アジングリール 一覧

アジングにおいて求められるリールの性能その2

繊細でゲーム性の高い釣りが人気のアジングでは、軽いルアーを繊細に扱うタックル性能が必要です。アジングを始めたいと思っている方や、アジング初心者の方は、どんな性能を求めてタックルを選んだらいいのか、分からないことも多いと思います。

今回はアジングに必要なタックルのリールについて、求められる性能と、選ぶ際におさえておきたい注意点について解説します。

アジングにおいて求められるリールの性能その2

スタイルに合わせて選ぶギア比

ギア比はリール選びにおいて重要な要素の一つと言えます。ギア比は主に3種類あり、それぞれ特徴と得意なアジングのスタイルがあります。自分がどのようなスタイルのアジングをするのかで適応するギア比を選んでください。

 

まずは、ハンドル一回転あたりの糸の巻き取り量が少ないローギア(パワーギア)です。このギア比は、ゆっくり安定したリトリーブが得意で、じっくりと攻めたい時や、狙った棚を通し続けたい時などに活躍します。

次はオールラウンダーのノーマルギアです。汎用性が高いので、アジング入門にぴったりのギア比と言えます。

最後に、同じハンドル一回転で多くの糸を巻き取ることができるハイギア。キャロなどを使った遠投のアジングや、ダートなどのアクションを多用するアジングを手返し良く釣るのに適しているギア比です。

魚とのやり取りという観点でもギア比に注目してみましょう。

ギア比がローギアの場合、アジをヒットさせたとき、巻き取りがゆっくりなのでアジとのファイトを十分に堪能することができます。また口切れなどのバラシが軽減される為、トラブルなく一匹一匹アジの引きを味わうにはローギアがお勧めです。

逆にハイギアの場合では、一気に巻き取る事が出来るので、アジに主導権を渡さずにアングラーがリードして釣りあげることができます。質より量、数多くのアジを釣りたい方にお勧めなギア比と言えます。

ドラグ性能

リールにはある程度の負荷がかかると自動的にラインを出して、ラインに直接負荷がかからないようにするドラグという機能が備わっています。このドラグ機能がアジングにおいて非常に重要です。ドラグが重要視される理由は大きく2つあります。

 

一つ目はアジは口が非常に柔らかい魚であるという特徴です。そのため急激な力がかかると口切れしてバレしまうのです。その口切れを防ぐのに効果的なのが、力を逃がすドラグ機能です。

二つ目は、昨今のアジングで人気のライン、エステルラインの普及があげられます。エステルラインは感度が抜群な反面、伸縮性が低く瞬間的な力に弱いのです。アジの急な走りに耐えられずラインブレイクしてしまうこともあります。そこでドラグが重要視されるのです。

ドラグ機能は様々な値段のリールに備わっていますが、低価格帯のリールは滑らかに糸が出難かったりとやはりそれなりです。できれば一万円程度以上のリールをおすすめします。ある程度のドラグ機能を備えているリールは、ドラグからのラインの滑り出しがよりスムーズで、上手な負荷軽減を図れると思います。

アジングにおいて求められるリールの性能その1 もあわせて参考にしてください。

 


アジングにおいて求められるリールの性能とは

繊細でゲーム性の高い釣りが人気のアジングでは、軽いルアーを繊細に扱うタックル性能が必要です。アジングを始めたいと思っている方や、アジング初心者の方は、どんな性能を求めてタックルを選んだらいいのか、分からないことも多いと思います。

今回はアジングに必要なタックルのリールについて、求められる性能と、選ぶ際におさえておきたい注意点について解説します。

アジングにおいて求められるリールの性能

 

リールの重量とロッドバランス

まずアジングリール選びで重要なのは、リール自体の総重量アジングロッドとのバランスです。
アジングロッドは微妙なアタリを捉えるために非常に軽く、高感度設計で作られています。
そこに重量のあるリールを装着して使用すると、せっかく軽量ロッドを使用しても、重心がズレて感度を低下させてしまいます。

重心がズレると言う事は、さらにキャストもしづらくなってしまいます。
軽量のジグを多用するアジングではロッドのティップのしなりを利用してキャストしますが、リールが重たいと、ロッドを握っている手の部分に重心が多くかかり、ティップまで上手く力が伝わらないのです

