エギングリール 一覧

【2019発売】エギングリール新製品を紹介!初心者におすすめの1台は?

初心者や入門者の方がエギングに選ぶスピニングリールの要素は様々です。エギングに対応できる機能なのはもちろん、価格やデザイン性なども重要視されています。新製品のリールは機能面やデザイン性でバージョンアップが確実です。さらに近年ではコストパフォーマンスが高い印象があります。

エギングリールを選ぶ際には新製品のチェックは必須です!

【2019発売】エギングリール新製品を紹介!初心者におすすめの1台は?

エギングリールはメーカー製品を選ぼう

まず初めにエギングリールはメーカー品を選ぶことをおすすめします。エギングはエギをシャクリ続ける釣りです。もちろんリール自体の強さなど信頼性もメーカー品を選んでほしい理由のひとつですが、一番は保証だと言えます。

イカとのファイトよりハードとも言える使用動作は、故障の原因にもなりえます。メーカー品は多少価格が高くてもアフター対応があるので安心です。

ダイワ エメラルダス LT

ダイワのエギングブランドとして名高いエメラルダスシリーズにコストパフォーマンスに優れる新機種が登場しました。

メーカー希望本体価格が17500円から18000円と低価格設定ですが、搭載されている機能はハイモデル機種さながらと言えます。

 

 

最近、新基準として新製品リールに表記されている「LT]LIGHT TOUGHの略で、読んで字のごとく軽くて強いというのがコンセプトです。

ボディ、スプール、ハンドルといった細部まで軽量化にこだわり、ギアやボディのマテリアルをより強固なもに進化させています。

すっかり定着したマグシールドも、もちろん搭載。ダイワ製品を選ぶ上では基準にしてほしい防水機能です。

マグシールドとは、ボディーとローターの隙間に磁性をもつオイルの壁を作ることで、海水や埃などの侵入を防ぐバリア機能のことです。回転性能を長期間に渡って持続することができ、異物の侵入による異音や潮ガミによる錆びなどを高いレベルで防ぐことがでます。

ATD・オートマチックドラグシステム搭載。
従来の「糸切れ防止装置」としてのドラグ機能だけではなく、滑らかに滑り出しとファイト中の引きにオート追従しながら効き続けるという新しいコンセプトのドラグです。ドラグ調整が減り、ラインブレイクを防ぎながら速く獲り込むことができます。

エギングにも特化したドラグ機能と言え、選ぶ際に知っておきたい機能です。

 

 

軽くて強い、エギングで重要視されるドラグ機能も兼ね備え、かつアフターにも心強い。この機能さえ搭載されていれば、という最低限のハイスペックリールと言え、値段も両親的!

まさに初心者、入門者におすすめの1台です。

 

 

シマノ セフィア SS

エギング専用機種としてはミドルクラスのセフィアSSですが、前モデルの性能はそのままに防水性能の向上や新しいドラグ機能、またエギングに欠かせないシャクリやフォール&ステイ時の安定性が改善されています。

追加新機能として、まず挙げられるのがコアプロテクトという防水機能です。

撥水処理による水玉状形成効果により、微細な隙間があっても水の浸入を抑制することができ、回転抵抗を増すことなく防水効果をアップしています。非接触のため、摩耗がなく効果が継続するのも特徴です。

また、メインシャフトとスプール内のベアリング2点でスプールを支持する、リジッドサポートドラグもモデル新搭載

スプールのグラツキを抑え、安心してやりとりができるスムーズなラインの送り出しが可能です。

最後にGフリーボディの採用です。

リールの重心を手元に近づけることで、ロッドとの一体感が向上。軽快なシャクリと、フォールやステイ時のロッドの安定感をサポートします。

金属を高圧でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げた高強度で滑らかな巻きごこちを実現したHAGANEギアや、左右非対称のローター構造を採用し、ラインローラー、ベール、ローターの最適配置を行い回転の軽さがを向上させたマグナムライトローターなどは、前作同様搭載されている機能です。

 

1台を長く使い続けたい初心者や入門者にはもちろん、中級者や上級者にもおすすめできるミドルクラスエギングリールです。

 

 

AbuGarcia SUPERIOR (アブ・ガルシア スーペリア)

初心者の方でまずアブのスピニングリールが思い浮かぶ方は少ないと思いますが、信頼あるブランドとして歴史があります。またソルト対応機種も多くFW同様にファンの多いメーカーです。

 

紹介するスーペリアは、価格設定が1万円前後とリーズナブルなのが魅力の新製品です。SW、FWでの様々なシーンに対応できる多機種シリーズですが、エギング対応の2500、3000番にはハイギアモデルもあります。

またタフなDuraMetalワンピースボディーや、Salt shieldボールベアリング搭載で耐久性などはクラスとして申し分ないスペックです。自重は若干ありますが、価格を考えれば妥協してもいいレベルだと思います。

 

 

まとめ

エギングはリールは毎年のように新製品が発売されます。新製品は機能もコスパも優れていますので、初心者や入門者の方がエギング専用機種を選ぶ際のひとつの基準なると思います。予算に応じた価格帯の新製品があればぜひチェックしてみましょう。


エギングリールのドラグ設定の基本

エギング経験者で、「ドラグ」というリールの機能は知っているけど、そのドラグがどんな役割を果たすのか、どのような調整をしたらいいのか、また初めて釣りをする人は、ドラグ自体が何か知らない方が多いのではないかと思います。

エギングリールのドラグ設定の基本

 

そもそもドラグとは何なのか?

