カゴ釣り 一覧

【カゴ釣り用タックル】ダイワ ウィンドキャスト リールの特徴を教えて!

数あるカゴ釣り専用リールの中でも、価格帯が中堅クラスで機能も充実の人気シリーズ、ダイワ・ウィンドキャストが新たな機能を搭載して2017年に生まれ変わって新登場しました。

今回は、初心者や入門者の方にもおすすめの、進化を遂げたウィンドキャストについて解説します。

【カゴ釣り用タックル】ダイワ ウィンドキャスト リールの特徴を教えて!

マグシールド搭載、カゴ・磯遠投リールのスタンダードモデル

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ウインドキャスト 4000QDダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ウインドキャスト 4000QD

カゴ釣り用スタンダードモデルのウィンドキャスト。初心者の方や入門者の方にも人気のシリーズです。今回、ダイワが誇るテクノロジー、マグシールドを新たに搭載し、防水、耐久性が向上しました。

以下にNEWウィンドキャストの代表的な機能を解説します。

● マグシールド

マグシールドはローターとボディとの隙間にマグオイルと呼ばれる磁性を持つオイルで膜を作ることで、リール内部への水や塵を遮断するダイワ独自の防水・耐久テクノロジーです。

 

: DAIWA Website

 

パッキンなどを使用した防水システムと比べ、マグオイルは液状のためローターとボディとの摩擦係数を激減させることができ、驚くほど軽やかな回転をもたらします。

カゴ釣りなど、ハードな使用環境でも、初期の滑らかな回転性能が持続するのが特徴です。

 

今や、リールにマグシール機能が搭載されているかいないかで、機種を選ぶ基準になるほど注目の機能となります。

● エアローター

: DAIWA Website

 

リールの自重軽減に大きく貢献するエアローター。マグシールド搭載で可能となった、従来のローター部分の余計な贅肉を削ぎ、大幅な軽量化を実現。

さらに最適リム構造により負荷を分散させることで、従来と同等の強度は保ったままです。
ローターバランスも向上し、遠投の際の仕掛け回収の効率アップにも繋がります。

 

● クイックドラグ(4000QD・6000QDのみ搭載)

ドラグノブを、約1回転するだけでドラグを瞬時に緩める、締めるが可能な機能です。

例えば遠投後に置き竿でアタリを待つ際、ドラグを締めていると竿やリールが水中に引き込まれてしまう危険性があります。

逆にドラグを緩めておくと掛かった際にやり取りまでにドラグを締め直す調整に時間がかかり、アワセが遅れてバラしてしまうことも。

クイックドラグは、魚が掛かるまではドラグを緩め、掛かった後は迅速にドラグを締めることができるとても便利な機能です。

 

デジギヤⅡ

画像

ダイワ独自のデジタル設計技術。デジタル解析によって導き出された理想的なギヤ歯面を実現するために、高精度のマシンカット技術を採用し、鍛造ギヤーの数倍以上の歯面精度を実現しました。

: DAIWA Website

糸落ち防止機構

ラインがスプールから落ちてスプールとローターの間に挟まるトラブルを防止するため、ラインガード摺動式の糸落ち防止機構を搭載。

その他にも、ボディ、ローター部の素材にはDS4(ファイバー強化特殊プラスチック)を採用。

またキャスト時にベールをオープンにするとローター回転がロックされ、キャスト中の不意のベール反転を防止する、キャストロックマニュアルリターン(ベールは手動で返すマニュアルリターン方式)で、カゴ釣りに最適な機能となっている。

まとめ

新製品として生まれ変わったウィンドキャストは、ダイワの誇るテクノロジーが満載です。とくにマグシールドが搭載されたことで、回転性能と持続は格段にアップしたと言えます。

また機能は向上したにも関わらず、価格帯はそのままで、コストパフォーマンスにも優れた製品になりました。カゴ釣り用のリール購入の際に迷ったら記事を参考にして検討してみてください。

↓つりトップおすすめ カゴ釣り関連記事↓

【カゴ釣り用タックル】シマノ ブルズアイリールの特徴を教えて!

カゴ釣り用リールの特徴&オススメのリール3選


【カゴ釣り用タックル】シマノ ブルズアイリールの特徴を教えて!

