アジングタックル 一覧

アジングにおいて求められるリールの性能その2

繊細でゲーム性の高い釣りが人気のアジングでは、軽いルアーを繊細に扱うタックル性能が必要です。アジングを始めたいと思っている方や、アジング初心者の方は、どんな性能を求めてタックルを選んだらいいのか、分からないことも多いと思います。

今回はアジングに必要なタックルのリールについて、求められる性能と、選ぶ際におさえておきたい注意点について解説します。

アジングにおいて求められるリールの性能その2

スタイルに合わせて選ぶギア比

ギア比はリール選びにおいて重要な要素の一つと言えます。ギア比は主に3種類あり、それぞれ特徴と得意なアジングのスタイルがあります。自分がどのようなスタイルのアジングをするのかで適応するギア比を選んでください。

 

まずは、ハンドル一回転あたりの糸の巻き取り量が少ないローギア(パワーギア)です。このギア比は、ゆっくり安定したリトリーブが得意で、じっくりと攻めたい時や、狙った棚を通し続けたい時などに活躍します。

次はオールラウンダーのノーマルギアです。汎用性が高いので、アジング入門にぴったりのギア比と言えます。

最後に、同じハンドル一回転で多くの糸を巻き取ることができるハイギア。キャロなどを使った遠投のアジングや、ダートなどのアクションを多用するアジングを手返し良く釣るのに適しているギア比です。

魚とのやり取りという観点でもギア比に注目してみましょう。

ギア比がローギアの場合、アジをヒットさせたとき、巻き取りがゆっくりなのでアジとのファイトを十分に堪能することができます。また口切れなどのバラシが軽減される為、トラブルなく一匹一匹アジの引きを味わうにはローギアがお勧めです。

逆にハイギアの場合では、一気に巻き取る事が出来るので、アジに主導権を渡さずにアングラーがリードして釣りあげることができます。質より量、数多くのアジを釣りたい方にお勧めなギア比と言えます。

ドラグ性能

リールにはある程度の負荷がかかると自動的にラインを出して、ラインに直接負荷がかからないようにするドラグという機能が備わっています。このドラグ機能がアジングにおいて非常に重要です。ドラグが重要視される理由は大きく2つあります。

 

一つ目はアジは口が非常に柔らかい魚であるという特徴です。そのため急激な力がかかると口切れしてバレしまうのです。その口切れを防ぐのに効果的なのが、力を逃がすドラグ機能です。

二つ目は、昨今のアジングで人気のライン、エステルラインの普及があげられます。エステルラインは感度が抜群な反面、伸縮性が低く瞬間的な力に弱いのです。アジの急な走りに耐えられずラインブレイクしてしまうこともあります。そこでドラグが重要視されるのです。

ドラグ機能は様々な値段のリールに備わっていますが、低価格帯のリールは滑らかに糸が出難かったりとやはりそれなりです。できれば一万円程度以上のリールをおすすめします。ある程度のドラグ機能を備えているリールは、ドラグからのラインの滑り出しがよりスムーズで、上手な負荷軽減を図れると思います。

アジングにおいて求められるリールの性能その1 もあわせて参考にしてください。

 


アジングにおいて求められるリールの性能とは

繊細でゲーム性の高い釣りが人気のアジングでは、軽いルアーを繊細に扱うタックル性能が必要です。アジングを始めたいと思っている方や、アジング初心者の方は、どんな性能を求めてタックルを選んだらいいのか、分からないことも多いと思います。

今回はアジングに必要なタックルのリールについて、求められる性能と、選ぶ際におさえておきたい注意点について解説します。

アジングにおいて求められるリールの性能

 

リールの重量とロッドバランス

まずアジングリール選びで重要なのは、リール自体の総重量アジングロッドとのバランスです。
アジングロッドは微妙なアタリを捉えるために非常に軽く、高感度設計で作られています。
そこに重量のあるリールを装着して使用すると、せっかく軽量ロッドを使用しても、重心がズレて感度を低下させてしまいます。

重心がズレると言う事は、さらにキャストもしづらくなってしまいます。
軽量のジグを多用するアジングではロッドのティップのしなりを利用してキャストしますが、リールが重たいと、ロッドを握っている手の部分に重心が多くかかり、ティップまで上手く力が伝わらないのです

では、どのくらいの重量であればアジングロッドとのバランスが取り易いのかと言うと、1000番クラスなら、200gを切るリール、2000番クラスなら250gを切るものをおすすめします。

ダイワ セオリー2004ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2004 (2000サイズ)

おすすめのリールの番手サイズと特徴

次に注目するのはリールの番手サイズですが、通常アジングでは1000番~2000番の小型スピニングリールを使用します。
まず軽さについては前述の通り、ロッドとのバランスをとるためです。

次に、使用するラインの細さです。アジングでは極細のラインを使用します。
例えば0.3号ラインを100m巻けるスペックを持つ番手が、1000番~2000番クラスとなるのです。
ラインの巻き取り量で注目してもらいたいのが、シャロースプールのリールを選択した方がいいということです。
シャロースプールのものはダイワでは、2004のように下一桁に数字があります。最後の数字は4lbラインが100mと糸巻き量を表すもので、1003だと、3lbが100mということになります。
シマノでは2000Sと表記され、Sはシャロースプールの意味を表します。

1000番クラスの特徴として、スプール口径が小さいのでキャスト時の飛距離が出るというメリットがあげられます
通常キャスト時、ラインはスプールからループ状になって出ていきます。その際、スプール口径が小さいと、ループの直径も小さくなるため、空気抵抗やロッドのガイドへの干渉も小さくて済み、結果的に飛距離が伸びるのです。

シマノ ソアレBB C2000PGSSシマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

リールが軽ければより有利にアジングを楽しめると言われていますが、1000番クラスの軽量リールはダイワもシマノも、価格設定が少し高めのモデルが多いのが悩ましい所ですね。

2000番クラスは、1000番に比べてラインを巻きとるのが多いので、早い展開の釣りに向いていると言えます。
更にパワーも1000番よりあるので不意の大物にも対処でき、また他の釣りに流用することができます。

ダイワ、シマノからも多くの2000番クラスの浅溝スプールモデルが出ているので、入門~上級者向けまで幅広い選択が可能です。

今回の記事をぜひアジングリールを選ぶ際の参考にしてみてください。