アオリイカ泳がせ釣り 一覧

アオリイカの泳がせ釣り、仕掛け選びのコツ

数多くあるアオリイカ仕掛け。
お店でどれを選べば良いか迷っていませんか?種類が多いですがそれぞれ特徴があるので
シチュエーションによって使い分ける事が釣果がアップに繋がります。
シーズン初めの10月頃は仕掛けのサイズはSからMサイズを。水温が下がって、アオリイカも大型が釣れ出すシーズン中盤からはLサイズを使います。(ハリス式、天秤式どちらも)
一概には言えませんが仕掛けのサイズがイカの大きさに合っていないと、鈎掛かりが悪くなることもあるので、サイズの違う仕掛けを多数用意しておくのがベターです。

アオリイカの泳がせ釣り、仕掛け選びのコツ

仕掛けは大きく分けて2種類

○ハリス式(ぶらぶら仕掛け)
○天秤式(はねあげ式)
ハリス式の中にも種類があります。背掛けタイプ、垂らして使うぶらぶらタイプや1段針か2段針などです。それぞれ仕掛けによって特徴がありますのでご紹介します。

『背掛けタイプ』

掛け針をアジの背中(背びれの後方)に刺して泳がせるタイプです。イカがのったらすぐにあわせる攻撃的な仕掛けです。ほとんどのメーカーの背掛け針がそうですが背中に掛ける側の針の一本だけに返しが付いてますので、返しが付いてる針を鯵の背中に刺しましょう。

また背掛けしなくてもぶらぶら式としても使えます。
群れが入ってきてアタリが多い時に背掛けに替えると手返しが良くなりますが、
アジの体に傷をつけることになる為、弱りやすくなるというデメリットもあります。

背掛け式 オススメ仕掛け
【まるふじ イカトリック IKA-20】
活きエサに負担を掛けない軽量設計。二段掛け鈎の上鈎の一本だけ返しが付いているので背掛けが可能。勿論、ぶらぶら式としても使えます。自作で仕掛けを作りたい方にオススメです。
【まるふじ ロデオグライダー IKA-56】
アワセ鈎とは別の位置にアジに引っ掛ける為のハリが付いているので、仕掛け投入時などにアジからハリが外れる心配がありません。
群れが入ってアタリが多い時はこの仕掛けに替えて釣果アップを目指しましょう!

『ハリス式』

一般的なアオリイカ仕掛けとなります。
1段、もしくは2段鈎をアジの尾びれより下にぶらぶらさせるだけです。
アタリがあってもすぐに合わせず30秒ほど待ってからアワセを入れます。

ここで気をつけなければいけないのは、大型のイカだと豆アジを移動しながら鯵を食べるスピードが速く、完食後にアワセ損なってしまう場合です。道糸の走るスピードがいつもより勢いがある場合は、待ち過ぎに注意しましょう。

ハリス式 オススメ仕掛け
【がまかつ お墨つき イカ泳がせ仕掛 ぶらぶら式 IK-004】
アジが元気に泳いでくれる軽量一段針仕掛け。ふところの広い針形状で一段針でも心配する事なく掛かってくれます。

<ハリス式まとめ>
市販品では一段鈎、二段鈎とありますがどちらにもメリットとデメリットがあります。
二段鈎の方が掛かる率は上がりますが、調達したアジが小さい場合(〜15センチくらいまで)は二段鈎だと針が重い為、泳ぎが悪くなり弱るのも早いのです。アジが小さい場合は、一本鈎を使いましょう。
背掛けにして使う場合はアタリが多い時のみオススメ。食いが渋い時には、抱く位置に針があると警戒心を与えてしまい、すぐに離してしまいます。

『天秤式』

はねあげ式とも呼ばれます。基本的には向こう合わせとなります。アタリ後、アオリイカが移動中に掛かってる場合もあるので、余分な道糸のたるみに気をつけましょう。
強くアワセを入れる必要はありません。少し引けばアジを支点に針跳ね上がる仕掛けなので、
掛かったと思ったら、糸を緩めず一定のスピードで巻くだけです。
泳がせ釣りを初める方にオススメの仕掛けです。

