《堤防釣りの仕掛け》泳がせ仕掛けで、アオリイカを釣ろう!

厳寒期のアオリイカ釣り。エギングには全く反応を示さなくなったのに、隣の泳がせ釣りには、大型のアオリイカがヒットしているなんて場面を経験したことはありませんか。

低水温やエギにスレてしまった事などが要因として考えられますが、アオリイカの泳がせ釣りは冬場のそんな状況にも効力を発揮する理由があります。

今回は泳がせ釣りのメリットと、仕掛けを詳しく解説します。

スポンサーリンク

アオリイカ、アジの泳がせ仕掛け

アオリイカ泳がせ仕掛け

糸と金具を結ぶ、ユニノットの結び方

ウキ止めの結び方

アオリイカ、ケンサキイカなど
時期 春から秋にアオリイカ、夏にケンサキイカ
場所 堤防、岸壁、磯周り

竿やリールなどのほかに、アジの活かしバケツは必需品です。エアポンプがセットでき、移動時にも便利です。

TAKAMIYA(タカミヤ) 武勇伝 アジ活かしバッカン JM-2002 ブラック 33cm

釣り方

●まずはアオリイカのいるタナを設定

夜釣りでの、外灯周りの明暗部や駆け上がりなど、海中に変化のあるポイントでは、冬場でもエサとなる小魚が浮いてきやすく、それに伴ってアオリイカも浅場にいることがあります。

逆に水深のある沖目ポイントを狙う際は、浅い棚からスタートしても、底付近からタナ取りしても、アタリがなければウキ止めをずらしてアオリイカがいる層を細目に探りましょう。

満月などで海面が明るく照らされている場合は、水深のある沖でもアオリイカが浮いている可能性があります。

●仕掛けを投入

仕掛けを投入する際は、着水と同時に活き餌と仕掛けがタナまで遊動し、絡まっていないかを確認しましょう。

また、風や潮流などでウキまでの道糸が流されてしまった場合は、アワセが効かなくなってしまう要因となりますので、ラインメンディングが大切です。

堤防などで周囲に他の釣り人がいる際は、流し過ぎに注意が必要です。

●アタリがあったら慌てずに、アワセる準備を

アオリイカが周辺にいると、活き餌に「前アタリ」が出ます。今まで設定していたタナ付近でジッとしていた活き餌が、急にウキを引いて潜りだしたり、逆に元気に泳いでいた活き餌がピタッと動かなくなったりします。

そんなときは近くにアオリイカがいる場合があるので、置き竿にしていたり、ラインが出過ぎてしまっている時は、竿を持ってラインメンディングするなど、アワセを入れる準備をしておくことが大切です。

●取り込み

やりとりはポンピングなどせず、ゆっくり巻きながらアオリイカを寄せます。アオリイカが走る時は、ドラグ調整し竿がのされないよう注意してください。

取り込みは、アオリイカが小さくてもギャフやタモ網を準備しておきましょう。

泳がせ仕掛けのメリット

泳がせ釣りでアオリイカを狙うのは仕掛けが面倒だし、何よりも活きたアジを確保しないといけないのでなにかと大変です。

仕掛けがシンプルなエギングで狙う方が楽なのですが、泳がせ釣りにはその手間に価する大きなメリットがあります。

低海水温期に食いがよい

海水温が15度を切る頃から、エギへのアオリイカの反応が悪くなります。そんな時でも比較的アオリイカが釣れるのが、泳がせ仕掛けです。

海水温が下がるとアオリイカは不思議と、活きたエサにしか反応を示さなくなる習性があります。また、秋からエギにスレてしまったアオリイカが多いことも要因のひとつです。

●決まった場所を安定して狙える

海水温が下がると、アオリイカがエギを追う範囲が狭くなります。

暖かい時期は深場でエギをロックオンして浅場まで追っていたアオリイカが、寒い時期にはエギを追うのは限られた範囲だけになるのです。

そのため、アオリイカの追い気のある狭い一定の範囲に長くエサを留めておくことのできる泳がせ釣りに軍配が上がるようになります。

慣れない間は跳ね上げ、熟練者はハリス式

アオリイカ仕掛けは、跳ね上げ式とハリス式に大別されます。

●向こう合わせの跳ね上げ式

跳ね上げ式は、ハリ周りがステンレスなどのスティックを使用しています。この仕掛けのメリットは、アオリイカがエサを抱いて泳ぎ始めた時に、テコの原理でスティックが跳ね上がって向こう合わせでフッキングすることです。

初心者にも乗せやすく、とても便利な仕掛けですが、アオリイカの視界のよく効く日中や、スレが進行している時にはアタリが少ないデメリットがあります。

●イカの乗りが良いハリス式(ブラブラ式)

ハリ周りにハリスを使用しているので、跳ね上げ式に比べると仕掛けのシルエットが出ないのでアオリイカの警戒心が下がります。

仕掛けが軽いので活きエサの泳ぎがよくなり、長く持ちます。警戒心の面でさらに言えば、熟練者ほど、アオリイカの大きさを問わず、SやSSなどのイカリ針のサイズを選び、また仕掛けハリスも細くします。

デメリットは、初心者や入門者の方には、アワセがやや難しいことです。

ブラブラ式仕掛けの、あわせのコツ

跳ね上げ式に比べて、ややアワセが難しいのが鼻カンからイカリ針までの間がフリーのブラブラ式です。何回もアタリがあるのに、アオリイカが針に乗らないので苦手意識がある方も多いと思います。

ただ、厳寒期や仕掛けにスレてしまったアオリイカのアタリの確率が高いのは確実に、小針のブラブラ式です。

試してほしいのが、合わせを入れる際の竿の角度を、真上にあおることです。

堤防でアオリイカ釣りをしていると、みなさん意外とアオリイカが走った方向と真逆に竿を寝かせたままアワセを入れている方が多い様に感じます。

縦に竿をあおってアワセを入れると、活き餌を抱いたアオリイカが縦向きになりやすく、針に乗りやすくなります。

浅い棚で活き餌を抱いて横に走る場合は、しっかりラインメンディングしてから試してみて下さい。

Let’s enjoy the Squid Fishing! 

アオリイカ釣りを楽しもう!

↓つりトップ、泳がせ釣りおすすめ関連記事↓

【泳がせ釣りのアオリイカ】初心者の疑問、どんなロッドを選べばよいですか?

アオリイカの泳がせ釣り、仕掛け選びのコツ

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。