アジや、真鯛、青物など、釣って面白い、食べて美味しい魚が狙えるのがカゴ釣りの魅力です。
カゴ釣りで重要となるのが、遠投性能を上げるのに関わる竿とリールです。
これからカゴ釣りを始めようと考えている初心者の方、また購入する竿やリールの機種を迷っている入門者の方に、おすすめのリールを紹介します。

【カゴ釣り用タックル】シマノ ブルズアイリールの特徴を教えて!

遠投カゴ釣り用リールに求められる性能とは

カゴ釣りは、アジやイサキなど比較的に中型の対象魚でも遠投して狙う事が前提の釣りです。
時には大きなカゴにコマセを入れたりと使用する仕掛け全体が、遠投が効くように自重があります。

その為、一日中仕掛けを遠投し回収を繰り返しても、故障やトラブルの起こらない耐久性と、真鯛や青物とのやり取りにも負けないパワーが必要です。必然的にリールのボディサイズも大型になります。

また、遠投カゴ釣り専用のリールは、スプール径が大きく、ローギアの製品が多いのも特徴です

重たい仕掛けを沖から回収する際、ハイギア仕様のリールでは腕に負担が掛かってしまうのです。ギヤ比が低いカゴ釣り専用リールは、疲労軽減につながります。

スプール径が大きいことによるメリットは、自重のある仕掛けを遠投する際、瞬間的に放出されるラインをスムーズに送り出すのに効果的なことです。

シマノ カゴ釣り専用機種 ブルズアイの特徴

● アジ、サバ、イサキ、グレ、真鯛など道糸8号までを中心に使用して狙う釣りにはコンパクトな5050・5080がおすすめ

シマノ リール 14 ブルズアイ 5050シマノ ブルズアイ5050

 

5050・5080番は基本的なパワーと剛性を兼ね備え、手返しやリール本体のコンパクト化に注視したリールサイズです。

アジやサバ、イサキなどをカゴ釣りで狙う場合は、魚とのやりとりにリール性能を重視するよりも、仕掛けの回収や、魚が釣れた時の手返しの良さを優先します。

ボディとローター部には、強くて軽量なカーボン素材「CI4+」を採用し、とにかく軽量なのも特徴です。

CI4+とは?

従来の軽量カーボン素材CI4に、さらに剛性と耐久性をプラスし進化した素材です。シマノ社の代表的なカーボン素材。

●ブリやヒラマサなど大型の青物を、道糸10号以上を中心に使用して狙う釣りには9100・9120

シマノ リール 14 ブルズアイ 9120

シマノ ブルズアイ9120

 

大型青物とのやりとりの最中、リールを巻く釣り人側の力と魚の重さが、竿を介してリールに加わります。

両方のパワーを、安定してしっかり受け止められる本体の剛性が必要です。

9100・9120番は「HAGANEボディ」を採用し、青物の強烈な引きをしっかりと受け止めます。

シリーズ全機種にドラグが搭載されており、不意の大物でもやりとりに安心感があります。

またギヤ比3.5と、さらにローギア仕様なので、釣り人側の負担を軽減し、巻き上げも軽くパワー負けしない仕様になっています。

HAGANEボディとは?

軽量で剛性の高いアルミニウムやマグネシウムなどの金属を使うことで、たわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制しギアの噛み合わせをアシストします。

ブルズアイに搭載されている機能を紹介

・HAGANEギア(ハガネギア)

金属の塊を約200トンの圧力でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げる。
精密冷間鍛造と言われる独自の技術が、硬く、粘り強くギアを生み、なめらかな巻きごこちを可能にする。

・X-SHIP(エックスシップ)

ドライブギアの大径化、ピニオンギアの両ギアを最適配置し、ピニオンギアのベアリングによる2点サポートに。
頑強なギアの組み合わせで、負荷にも強く、快適な巻き心地を保持する。

・PARALLEL BODY(パラレルボディ)

キャスト時に道糸が竿を叩きにくくなるよう、竿とリールの位置関係はそのままに、スプールの中心線とロッドを平行にすることで、
スムーズなライン放出が可能になり、飛距離アップにつながります。

・A-RC SPOOL(AR-Cスプール)

「トラブルなく飛距離をのばす」という目的のため、シマノ独自の加工技術で軽量化を施したスプール。
スプールリングの特殊な形状による「ライン整流効果」で、ライン放出がベストな状態に整えられます。

・A-RB
業界初の表面改質により、不動態層を形成。錆を寄せつけないベアリングを実現したのがA-RBです。

・ONE PIECE BAIL(ワンピースベール)