天秤式 オススメ仕掛け
【ダイワ らくらくテコ式 アオリイカ仕掛け】
仕掛けの一番下にフロータが付いてるので、自然に泳いで自然に掛かる仕組みになってます。
またフロータのおかげでアジの活きが長持ちする利点もあります。

【まるふじ イカクリア M/L】
見えないクリアボディの芯軸がイカの警戒心を和らげます。初めての方でも向こう合わせが効く仕掛けなのでバラシは少ないでしょう。
【がまかつ お墨つき はね上げ+ワイヤー式 アオリイカ仕掛 IK-103】
硬質ワイヤー仕様で掛かり抜群です。針はオリジナルのダークグリーンカラーで、イカに警戒心を与えません。
<天秤式まとめ>
天秤式の多くは向こう合わせが基本となります。合わせるタイミングがまだよくわからない初心者の方でも安心です。
ただし、竿を2本出して釣りをする場合は天秤式ではなくぶらぶら式の方が良いでしょう。
両方の竿に同時にアタリがあった場合、天秤式はイカが抱いた直後にハリ掛かりする場合があります。道糸にテンション掛けたまましておかなければバレてしまう可能性があるので、合わせまで少し時間に余裕があるぶらぶら式が良いと思います。

泳がせ仕掛けのアオリイカ釣り、上手くアワセを入れるコツとは?

活きたアジを泳がせ、それに襲いかかるアオリイカを狙う泳がせ釣り。
他の釣りとの大きな違いは、口にハリを掛ける釣りではないこと。

さて、ベテランの方は1撃必釣の泳がせ釣りですが、初心者は複数回のアタリでやっと1杯を釣り上げるので精一杯…、なんてことも…。
そこで今回は、初心者に向けて上手くアワセを入れるコツを、私なりに解説させていただきます。

泳がせ仕掛けのアオリイカ釣り、上手くアワセを入れるコツとは?

アオリイカ仕掛け

アワセ方の基本

まずは、泳がせ釣りのアワセの大前提から。
アタリがあってから、すぐにアワセを入れてはいけません!

アオリイカが走ってる場合は完全に止まってからが、タイミングの基本となります。
その理由は、アオリイカが走っている間は、進行方向の逆側に掛け針があるからです。

そのため、アワセを入れる前に、アオリイカをこちらに向かせなければなりません。
アオリイカが止まっている間に竿をゆっくり起こして、ほんの少しだけ手前に寄せてこちらを向かせます。
この基本をまずは、覚えておきましょう。

力任せはNG

力任せに思いっきり、アワセを入れるのは禁物。
小型、中型なら身切れしてしまいます。
大型なら竿が折れる危険もあります。

どの程度の力でアワセを入れるかは、文章で伝えるのが難しいですが、感覚としてはゆっくり道糸を巻いて張ってから、マックスパワーの半分くらいの力と速さ位でしょうか?

「軽くアワセるよりも、やや強め」と覚えておいてください!

それに加えて重要なのが、アワセを入れるときの竿の方向です。

アオリイカが左に走ったなら右上方向、右に走ったら左上方向にアワセを入れましょう。
下に潜ったり、手前に来てしまったら真上にアワセるのがよいでしょう。

仕掛けのタイプ別:アワセ方の紹介

ハリス式:シングルタイプ

掛け針が1本の場合は、ウキにアタリが出ても、しばらくアジを食わせる間を作ります。
「ジーッ、ジーッ」とドラグが鳴って、アオリイカが安全な場所にアジを持って行ってとまってから、約30秒後が目安となります。
ちなみに、大型アオリイカシーズンであれば、30秒も経たずにアジが食べつくされるので、10秒程度でよいでしょう。

ハリス式:背掛けタイプ

イカの活性が高く、手返し良く狙いたい時に効果的な仕掛けです。
基本的には、ウキが消し込むと同時にアワセを入れます。
その理由は、アオリイカの捕食ポイントであるアジの首元に、針をセットしてあるからです。
アオリイカがハリの違和感を感じる前に、しっかりアワセを入れるのが、上手くフッキングさせるコツとなります。

はねあげ式

はねあげ式は、向こう合わせが基本となります。
向こう合わせといっても、こちらから軽くアワセを入れて針を跳ね上げるイメージも大事です。
ですが、アオリイカが持って行く時に、すでにフッキングしていることがほとんどなので、道糸がたるまない様に気をつけましょう!

