アジングライン 一覧

2018年冬、アジングにおすすめのラインランキングベスト5

アジングラインには様々な素材のものがあります。それぞれに操作性や感度、強度に違いがあり、メリット・デメリットがあります。

今回は初心者にも分かり易くそれぞれのラインの特性を解説。あわせて筆者おすすめのアジングラインもランキングで紹介します。

2018年冬、アジングにおすすめのラインランキングベスト5

アジングラインの重要性

アジングで使用するライン(道糸)には、主にPE、ナイロン、フロロカーボン、エステルラインの4種類があります。

これだけの種類があると、アジングはどのラインを選択することが自分にとって最適なのか迷ってしまうのが本音ではないでしょうか。

アジングでは、1g程度の軽量ジグヘッドを多用します。軽量ジグヘッドは沈みにくく、潮の流れが速い時、風の強い時などはとくに苦戦しがちです。

このことからも、アジの回遊しているボトム付近の層に落としアタリをとるためには、使用するラインが非常に重要となってきます。

アジングラインの選び方

アジングはアタリが非常に小さいのが特徴です。よりアタリを明確に感じ取れること、軽量ジグを使用するためには、海中に沈むラインが必要であることや、ラインを操作しやすいことなどが必要となってきます。

このことから、アジングラインの選び方のポイントは「感度」、「比重」、「ラインの操作性」の3点に重きを置いた選び方をすることです。選び方を間違えば、最終的に釣果を左右してしまうと言っても過言ではありません。

ただし、アングラーのアジング経験や好みなどによっても使い分けが異なりますので、アジングでは万能的なライン選びというものは存在しません。

ここでは、先に申し上げた3点のポイントから筆者がおすすめするライン選びをご紹介していきます。

アジング初心者にはフロロカーボン

まず、アジング初心者にはフロロカーボンをおすすめします。

ダイワ(Daiwa) フロロカーボンライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-F 150m 2.5lb クリアー 900843ダイワ フロロカーボンライン 月下美人 TYPE-F 150m 2.5lb クリアー

フロロカーボンをおすすめする理由は、比重があるため海水との馴染も良く、底が取れやすいこと、さらに強度に優れている点です。初心者にはストレスが少なくアジングが楽しめます。ただし、ラインに巻癖がつきやすいため、ライントラブルに繋がる可能性があるので注意が必要です。

中級者以上にはエステルライン

中級者以上にはエステルラインをお勧めします。

モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリアモーリス エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb

エステルラインをおすすめする理由は比重がそこそこあり、ラインの操作性が良いこと、それから何と言っても感度が抜群に優れていることにあります。

デメリットであるライン強度の弱さをリールのドラグ調整でしっかりと補うことができれば、アジングにとって最高のラインです。

●フロロ、エステルの推奨ライン号数

次に、それぞれの使用するライン号数ですが、フロロカーボンは0.5号~0.8号程度を使用します。繊細なアタリを取るアジングでは、ラインが細ければ細いほど水の抵抗を受けずに感度がより向上するためおすすめです。

エステルラインは0.2~0.4号程度を使用します。アタリが非常に取り易く、水深が深ければ深くなるほど、他のラインと比較した時にアタリの差を実感することができます。

対してエステルラインは強度が非常に弱いので、とくにアワセとキャスト時に切れることがあります。常に切れてしまっては釣りになりませんので、ラインブレイクが気になる場合は0.5号のラインを使用して強度を上げるとよいでしょう。

●PEラインとナイロンライン

また、他のライン材質の「PE」「ナイロン」にも少し触れておきます。

PEは、強度が高く、感度が非常によい点がメリットですが、浮力が高く水に浮きやすい点がデメリットとして挙げられます。

最近では、ハイブリッドPEやウルトラPEと呼ばれているような通常のPEよりも比重の高いPEが発売されています。0.1~0.3号程度を使用します。

ナイロンは、他のラインと比較して圧倒的にライントラブルが少なく操作しやすい点が特徴ですが、感度が悪く浮力が高めである点がデメリットとして挙げられます。

ナイロンはあまりおすすめできませんが、アジングの導入として手軽に釣りを楽しみたい初心者の方にはいいでしょう。

 

