【2019発売】エギングリール新製品を紹介!初心者におすすめの1台は?

初心者や入門者の方がエギングに選ぶスピニングリールの要素は様々です。エギングに対応できる機能なのはもちろん、価格やデザイン性なども重要視されています。新製品のリールは機能面やデザイン性でバージョンアップが確実です。さらに近年ではコストパフォーマンスが高い印象があります。

エギングリールを選ぶ際には新製品のチェックは必須です!

スポンサーリンク

【2019発売】エギングリール新製品を紹介!初心者におすすめの1台は?

エギングリールはメーカー製品を選ぼう

まず初めにエギングリールはメーカー品を選ぶことをおすすめします。エギングはエギをシャクリ続ける釣りです。もちろんリール自体の強さなど信頼性もメーカー品を選んでほしい理由のひとつですが、一番は保証だと言えます。

イカとのファイトよりハードとも言える使用動作は、故障の原因にもなりえます。メーカー品は多少価格が高くてもアフター対応があるので安心です。

ダイワ エメラルダス LT

ダイワのエギングブランドとして名高いエメラルダスシリーズにコストパフォーマンスに優れる新機種が登場しました。

メーカー希望本体価格が17500円から18000円と低価格設定ですが、搭載されている機能はハイモデル機種さながらと言えます。

最近、新基準として新製品リールに表記されている「LT]LIGHT TOUGHの略で、読んで字のごとく軽くて強いというのがコンセプトです。

ボディ、スプール、ハンドルといった細部まで軽量化にこだわり、ギアやボディのマテリアルをより強固なもに進化させています。

すっかり定着したマグシールドも、もちろん搭載。ダイワ製品を選ぶ上では基準にしてほしい防水機能です。

マグシールドとは、ボディーとローターの隙間に磁性をもつオイルの壁を作ることで、海水や埃などの侵入を防ぐバリア機能のことです。回転性能を長期間に渡って持続することができ、異物の侵入による異音や潮ガミによる錆びなどを高いレベルで防ぐことがでます。

ATD・オートマチックドラグシステム搭載。
従来の「糸切れ防止装置」としてのドラグ機能だけではなく、滑らかに滑り出しとファイト中の引きにオート追従しながら効き続けるという新しいコンセプトのドラグです。ドラグ調整が減り、ラインブレイクを防ぎながら速く獲り込むことができます。

エギングにも特化したドラグ機能と言え、選ぶ際に知っておきたい機能です。

軽くて強い、エギングで重要視されるドラグ機能も兼ね備え、かつアフターにも心強い。この機能さえ搭載されていれば、という最低限のハイスペックリールと言え、値段も両親的!

まさに初心者、入門者におすすめの1台です。

シマノ セフィア SS

エギング専用機種としてはミドルクラスのセフィアSSですが、前モデルの性能はそのままに防水性能の向上や新しいドラグ機能、またエギングに欠かせないシャクリやフォール&ステイ時の安定性が改善されています。

追加新機能として、まず挙げられるのがコアプロテクトという防水機能です。

撥水処理による水玉状形成効果により、微細な隙間があっても水の浸入を抑制することができ、回転抵抗を増すことなく防水効果をアップしています。非接触のため、摩耗がなく効果が継続するのも特徴です。

また、メインシャフトとスプール内のベアリング2点でスプールを支持する、リジッドサポートドラグもモデル新搭載

スプールのグラツキを抑え、安心してやりとりができるスムーズなラインの送り出しが可能です。

最後にGフリーボディの採用です。

リールの重心を手元に近づけることで、ロッドとの一体感が向上。軽快なシャクリと、フォールやステイ時のロッドの安定感をサポートします。

金属を高圧でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げた高強度で滑らかな巻きごこちを実現したHAGANEギアや、左右非対称のローター構造を採用し、ラインローラー、ベール、ローターの最適配置を行い回転の軽さがを向上させたマグナムライトローターなどは、前作同様搭載されている機能です。

1台を長く使い続けたい初心者や入門者にはもちろん、中級者や上級者にもおすすめできるミドルクラスエギングリールです。

AbuGarcia SUPERIOR (アブ・ガルシア スーペリア)

初心者の方でまずアブのスピニングリールが思い浮かぶ方は少ないと思いますが、信頼あるブランドとして歴史があります。またソルト対応機種も多くFW同様にファンの多いメーカーです。

紹介するスーペリアは、価格設定が1万円前後とリーズナブルなのが魅力の新製品です。SW、FWでの様々なシーンに対応できる多機種シリーズですが、エギング対応の2500、3000番にはハイギアモデルもあります。

またタフなDuraMetalワンピースボディーや、Salt shieldボールベアリング搭載で耐久性などはクラスとして申し分ないスペックです。自重は若干ありますが、価格を考えれば妥協してもいいレベルだと思います。

まとめ

エギングはリールは毎年のように新製品が発売されます。新製品は機能もコスパも優れていますので、初心者や入門者の方がエギング専用機種を選ぶ際のひとつの基準なると思います。予算に応じた価格帯の新製品があればぜひチェックしてみましょう。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。