大まかなアワセ方は同じですが、針周りが変わると少しずつ、適したアワセ方が変わることを覚えておきましょう!
大型アオリイカの出る確率の高い、泳がせ釣りを楽しみましょうね!

 

 


泳がせ仕掛けのアオリイカ釣り、狙うタナの選び方とは?

泳がせ仕掛けのアオリイカ釣りの上手な方と同じ仕掛けで釣りをしていても、釣果の差が出ることがありませんか?
正直なところ、私も何度もそんな経験があります^^;

細かなことで大きな差となることもありますが、決定的にその差を決めるのは、間違いなく「タナ」です。
上手い方に共通しているのが時期や場所、その日の時間帯によってこまめにタナを変えることです。

そこで今回はアオリイカがもっと釣れるように「タナの選び方」を解説します。

泳がせ仕掛けのアオリイカ釣り、狙うタナの選び方とは?

アオリイカのタナ

アオリイカのシーズン別のタナは、秋から初秋が中層、冬から春が底付近の傾向があります。他にも日中は深い、夜は浅いことも上げられます。
前述を抑えて、場所別の基本的なタナ設定法の説明を行います。

堤防:タナ測定が必須

日中の泳がせ仕掛けのタナ設定は、底付近がセオリーとなります。
一般的な堤防の水深は5m~15m程度なので、底が視認できるような場所であればタナ設定は竿1本程度となります。
また、それよりも深い釣り場であれば、オモリを使って水深を測るようにしましょう。

【ナカジマ 棚取りオモリ】

タナをキチッと測ったらそこから約1m浮かせるイメージです。これは昼夜変わらず良い釣果に恵まれる事があります。潮の満ち引きで微調整していきましょう。

水深を測ってから、底から1m程度浅くして、アオリイカのアタリの有無や根掛かりの具合を見ながら、タナの上下をさせて狙いましょう。

 

空が明るい満月前後は、アオリイカが浮き上がってエサを追い回すことが多いです(晩秋から冬)。
そのため、底を狙うよりも中層を狙うのがセオリーとなります。

磯:浅く狙い、徐々に深く

磯は海底の起伏が激しく、海藻も多いので、深く狙うとすぐに根掛かりしてしまいます。
そのため、海底の形状をよく理解している場所以外で竿出しするときは、浅く狙い始めるようにしましょう。

磯の場合は、防波堤の様な棚取りオモリを使用してまでキッチリ測る必要はありません。
おおよその水深がわかるなら日中は中層より深くねらいます。
なお、渡船を使う場合は、船長に予めタナを聞いておくのがよいでしょう。

夜釣りならイカは浮いてくるので浅めの設定でOKです。
さらに月明かりがある条件だと投入後、入れパクもありますので極端に短く泳がせ仕掛けの長さのみで狙い手返しを良くします。

回遊の群れの規模にもよりますが、欲張って竿二本出ししてるとどちらも疎かになり返って手間がかかる場合もありますので、なるべく竿1本に集中しましょう。

まとめ

泳がせ仕掛けの場合、主に自立ウキを使用します。
ただし、イカが食い上げたらウキにアタリが出ないので、小さいアタリを逃さないように注意をしましょう。深すぎるのはタブーです。

海水温が低い=深く探るが定石です。
理由は簡単で水温が下がると比較的安定した深場に移動するからです。
そして春頃には産卵のため、浅場に寄りますが、産卵場は藻が多いので根掛かりが多発します。
浅場の底を狙えるのがベストなので、根掛かりし難い背バリタイプの仕掛けを使うのもよいでしょう。

 


【泳がせ釣りのアオリイカ】初心者の疑問、どんなロッドを選べばよいですか?

磯のグレ、磯や堤防のカゴの五目釣りなどなど、エサ釣りをメインに様々な釣りに手を出す私ですが、その中でもトップクラスで大好きなのが、泳がせのアオリイカ釣りです!