では、どのくらいの重量であればアジングロッドとのバランスが取り易いのかと言うと、1000番クラスなら、200gを切るリール、2000番クラスなら250gを切るものをおすすめします。

ダイワ セオリー2004ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2004 (2000サイズ)

おすすめのリールの番手サイズと特徴

次に注目するのはリールの番手サイズですが、通常アジングでは1000番~2000番の小型スピニングリールを使用します。
まず軽さについては前述の通り、ロッドとのバランスをとるためです。

次に、使用するラインの細さです。アジングでは極細のラインを使用します。
例えば0.3号ラインを100m巻けるスペックを持つ番手が、1000番~2000番クラスとなるのです。
ラインの巻き取り量で注目してもらいたいのが、シャロースプールのリールを選択した方がいいということです。
シャロースプールのものはダイワでは、2004のように下一桁に数字があります。最後の数字は4lbラインが100mと糸巻き量を表すもので、1003だと、3lbが100mということになります。
シマノでは2000Sと表記され、Sはシャロースプールの意味を表します。

1000番クラスの特徴として、スプール口径が小さいのでキャスト時の飛距離が出るというメリットがあげられます
通常キャスト時、ラインはスプールからループ状になって出ていきます。その際、スプール口径が小さいと、ループの直径も小さくなるため、空気抵抗やロッドのガイドへの干渉も小さくて済み、結果的に飛距離が伸びるのです。

シマノ ソアレBB C2000PGSSシマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

リールが軽ければより有利にアジングを楽しめると言われていますが、1000番クラスの軽量リールはダイワもシマノも、価格設定が少し高めのモデルが多いのが悩ましい所ですね。

2000番クラスは、1000番に比べてラインを巻きとるのが多いので、早い展開の釣りに向いていると言えます。
更にパワーも1000番よりあるので不意の大物にも対処でき、また他の釣りに流用することができます。

ダイワ、シマノからも多くの2000番クラスの浅溝スプールモデルが出ているので、入門~上級者向けまで幅広い選択が可能です。

今回の記事をぜひアジングリールを選ぶ際の参考にしてみてください。


細いラインをリールで使うときの注意点とは?

ルアーフィッシングを楽しむ釣り人が増えてきた近年、リールで細いラインの使用が多くなってきています。
その理由は、プレッシャーが高くなったことで魚がスレてしまったことが一つの原因と考えられます。スレた魚を釣るにはより繊細にルアー操作することが必要となり、結果的に細いラインを使うことが効果的なのです。
またメバルやアジといった、小型ルアーの使用を必要とするルアー釣りが多くなってきたことも要因です。

細いラインにはメリットも多いですが、やはり注意して使わないとトラブルばかりで返って釣りにならない…なんてことも。
今回はそんな細いラインをリールで使うときの注意点について解説します。

<タックルの注意点>

●細いラインはスピニングリールが基本

細いラインは、魚に対してライン強度だけで引っ張り合いをすると強度不足であることが多いですので、ドラグがしっかり効くリールを選ぶことが重要です。
このことからも、細いライン=スピニングリールという認識をもっておきましょう。
近年ではベイトリールで細いラインを使用できる、ベイトフィネスも流行っていますが、初心者には設定やキャストが難しいため、あまりおすすめできません。
また、スピニングリールを選ぶときは、最大ドラグ力にも注意しましょう。
最大ドラグ力が小さい方がよりドラグの微調整ができます。
下巻きの調整をあまりせずに済む浅溝スプールのリールが、最大ドラグ力の小さい機種が多いので、選ぶときの参考にしてみてください。

●ドラグ設定は微調整しておく

細いラインを使うときはドラグの設定で魚をキャッチできるかどうかが決まります。
基本的にはラインが切れないようにドラグは緩めの設定にしておきます。
しかし緩めすぎるとフッキングしたときにドラグが滑ってしまい、上手く魚の口にフックが掛かりません。
ラインを通してロッドをしっかり曲げた状態で負荷を掛け、ドラグがジリジリとゆっくり出るくらいに調整してみてください。
また、フッキングがより軽い力でできるように、フックをバーブレス仕様にしてみることもおすすめの方法です。