そこでまず、エギングを前提として「ドラグ」とは何かについて触れておきたいと思います。

ヒットしたイカとのやり取りの際にリールを巻きますが、その際にイカとの引き合いがラインの引っ張り強度を上回ってしまったとき、ライン(道糸)が切れてしまう事があります。そこで、イカが走る引きの強さで不意のライン切れを防ぐ為に、機能するのがドラグです。

ラインに力が加わるとリールのスプールが回転して、ラインを送り出します。その機能の事を「ドラグ」と言い、またドラグによるラインの送り出しによって、ロッド(竿)への負荷の低減にも繋がっています。

ドラグは、エギングにとって重要な機能になりますので、以下で説明します。

エギング・リールのドラグ設定はどうして必要なのか?

ここでは、ドラグ設定の必要性について触れたいと思います。先にドラグとは何かで少し触れましたが、ラインへの負荷の低減、並びにライン切れを防ぐ事のほかにいくつかの必要性を解説します。

●イカのフッキング(イカの足に針をかける事)において、足切れを防ぐ事。

イカは触手でエギを触った後に、エギを抱きます。エギを抱いた時にロッドを引き上げてフッキング(アワセとも言います)を行いますが、この時にドラグを締めた状態でロッドを引き上げてしまうと、力が直接フッキング(針がかり)にかかってしまい、イカの柔らかい足がその衝撃で切れてしまう場合があります。

足切れを防ぐ為には、適切なドラグの設定が必要となります。

●主に春に出現する2kg~3kg級のアオリイカとのやりとり

大型のイカはジェット噴射による引く力が非常に強く、引き寄せる為にはイカに負荷をかけ弱らせるためのドラグ設定が必要です。体力を徐々に奪いながら引き寄せる為には、ラインの送り出しがやり取りのコツとなります。

ここで挙げた2つと先述したライン切れの防止、あわせて3つのポイントがドラグ設定の必要性です。

エギング・リールのドラグ基本設定

ドラグの設定はライン強度の3分の1から4分の1が基準と言われています。この基準はロッドが曲がった時に、竿のガイドそれぞれからラインに負荷がかかる事を考慮して算出されているようです。そこでドラグ基本設定の考え方として、上記を基本とします。

例えば、エギングで使用するPEラインの強度が11lb(約4.95kg)の場合、約4.95kgの3分の1である約1.65kg~4分の1である約1.23kgがドラグの基本設定値となります。

PEラインの強度は、使用する号数や各社のメーカーにより違いがある為、PEラインの号数やメーカーを変更をした場合は、その都度ドラグの設定も併せて変更する必要があります。

次に求めた設定値を元にして、ドラグを調整していきます。

ドラグ設定したい強度のオモリを用意します。オモリが無い場合は、オモリの代わりにペットボトルにドラグ設定強度分の水を入れて、ビニール袋に入れる事で代用できます

ここまで用意ができたら、ロッドにリールをセットし、PEラインを通してから用意したオモリに結びます。そして、オモリが上がるか上がらないかの瀬戸際でドラグノブを回して設定します。

一般的に使用するスピニングリールでは、ドラグはつまみを右に回すと締まり、左に回すと緩むようになっています。

また、ドラグチェッカーというドラグ設定を数値化するアイテムも販売されています。このドラグチェッカーを用意しても構いませんが、約7000円~10000円程度と少し価格が高めです。

ここまで記載したことは、ライン強度から算出した基準値を元に設定したドラグ強度ですが、実際の釣り場においては、引きの強い大きいイカ、引きの弱い小さいイカと、かかるイカは様々である為、手っ取り早い、経験上での実践型ドラグ調整を紹介します。

ロッドにリールをセットし、ラインを通してエギを装着します。その後、海に向かって遠投し、エギが海底に着底したらロッドをシャクリ上げます。その時にドラグが「ジリッ」と少し鳴る程度までツマミを締めるか、またはドラグが緩めの状態で繰り返して締めて調整します。「ジリッ」と鳴るところまで調整ができたら、最後に気持ち少しだけツマミを締めます。これで調整は完了です。

ちなみに、ツマミを緩め過ぎてしまうとシャクリを入れた時に、ラインが必要以上に送り出されてしまい、エギを動かし難くなります。緩め過ぎず調整することで、エギがしっかりアクションするラインテンションをかける事ができます。

まとめ

エギングは、絶妙なドラグ調整が釣果を左右すると言っても過言ではありません。とは言うものの、ドラグの機能や調整の必要性をしっかり理解されて釣りをされている方が少ないのも事実です。

ドラグ調整はエギングでの釣りにおいて腕の見せ所であり、絶妙なドラグ調整ができるようになると、エギングがさらに深く、また面白くなると思います。

ドラグ性能はリールによってもラインの出方や、ラインの止まり方が変わります。初心者の方はエギングに慣れるまで比較的安価なリールでも構いませんが、エギングの経験を積み、ドラグ調整が釣り場でできるようになれば、ドラグ性能の良いリールを使用する事をお勧めします。