ここに記載した通り、各ライン素材や特徴についてある程度知っていただけたかと思いますので、これらを踏まえた上で筆者がおすすめするアジングラインをご紹介していきます。

第1位 KUREHA シーガーR18 フロロリミテッド(フロロカーボンライン)

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2.5lbクレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 2.5lb

フロロカーボンと言えば、クレハ社の「シーガー」と言われるほど信頼の厚いフロロカーボンライン。原料から作り込み、完成までに至る過程を全て一貫して自社で製造するその信頼の一部始終は、強度としなやかさをはじめとして、高感度な性能と耐摩耗性能の高さは初心者からプロのアングラーまでをうならせる一級品です。

フロロカーボンの弱点である巻き癖は、独自のFNT製法という手法によってほぼ解消されており、シーガーのみで十分にアジングを楽しむことができます。

筆者も愛用しているシーガーは、品質が高く長く使用できるラインとしてアジングファンにおすすめしたいNO.1ラインです。

第2位 バリバス  アジングマスター 200M(エステルライン)

モーリス(MORRIS) エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア エステルライン バリバス アジングマスター 200m 0.3号 1.4lb クリア

軽量ジグヘッドを使うにはもってこい、ラインの操作性と感度抜群のアジングのために開発された専用のエステルラインです。

比重1.35とナイロンとフロロカーボンの中間に位置する比重で糸ふけが出にくく、ストレスフリーな点が非常に使いラインです。価格帯も経済的であることから、筆者が信頼しているラインの1つです。

アワセ切れの発生を防ぐために、ドラグの調整が必要なので、アジング入門者よりもアジングに慣れた中級者以上におすすめです。

第3位 モーリス AJING MASTER 150M(フロロカーボンライン)

モーリス(MORRIS) フロロカーボンライン バリバス アジングマスター 150m 0.3号 1.5lb ナチュラル(75m中間マーク付き)フロロカーボンライン バリバス アジングマスター 150m 0.3号 1.5lb

フロロカーボンの特徴を存分に活かすことができるモーリスアジングマスターは、アジング入門者にとって、非常に扱いやすいラインです。

号数は0.3号から0.8号までありラインナップも多様。表層からボトムまで広範囲に攻めることができ、更には感度や強度に操作性のバランスがよい点が最大のメリットと言えます。

入門者でライン選びに迷ったら、まずこのラインを購入しておけば間違いありません。

第4位 ダイワ 月下美人 ライン TYPE-E 200M (エステルライン)

ダイワ(Daiwa) エステルライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-E 200m 2.5lb クリアーダイワ エステルライン アジング メバリング 月下美人 TYPE-E 200m 2.5lb

 

低伸縮で高感度のエステルライン。比重1.38と水に馴染みやすく扱いやすい点が特徴です。

クリアカラーのラインは水中で溶け込み、アジに違和感を与えることなく、よりアタリが取りやすくなっています。

1lbから2.5lb(参考号数で0.2から0.5号)のラインナップです。また購入しやすい価格帯も嬉しく、信頼の1本です。

第5位 DAIWA 月下美人 月の響きⅡ+Si 150M (スーパーPEライン)

ダイワ(Daiwa) PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.4号 7lb ホワイトピンクダイワ PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.4号 7lb

 

遠投して広範囲を探りたいアングラーには絶大な人気を誇る「月下美人 月の響きⅡ+Si」

飛距離と感度に優れているスーパーPEは、通常のPEと比較して比重が高く、更にUVF加工によって、耐摩耗性能の向上と感度も更にアップされています。

ラインは視認性のよいホワイトピンクが採用されていて、ナイトゲームでも高い視認が確保できるように工夫が凝らされています。価格的には高価であるため、長くアジングに没頭したいアングラーにおすすめします。