冷間鍛造テクノロジーで、極めて硬く傷つきにくい強度を実現した一体成型の極細形状ベール。段差のない構造により、ラインが引っ掛かるなどのトラブルを克服しました。

まとめ

ブルズアイは対象魚に応じて選べる2サイズです。軽量で手返し重視の5000番クラス、大物狙いにはパワーと巻き上げ性能の高い9000番を。初心者や入門者の方、もちろんカゴ釣り中級者以上の方にもおすすめできるシリーズです。

↓つりトップ おすすめカゴ釣り関連記事↓

カゴ釣り用リールの特徴&オススメのリール3選

カゴ釣りのカゴ選び、使い分けを教えて

 


《釣りの疑問》アジはサビキで釣れるのに、わざわざサシエを使う人がいるのはなぜ?

釣り初心者にとって、サビキで簡単に釣ることのできるアジを、わざわざサシエを使ってカゴ仕掛けで狙う人がいるのは不思議ですよね?
その疑問に、お答えします!

《釣りの疑問》アジはサビキで釣れるのに、わざわざサシエを使う人がいるのはなぜ?

カゴ釣り

「アジはサビキで釣るものだ」と思っている方が、釣り初心者の中には特に多いようです。 サシエを使わずにマキエだけで簡単にアジが釣れるサビキ釣りがあるのに、不思議なことですよね?
しかしそれには、大きな理由があります。

それは、エサ釣りで狙う方が大きなアジが出る確率が高いからです。

サビキ釣りで釣れるのはほとんどが小アジで、中型以上のアジが釣れることがあまりありません。 そのため、エサ釣りでアジを狙う方がいれば、型狙いだと思っていただいてよいでしょう。
それに加えて、エサ釣りにはうれしい特典(?)があります。

それは、アジ以外の魅力的な魚が釣れる確率が高いことです。

エサ釣りにはアジ以外にもマダイ、チヌ(クロダイ)、グレなど、引きが強くて美味しい大型魚がヒットする可能性があります。 サビキでは残念なことに、そのような大型魚が釣れることが滅多にありません。
大型魚を釣りたいと思ったら、エサ釣りも覚えておきましょう!
カゴ釣りを覚えたいなら
遠投カゴ釣りでアジやチヌを釣ろう!

エサ釣りを覚えよう!
つりトップ


《釣りの仕掛け》遠投カゴ釣りで大型マダイを釣ろう!

遠投カゴ仕掛け(対大型マダイ)

マダイ遠投カゴ

糸と金具を結ぶ、ユニノットの結び方

ウキ止めの結び方

マダイ、青物など
時期 春、秋がメイン
場所 堤防、磯
エサ ツケエ:オキアミ/マキエ:オキアミ、ボイル、集魚剤など

遠投カゴ仕掛けの釣り方

  1. カゴにマキエを詰めて、沖に投入します。
  2. 仕掛けを投げるコツは、カゴの重さを利用し、遠心力を効かせることです。力任せに投げないようにしましょう。
  3. 仕掛けが着水したら、ウキにウキ止めが接するまで糸を送り出します。
  4. ウキにウキ止めが接したらベールを起こしてハンドルを巻いて、糸フケを取ります。
  5. 大きく竿をあおって、下カゴに入っているマキエを放出します。
  6. 竿を下げて、魚のアタリを待ちます

アタリが無い場合は、仕掛けを回収して、1から繰り返します。なお、釣れていなくても5分以上放って置かずに、仕掛けを必ず回収して仕掛けを打ち返しましょう。マキエを続けることで、魚が集まるので手を休めずに続けましょう。

カゴの選び方

SANNA(サンナー) B-005 ステンカゴ 底荒目スミレ(下天秤付)バラ 大 181547

網目の大きなステンカゴは、オキアミやボイルの使用に適しています。網目が大きいので、カゴが沈みながら、ボイルを放出します。そのため、マキエに反応したマダイが浮き上がるので、タナが浅くなる傾向があります。

UMEZU(ウメズ) 遠投レッドカーゴ 12号鉛内蔵 3489F

狙いのタナにだけマキエを効かせたいのであれば、カプセルタイプの使用をオススメします。カプセルタイプは飛距離が出るし、回収時の抵抗が少なくて楽などのメリットがあります。

いかがでしたか?大型マダイに特化した仕掛けなのでかなりの太仕掛けですが、中型までのマダイやチヌ、アジを狙う方は下記サイトを参照下さい。
遠投カゴ釣りで、アジやチヌを釣ろう!

