508Hモデルは、
リールの防塵と防水能力が高レベルで、塩がみや埃によるリールの回転異音が軽減されていると共に、滑らかな回転を保つマグシールドが搭載されています。巻き感度が良く、まさにエギングに適したリールと言えます。
また、PE1号でリールに200m巻くことができ、大型アオリイカが乗った時やロングキャスト時のトラブルを考慮しても、安心して使用できる完成度の高いリールです。

第3位 シマノ Sephia(セフィア) Cl4+ C3000HGS

シマノ リール 12 セフィアCI4+ C3000HGSDHシマノ リール 12 セフィアCI4+ C3000HGSDH

リールの重さが200gを下回り、軽量化に工夫が凝らされていると言えるセフィアCl4+は、筆者も愛用しているリールの一つです。
リールに使われているベアリング数の多さで、リール回転の滑らかさは先端を行くと言っても過言ではなく、ストレスを全く感じさせません。
また、ハイギア仕様でパワーがあり、操作性や感度も抜群に良く、通年を通して使用できるハイエンドモデルの一つです。
エギング専用に設計されたリール性能を十分に感じられるおすすめのリールです。

第4位 ダイワ エメラルダス 2508PE

ダイワ(Daiwa) スピニングリール エギング 16 エメラルダス 2508PE (2500サイズ)ダイワ(Daiwa) スピニングリール エギング 16 エメラルダス 2508PE (2500サイズ)

滑らかなラインの送り出しが可能なドラグシステムを搭載し、アオリイカが乗った際に違和感を与えません。ライントラブルも起こり難く、リールパワーも十分兼ね備えていて、大型アオリイカでも十分に対応できるモデルです。
またリールカラーは、エメラルダスの名前から連想できるエメラルドグリーンとブラックの色使いが基調となっていて、シックで上品さが感じられるデザインのリールです。
高機能なのにハイコストパフォーマンス、購入しやすい価格帯のリールなので、予算が気になるエギンガーにもおすすめです。

第5位 シマノ ULTEGRA(アルテグラ) 2500

SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 2500SHIMANO(シマノ) リール 17 アルテグラ 2500

価格は少し抑えたいけど、リールの性能は妥協したくないと思っているエギンガーや初心者の為に、このアルテグラをおすすめします。
上位機種でも採用されている軽量化を施したスプールや、巻き取りの強い安定したローター等、部分的にハイスペック仕様で、エギングに快適な使用感です。
重量は若干上位モデルより重たいですが、それほど気になる重さではありません。
また、エギング以外での釣りにも使用でき、幅広いシーンで活躍するリールです。

まとめ

秋のエギングで使用するスピニングリールは、2500番までのリールで軽量であること、ドラグ性能が高いリールを選択しましょう。
リールは各メーカーより発売されていますが、どのリールにしようか迷った時は、エギングに特化した性能を兼ね備えた専用リールを発売している、ダイワ、シマノの2社からの選択をおすすめします。

また、スピニングリールのハンドルは、シングルハンドルとダブルハンドルの2つに分けられますが、ハンドルは好みの問題でもあるので、一概にどちらが良いとは言い難い部分があります。ダブルハンドルは高比重になる傾向にあるので、軽量の観点からすると初心者の方にはシングルハンドルの選択をおすすめします。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。