まとめ

各メーカーより、たくさんの素材のラインが発売されていて、どれがいいのか迷いますが、ここで挙げた5選は、アジングの実践でどれも活躍してきた信頼のアジング専用のラインです。年々、各ライン共にメーカーの努力によってライン性能が飛躍的に向上しており、アジングを快適に楽しめる釣りへと導いてくれています。

中でもフロロカーボンやPEは強度、感度、操作性、比重どれをとっても性能の向上が目覚ましいと言えます。

選ぶラインの素材にもよりますが、それなりに良いものは高額な傾向にあり、懐事情と相談しなければならないことも正直あると思います。しかしその中でも全てがコストに見合ったパフォーマンスを発揮するものであるとも限りません。

出来ることなら、色々試して、自分に最適なラインを見つける事が一番大切です。

ここで挙げたアジングラインは、それぞれの特徴を最大限に発揮してくれるコストパフォーマンスの高いものですので、是非とも一度はお試しください。


細いラインをリールで使うときの注意点とは?

ルアーフィッシングを楽しむ釣り人が増えてきた近年、リールで細いラインの使用が多くなってきています。
その理由は、プレッシャーが高くなったことで魚がスレてしまったことが一つの原因と考えられます。スレた魚を釣るにはより繊細にルアー操作することが必要となり、結果的に細いラインを使うことが効果的なのです。
またメバルやアジといった、小型ルアーの使用を必要とするルアー釣りが多くなってきたことも要因です。

細いラインにはメリットも多いですが、やはり注意して使わないとトラブルばかりで返って釣りにならない…なんてことも。
今回はそんな細いラインをリールで使うときの注意点について解説します。

<タックルの注意点>

●細いラインはスピニングリールが基本

細いラインは、魚に対してライン強度だけで引っ張り合いをすると強度不足であることが多いですので、ドラグがしっかり効くリールを選ぶことが重要です。
このことからも、細いライン=スピニングリールという認識をもっておきましょう。
近年ではベイトリールで細いラインを使用できる、ベイトフィネスも流行っていますが、初心者には設定やキャストが難しいため、あまりおすすめできません。
また、スピニングリールを選ぶときは、最大ドラグ力にも注意しましょう。
最大ドラグ力が小さい方がよりドラグの微調整ができます。
下巻きの調整をあまりせずに済む浅溝スプールのリールが、最大ドラグ力の小さい機種が多いので、選ぶときの参考にしてみてください。

●ドラグ設定は微調整しておく

細いラインを使うときはドラグの設定で魚をキャッチできるかどうかが決まります。
基本的にはラインが切れないようにドラグは緩めの設定にしておきます。
しかし緩めすぎるとフッキングしたときにドラグが滑ってしまい、上手く魚の口にフックが掛かりません。
ラインを通してロッドをしっかり曲げた状態で負荷を掛け、ドラグがジリジリとゆっくり出るくらいに調整してみてください。
また、フッキングがより軽い力でできるように、フックをバーブレス仕様にしてみることもおすすめの方法です。

●ロッドは柔らかいものを使う

細いラインで硬いロッドを使うと、負荷が掛かったときのショックを竿が吸収しきれずラインブレイクしてしまうことがあります。
細いラインを使うときは柔らかいロッドを使いましょう。
どの釣りにおいても細いラインを使うときのロッドパワーは、ウルトラライトからミディアムライトくらいまでのロッドの硬さの選択になると思います。