そんな私がお店でお客様によく尋ねられるのが、使用する竿について。
各メーカーから泳がせ釣りの専用ロッドが出てはいますが、それ以外の竿でも泳がせ釣りでアオリイカを狙うのは十分に可能です。
そこで今回は、泳がせのアオリイカ釣りで使用する竿の選び方について、私なりの考え方を解説します。
竿選びのヒントにしてもらえると、うれしいです(^^)

【泳がせ釣りのアオリイカ】初心者の疑問、どんなロッドを選べばよいですか?

泳がせアオリイカ

1.5〜2号の胴調子がオススメ

竿の号数は1.5号から2号クラスがベスト。
これよりも細いと、アワセ時のパワーがロッドに吸収されるので曲がり過ぎて、上手く掛かりません。

また、2号よりも硬過ぎてもダメだと考えます。
アジを自由に泳がせるには、竿に適度な柔らかさがないと、エサのアジが元気よく泳いでくれません。
また、ロッドが硬すぎるとアオリイカがアジを抱いたときの最初の突っ込みで、違和感を感じるのかアオリイカがアジを離してしまうこともあります。

パキパキに硬い先調子のロッドより、胴調子の方がアオリイカ釣りには向いてます。
まず、アオリイカがアジを抱いて突っ込んだときのファーストインパクトでの違和感が少ないこと、それにより、掛かりがよくなることもメリットとして上げられます。
さらに、竿に粘りのあるおかげで、キャスト時のアジ外れのトラブルも解消されます。

最後に、初心者には中通しタイプの竿もオススメです。
ライントラブルが激減するので、ストレスなく釣りを楽しめます。
ただし、中通しロッドは帰ってからのお手入れが大事なので水洗いが必須!
陽の当たらない安全な場所で、ちゃんと乾燥させてから補完することを忘れずに。

泳がせのアオリイカ釣りでオススメのロッド

シマノ IGハイスピード アペルト磯 1.5-520アオリイカ

アオリイカ泳がせ釣り専用の入門ロッド。
中通しタイプなので夜釣りでも糸絡みのトラブル激減。
さらに穂先も白色塗装なので夜でも見やすくなっております。
調子もちょうどよく、扱いやすいです。

 

シマノ アオリスタBB  MH500SI (1.5号相当)

こちらも糸絡みがなく夜釣りでも安心して使用できる中通しタイプのアオリイカ専用ロッド。
ヤエンだけでなく、ウキ仕掛けの泳がせ釣りにも対応できる汎用性の高い調子です。
ロッド内部には優れた撥水性能を誇るハイパーリペル処理を施し、スムーズなライン放出でアジの泳ぎを妨げません。
また、黄色塗装の穂先で視認性もバッチリです。

 

シマノ ボーダレスBB 495M-T

実際使用してます(^^)
ロッドデザインがカッコ良く、様々な釣りに対応できるボーダレスBBは、泳がせのアオリイカ釣りにも向いてます。
少し張りがあるロッドですが、アジが元気に泳ぎ、アワセのフッキングの確率がとても高いと感じています。
大型のアオリイカが来ても安心してやり取り出来ます。

 

ダイワ インターライン リーガル アオリ 1.5-53

アジの動きやアオリイカが抱く様子もわかる白色塗装の穂先。
ダイワ独自の耐久撥水加工により、外ガイドにも引けを取らないライン滑りの中通しロッドです。
セカンドロッドとしても大活躍の売れてるロッドです。

 

ダイワ リバティクラブアオリイカ 1.5-51

投げる・泳がせる・抱かせる・合わせる・寄せるといった一連の動作を意識して設計したアオリイカ専用ロッド。
活きアジがよく泳ぐ適度なしなやかさを持った穂先に、大型アオリイカもしっかりと寄せることのできるバットパワーも兼ね揃えたロッドです。

 

ダイワ リバティクラブ磯風 2-45 K

こちらは低価格のアオリイカ釣りにオススメの入門ロッド。
あえて短めを選ぶのは扱いやすさ重視です。
しなやかですが胴がしっかりしてるため、キロクラスのアオリイカがかかっても安心して寄せる事が出来ます。
セカンドロッドとして、活きアジ確保のサビキロッドでも大活躍です。

エギングよりも大型アオリイカの釣れる確率大!
エギング愛好者も、たまには泳がせの「待ち」の釣りを楽しみませんか?