大きなマダイを釣ろう!

つりトップ


《カゴ釣りのライン》ナイロンとPE、どちらがよいですか?

遠投が必要な場面が多いカゴ釣り。飛距離アップに重要なキーポイントとなるのが、リールに巻く道糸です。カゴ釣りで主に使用される代表的なラインである、ナイロンとPEラインのそれぞれの特性を説明します。

遠投カゴ釣り、ナイロンとPEどちらがよいですか?

ナイロンライン

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン 遠投カゴ 200m レモン 4号ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン 遠投カゴ 200m レモン 4号

 

● ナイロンラインのメリット

PEラインに比べるとライン径が太く張りがあるので、穂先に絡むトラブルが少ないです。またライン自体に伸縮性があるので、大きな魚がヒットしても、道糸全体がクッションとなり、バラシ軽減につながります。

視認性の良いカラーがバリエーション多く販売されているので、潮流の早いポイントでのラインメンディング(道糸修正)や、ナイターのカゴ釣りでもよく見えて扱いやすいです。

価格もPEラインに比べると安価で購入でき、頻度良く巻替えすることで強度を補うことができます。

● ナイロンラインのデメリット

デメリットと言えば、やはり飛距離と強度の低下です。その原因はやはり糸の太さにあります。ナイロンラインでPEラインと同等の強度を求めたら、線径が太くなってしまうのです。

また糸の性質上、吸水性の高いナイロンラインは劣化が早いことから、使用回数に関わらず、定期的な巻替えが必要となります

リールの適合糸巻き容量も必要になり、必然的にリールサイズが大きくなってしまうことも挙げられます。

釣具屋スタッフG、一押しのナイロン道糸
サンライン 遠投K.B 《カゴブッコミ》
「P-Ion」搭載によりコーティング寿命が大幅アップ!太い号数を使っても糸よれがしにくい柔らかめになってます。遠投しても見やすい蛍光オレンジカラーです。

PEライン

LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 遠投カゴ釣り PE X8 3号 L0230ALINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 遠投カゴ釣り PE X8 3号 L0230A

 

● PEラインのメリット

カゴ釣りの魅力のひとつとも言えるのが、遠くに仕掛けを投入できる飛距離です。

PEラインは、ナイロンラインに比べて強度が高く、その分細糸を使用できるので、飛距離が出せます。また伸びがないので感度がよく、深い水深でのアタリが明確に出るのも特徴です。

糸よれによるトラブルも少なく、キャスト時のガイドの糸抜けは抜群です。スムーズに糸が放出されて気持ち良く飛距離が出ます。

またPEライン専用のコーティングスプレーが多く販売されており、釣行後のメンテナンスをしっかり行えば長期間の使用も可能です。メーター毎にマーキングされている製品が多く、潮流の速さ把握やカウントにも役立ちます。

●PEラインのデメリット

デメリットは、素材の性質上、絡むと解き難いことです。そのため、ライントラブルには十分注意が必要となります。

風が強い時、穂先に余計な糸のタワミがあると、すぐにガイドに絡みます。夜釣りなどでは気付かずにそのままリールを巻き、穂先が折れてしまうこともありますので要注意です。また、巻き取り時のテンションにムラがあると、バックラッシュが起きやすくなり、修復は困難です。

風に煽られることも弱点で、横からの強風にはラインが取られやすくなります。

PEラインは撚糸なので擦れに弱いのも特徴なので、置き竿や足元の岩カキなどには注意が必要です。長期間使用すれば、ガイド摩擦による劣化も起きます。ラインの表面が毛羽立ってきたり、マーカーの色が褪せてくれば巻替え時です。ナイロンでも切れる時は切れますが、PEラインの方が断然、擦れに弱いです。

釣具屋スタッフG、一押しのPEライン
デュエル HARDCORE X4投
コシ、張りがあるPEライン。トラブルの原因である、しなやかさが少ない為、トラブルを回避。4本編みですが強度もバッチリです。

まとめ

ちなみに…、私の場合、風のある日の釣行も多く、夜釣りで置き竿をもするため、ライントラブルが少なくて傷にも強いナイロンを選んで使っています。飛距離優先か、トラブル回避を優先かは、それぞれの釣り場によっても違ってくるので、一概にはどちらが良いとは断定できません。

初めての方や入門者の方は、どちらを選ぶかは実際使ってみないと分からない事も多いと思いますが、少しでも参考にしてもらえたら幸いです!