<釣り最中の注意点>

●キャストはゆっくりと流れるように行う

細いラインは強い衝撃をあたえると、意図せず切れてしまうことがあります。
キャストのときには瞬間的に力を入れるのではなく、流れるようにキャストしたほうがよいでしょう。
瞬間的な力でキャストをするとティップが大きく振れてしまい、そのブレがルアーに伝わると空中でバランスを崩してしまうので、逆に飛距離が伸びません。
また細いラインと組み合わせて使う柔らかいロッドは、ゆっくりと流れるようにキャストしたほうが飛距離を伸ばしやすくなるので試してみてください。

●ファイト時はロッドパワーを十分に使う

細いラインを使用するときは、ロッドパワーを十分に使って魚とファイトするようにしましょう。
ファイトの際に、ラインとロッドの角度を90度にするよう心掛けてみてください。
そうすることでロッドのバット部分のパワーを十分に活かすことができ、細いラインでも魚をキャッチしやすくなります。
角度が90度より大きいとラインに強く負荷が掛かってしまいラインブレイクの可能性があり、逆に小さいとロッドティップに負荷が掛かってしまい破損の危険性があります。

●大きな魚相手ではドラグを緩める

細いラインを使っていて、不意に大きな魚が掛かった時は、あせらずにドラグを緩めてから魚とやりとりしましょう。
フッキングに成功した後はドラグは緩めてもラインテンションを保っておけば簡単にバレたりすることはありません。
もちろん魚をキャッチした後は元の設定に戻しておくことを忘れないようにしておいてください。

<釣行後の注意点>

●細いラインは弱ってきたらすぐ巻き替えする

細いラインは、太い号数のラインに比べ、ヨレや糸癖が付きやすいです。
特にドラグを使ってファイトをしていると、非常に多くヨレが入ります。
また、ちょっとした傷であってもラインブレイクの危険性が高くなりますので、
細いラインは高頻度で巻き替えすることをおすすめします。
せっかくヒットした魚をキャッチするためにも、釣行前にチェックして傷んだラインは使わないようにしましょう。

●ガイドやスプールエッジに傷が入っていないか確認

細いラインだけではありませんが、釣行後にはガイドやスプールエッジに傷が入っていないか確認するようにしましょう。
とくに、ガイドに傷が入っていると簡単にラインは切れてしまいます。
細いラインの使用においてガイドは、ラインに優しく強度のあるSicガイドトルザイトガイドを使うことをおすすめします。

●ドラグワッシャーやラインローラーなどに注油する
細いラインを使うときにはドラグやラインローラーがしっかりと稼働する必要があります。
もしこれらの回転がスムーズではなかったり、止まったりしてしまうと細いラインは簡単に切れてしまいます。
ドラグワッシャーやラインローラーの油が切れていないかは釣行後に確認しておくようにしましょう。
とくにラインローラーに関しては、できれば釣行ごとに注油を行うようにし、最低でも2~3回釣行するごとに注油をするように心掛けてください。

<まとめ>

細いラインを使うときの注意点をおさらいすると、
●スピニングリールを基本的に使う
●ドラグ設定は微調整しておく
●ロッドは柔らかいものを使う
●キャストはゆっくりと流れるように行う
●ファイト時はロッドパワーを十分に使う
●大きな魚相手ではドラグを緩める
●ラインが弱ってきたらすぐ巻き替える
●ガイドやスプールエッジの傷に注意
●ドラグやラインローラーなどに注油する
以上となります。

細いラインを使う釣りは注意点さえ気を付ければ、飛距離が出る為、より広範囲を攻めることができたり、風の影響を受けにくいのでルアーの操作が容易になったりと、多くのメリットがあります。
今回の記事を参考にして、ぜひ細いラインを使った釣りにチャレンジしてみてください。

2016年春、アジングにオススメのラインBest5

勢いよく盛り上がりを見せるアジング業界、私の勤務する釣具店でもコーナーが拡大する一方です。
初心者の方には、トラブルの少ないナイロンラインをオススメしたいのですが、今回はアジのアタリをしっかり感じて釣ってもらいたい!との気持ちで、エステル、フロロ、PEラインの中からおすすめのアジングラインを選ばせてもらいました。

