《初心者の疑問》シマノとダイワのリールの違いを教えて!

初めてのリール選びでシマノ、ダイワどちらにするか悩みますよね?
難しい事は省いて簡単に、シマノとダイワのリールの違いを説明したいと思います!(堅苦しい説明が苦手なので…)

2510rpe_h

ベアリング

シマノ
世界中の競技用自転車のベアリング、パーツはほとんどはシマノ!これがリールに入っちゃってるもんだから巻き心地は最高です。もちろんリールに入っているベアリングの数が多い方がお値段が上がりますが、その分フィーリングが良くなります。
ダイワ
負けず劣らず、ダイワのベアリングもシマノに引けをとってません。最近の上位機種モデルには海水が侵入しない(しにくい)特殊なベアリングも搭載させてます。海水が入らない=錆びない!もちろん通常のベアリングも両メーカー防錆加工されてるのでご安心を。

product1_s

基本性能

シマノは殆どのスピニングリールがAR-Cスプールというスプールになっております。これは飛距離がUP!ダイワはシマノより少し大きめのスプール(ABSスプール)で飛距離、ライントラブルを解消。しかし糸を巻き過ぎるとバックラッシュします。
次に、本体の材質ですがどちらも軽量化+剛性の高い材質を使ってる中級、上級機種がございます。シマノはCI4、ダイワはザイオン。

最後はこれしかない!!

観た目!! 色々書きましたが、性能や機能については正直なところ甲乙つけ難いです。そのため見た目や、実際に手にした時の質感や感触を大事にした方がよいです!
釣具店で直接リールに触って巻いてみたり、店員さんが了解してくれたら持ってる竿、買いたい竿に付けてみて下さい。それだけで心踊りますよ♪

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。