●ロッドは柔らかいものを使う

細いラインで硬いロッドを使うと、負荷が掛かったときのショックを竿が吸収しきれずラインブレイクしてしまうことがあります。
細いラインを使うときは柔らかいロッドを使いましょう。
どの釣りにおいても細いラインを使うときのロッドパワーは、ウルトラライトからミディアムライトくらいまでのロッドの硬さの選択になると思います。

<釣り最中の注意点>

●キャストはゆっくりと流れるように行う

細いラインは強い衝撃をあたえると、意図せず切れてしまうことがあります。
キャストのときには瞬間的に力を入れるのではなく、流れるようにキャストしたほうがよいでしょう。
瞬間的な力でキャストをするとティップが大きく振れてしまい、そのブレがルアーに伝わると空中でバランスを崩してしまうので、逆に飛距離が伸びません。
また細いラインと組み合わせて使う柔らかいロッドは、ゆっくりと流れるようにキャストしたほうが飛距離を伸ばしやすくなるので試してみてください。

●ファイト時はロッドパワーを十分に使う

細いラインを使用するときは、ロッドパワーを十分に使って魚とファイトするようにしましょう。
ファイトの際に、ラインとロッドの角度を90度にするよう心掛けてみてください。
そうすることでロッドのバット部分のパワーを十分に活かすことができ、細いラインでも魚をキャッチしやすくなります。
角度が90度より大きいとラインに強く負荷が掛かってしまいラインブレイクの可能性があり、逆に小さいとロッドティップに負荷が掛かってしまい破損の危険性があります。

●大きな魚相手ではドラグを緩める

細いラインを使っていて、不意に大きな魚が掛かった時は、あせらずにドラグを緩めてから魚とやりとりしましょう。
フッキングに成功した後はドラグは緩めてもラインテンションを保っておけば簡単にバレたりすることはありません。
もちろん魚をキャッチした後は元の設定に戻しておくことを忘れないようにしておいてください。

<釣行後の注意点>

●細いラインは弱ってきたらすぐ巻き替えする

細いラインは、太い号数のラインに比べ、ヨレや糸癖が付きやすいです。
特にドラグを使ってファイトをしていると、非常に多くヨレが入ります。
また、ちょっとした傷であってもラインブレイクの危険性が高くなりますので、
細いラインは高頻度で巻き替えすることをおすすめします。
せっかくヒットした魚をキャッチするためにも、釣行前にチェックして傷んだラインは使わないようにしましょう。

●ガイドやスプールエッジに傷が入っていないか確認

細いラインだけではありませんが、釣行後にはガイドやスプールエッジに傷が入っていないか確認するようにしましょう。
とくに、ガイドに傷が入っていると簡単にラインは切れてしまいます。
細いラインの使用においてガイドは、ラインに優しく強度のあるSicガイドトルザイトガイドを使うことをおすすめします。

●ドラグワッシャーやラインローラーなどに注油する
細いラインを使うときにはドラグやラインローラーがしっかりと稼働する必要があります。
もしこれらの回転がスムーズではなかったり、止まったりしてしまうと細いラインは簡単に切れてしまいます。
ドラグワッシャーやラインローラーの油が切れていないかは釣行後に確認しておくようにしましょう。
とくにラインローラーに関しては、できれば釣行ごとに注油を行うようにし、最低でも2~3回釣行するごとに注油をするように心掛けてください。

<まとめ>

細いラインを使うときの注意点をおさらいすると、
●スピニングリールを基本的に使う
●ドラグ設定は微調整しておく
●ロッドは柔らかいものを使う
●キャストはゆっくりと流れるように行う
●ファイト時はロッドパワーを十分に使う
●大きな魚相手ではドラグを緩める
●ラインが弱ってきたらすぐ巻き替える
●ガイドやスプールエッジの傷に注意
●ドラグやラインローラーなどに注油する
以上となります。

細いラインを使う釣りは注意点さえ気を付ければ、飛距離が出る為、より広範囲を攻めることができたり、風の影響を受けにくいのでルアーの操作が容易になったりと、多くのメリットがあります。
今回の記事を参考にして、ぜひ細いラインを使った釣りにチャレンジしてみてください。