 アジングのライン選びの基本はこちら 
【絶対に釣れるアジング】初心者必見、ライン選びの基本

2016年春、アジングにオススメのラインBest5

第1位:サンライン/鯵の糸(エステルライン)

サンライン(SUNLINE) エステルライン ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号 1.5lbサンライン(SUNLINE) エステルライン ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.3号 1.5lb

昨秋サンラインから発売されたばかり、分かりやすいネーミングが特徴の「鯵の糸」。
視認性、操作性など、使用された方の間ではとても評判が良いです。

エステルラインはナイロンの様なしなやかさを兼ね備えながら、適度な張りもあるのが特徴です。また伸度が低く、感度にも優れています。
240m巻でありながら、良心的な価格設定でコストパフォーマンスがとても高い製品です。

エステルは、吸水性が高く劣化も早いラインです。安価で購入できる製品が多いので、頻度良く巻き替えましょう。

テクニカルに、また積極的にアタリを掛けていく釣りならエステルをおすすめします!

 

第2位:ラパラ/ラピズム-X ウルトラライトPE(PEライン)

RapalaラピズムX 150m/0.2号/7lb/ファンタスティックオレンジ RPZX150M02FORapala(ラパラ) ライン ラピズム・X 150m/0.2号/7lb/ファンタスティックオレンジ RPZX150M02FO

 

超強力ポリエチレンクロスリンクポリマーフッ素加工の2段階コーティングにより真円に近い線断面とされています。

顕微鏡でないと確認出来ないですが0.09号という細さで4ポンドという高い強度の製品です。線径は、他メーカーと比較してみないと分かりませんが、実際に使ってて安心感はあります!

PEラインは直線強力に優れ、他のどのラインよりも伸度が低いため、感度に優れています。ただ、擦れには弱くリーダーを結ぶひと手間が必要です。

プラグやキャロの使用におすすめです。

第3位:Thirty Four /34 ピンキー(エステルライン)

34 (サーティーフォー) ピンキー 200m 0.3号34 ピンキー 200m 0.3号

使用経験がある方、製品名を聞いたことがある方が多いと思います。アジンガーに、とても人気があるラインです。

比重が高く、潮馴染が良いのが特徴で、伸度も少ないので軽量ジグヘッドもテクニカルな操作が可能です。また感度も良いので、アジ独特のアタリも見逃さず、効果はアワセのタイミング察知にも繋がります。

ラインカラーは水中に馴染むと認識されにくく、アングラー側からは視認性に優れたピンク。

第5位:ゴーセン/タイニーFC AJI(フロロカーボン)

ゴーセン(GOSEN) ライン GL114025 タイニーFC AJI 150m 0.25号ゴーセン(GOSEN) ライン GL114025 タイニーFC AJI 150m 0.25号

高強力、高耐久性、高操作性の3拍子揃った高性能なアジング専用フロロカーボンラインの登場です。初期伸度を極限まで抑えることで、ショートバイトも捉えることにつながります。

フロロカーボンラインは、ナイロンやエステルラインに比べて強度が高く、吸水性が低いため劣化が遅いのが特徴です。ライン自体が硬いので、キャスト時や、巻き取りの際のトラブルには注意が必要です。

まとめ

アジングラインにはナイロン、フロロ、エステル、PEと種類があります。万能的に使用するのか、シーンに合わせてラインを変えるのかはアングラーのスタイル次第。

初心者の方は、まずは使用してみてから使いやすい製品を。中級者以上の方は、新製品にも注目してアジングを楽しんでください。

【ダイワ・シマノ】入門~フラグシップモデルまで、アジングにお勧めリールを紹介!

2016年秋、初心者にオススメのアジング用ジグヘッド5選

アジングを一から勉強するなら…
アジング〜基本と応用を詳しく解説するサイト

 

アジングへ行こう!
つりトップ