↓つりトップおすすめカゴ釣り関連記事↓
【夏の夜釣り】カゴで釣れる魚&仕掛けを教えて!
カゴ釣り用リールの特徴&オススメのリール3選

 

 


カゴ釣りのカゴ、タイプ別使い分けを教えて!

遠投カゴ釣りと言ってみても、様々な種類がございます。釣り方によって竿や仕掛けが変わりますが、使用するカゴももちろん違います。「マキエに何を使うか?」「対象魚は何か?」などなど、ここで簡単に用途別に、カゴの特徴などを紹介します!

カゴ釣り用のカゴ紹介

ステンコップ 細目 コスモス (下天秤付)バラ 大ビーズ付き天秤

天秤付きで天秤を買わなくても良いのですが、アジ釣りなど口の柔らかい魚がターゲットならクッションゴムを付ける事をオススメします。小、中型アジ、サバなどに良いです!

マダイカゴ


底の目が大きく、オキアミやボイルなどを使用するのに適しています。対象魚は真鯛、中型、大型アジ、サバ、青物など。ジャンボを入れない分余計なエサ取りが寄りにくい為、大型狙いにオススメです!
ハクタカ リング付ワイヤカゴ

ナイロンコーティングされたワイヤを使用。通常のステンレスカゴよりも比重が軽く、号数の小さなウキが使えて魚の食い込みがよく釣果が上がります。また、コーティングのおかげでサビにくく長持ちします。フカセ釣りなどのタックルでも投げれる小型のカゴもありますので、ナイターのイサキ狙いなどにも良いですね!

ウメズ レッドカーゴ(天秤付き)


カプセル型になってて、飛距離抜群です。撒き餌と付け餌をカプセルの中に入れるのでキャストする際にハリがどこかに引っかかるのを防ぐ事が出来ます。回収も抵抗が少ない為楽ですね!

カゴはツケエとマキエを同調させる、重要なアイテムです。網目の大きさ、本体のサイズは使用するエサや対象魚によって変えると良いでしょう!(^^)


カゴ釣り用竿の特徴&2015年秋、オススメのカゴ釣り用竿Best3

遠くに投げる楽しみ、大きな魚か釣れる楽しみ、大きな棒ウキが吸い込まれる瞬間がたまらない遠投カゴ釣りの竿について、解説をします(^^)

カゴ釣り用竿の特徴

まず他の竿との違いですが簡単に言いますと、ガイドが大口径でウキ止め糸が引っかかりにくい、重ための仕掛けをフルキャスト出来る設計になっています。
4.5mや5.3mなどがありますが、カゴ釣りの仕掛けは長めなので、竿も長めの5.3mがオススメです。ちなみに、飛距離をかなり稼ぐことができます。
短めのハリスをご使用ならば、4.5mでも大丈夫です。竿が短くなるとその分だけ軽くなるので、フルキャストしやすいです。
カゴ釣りの竿は対象魚によって号数をお選び下さい。アジ、サバ、イサキ、真鯛なら3〜4号、大型青物や重たい仕掛けを投げる腕力があるなら5号クラスを。自分は非力なので5号は重くてフルスイング出来ませんf^_^;)

2015年秋、カゴ釣りにおすすめの竿Best3

第1位 シマノ/ブルズアイ遠投3-520PK


ねじれに強いスパイラルXを使った素材はキャスト時の反発力も高く簡単に飛距離を出せます。またKガイド搭載なので面倒な糸絡みが軽減されます。夜釣りにライントラブルの少ない中通し竿もオススメです!
第2位 ダイワ/インプレッサ磯3-53遠投


スムーズな曲がりでパワーレスポンス、感度が向上するVジョイントを採用。バランスの取れたモデルです。自分が使った感じ仕掛けのバランスがバッチリならフルスイングで快適に使えます!
第3位 ダイワ/リバティクラブ磯風 3-53遠投-K


KとはKガイドの事では無いのですが、「とりあえずカゴ釣りを始めたい!」って方に価格も安くバランスも申し分ないオススメの1本です。

カゴ釣り竿は色々な釣りにも使えます。例えばぶっこみ釣りでヒラメやカレイなど、アジを付けた泳がせ釣りで青物などなど。楽しいカゴ釣りで食卓に新鮮な魚をお届け出来ますよー!(^^)