サーフヒラメ 一覧

サーフでヒラメが釣れない時、同じタックルで釣れる魚とその攻略法は?

サーフでヒラメ狙いをしていると、誰もが釣れない時を体験すると思います。
そんなときには他の魚を狙ってみてはどうでしょうか?
サーフはヒラメだけでなく他のフィッシュイーターにとってもよい捕食場所です。
今回はサーフでヒラメが釣れない時に、同じタックルで狙える魚とその攻略法について
解説します。

サーフでヒラメが釣れない時、同じタックルで狙える魚とその攻略法とは?

 グラフィックス2-1

<シーバス>

昼間の釣り方が確立されたことで人気が出るようになった、ソルトルアーの代表的な魚です。
ヒットしたらジャンプやエラ洗いといった激しいファイトで視覚的にも楽しませてくれます。シーバスは、潮が動いているときに活発に捕食するので、そのタイミングを見極めることが攻略の鍵です。
サーフにおいては離岸流を中心に、潮目、またゴロタ場などのストラクチャー周りを狙うとよいでしょう。攻略法としては、表層から中層を重点的に狙っていくことです。
使うルアーはミノー、もしくはバイブレーションがよいでしょう。
使い方は、速めのリトリーブのストップ&ゴーをおすすめします。
サーフに居るシーバスは捕食が目的なので、速めのリトリーブでルアーを見切られないようにして、ストップを一瞬だけ入れつつ誘っていくのが釣果を伸ばすコツです。

<マゴチ>

ヒラメが居るようなサーフには必ずと言っていいほど居るフラットフィッシュです。
砂に潜って自分の近くを通るベイトフィッシュや甲殻類を捕食します。
マゴチはヒラメが釣れにくくなる日中の時間帯でも狙うことができます
ヒラメと違う点は、ヒラメは2mくらいまでならボトムから泳いで捕食しますが、
サーフにおけるマゴチの捕食はせいぜいボトムから50cmくらいまでといったところです。
なので、できるだけボトム付近を狙えるルアーを使うことが重要です。
ソフトルアーヘビーウエイトミノー、メタルバイブレーションがおすすめになります。
使い方は、リフト&フォール、もしくはスローにボトムをズル引きしてくるようにするとよいでしょう
狙う場所は、離岸流やブレイクといった地形変化があるところを重点的に狙ってみてください。
ヒットすると激しいヘッドシェイクでルアーを外そうとしますので、ラインテンションを緩めずファイトすることを心がけましょう。

<ヤズ>

ブリの幼魚であるヤズもサーフで狙える好ターゲットです。
遊泳力の速さを活かしてイワシやサバといったベイトを活発に捕食します。
ヤズがベイトを追ってできるナブラや鳥山を見つけることができれば、高確率でヒットに持ち込めます
使うルアーはメタルジグがよいでしょう。頭側にアシストフックを付けて使ってください。
ヤズはベイトの大きさをよく見て捕食しているので、数種類のサイズのメタルジグを用意しておくとよいでしょう。
私のおすすめサイズは、12g、18g、28gです。
使い方は、表層近くをロッドでアクションさせながら引いてみてください
ヒットしたら一気に走り出しますので、少しドラグを弱めに設定しておくとよいでしょう。
サーフは障害物がほとんどないので時間を掛けてファイトして問題ありません。

<サワラ>

特に秋によく見られ、初心者でも比較的釣りやすい魚です。
ベイトを追って水面を飛び出す様子が見られることもあります。
ベイトが見当たらない時でも群れで回遊していることが多く、上手く捕食のスイッチを入れることでヒットに持ち込むことができます。
歯が鋭いので釣り上げた時は怪我をしないように注意が必要です。
狙う場所は潮目やブレイクなど魚の通り道となるところです。
使うルアーはメタルジグがよいでしょう。テール側にトリプルフックを付けておくと、鋭い歯でリーダーを切られることが少なくなります。
使い方は、一旦ボトムまで沈めてからロッドでアクションさせつつ誘うようにしてください。
リズムよくキレのあるアクションを連続して行うことが釣果を伸ばすコツです。
サワラはヒットしても手前に向かって泳いでくることも多く、ファイトの手ごたえがないときがあります。
しかし、手ごたえがないからといってリールを巻く手を止めるとバラしに繋がりますので、
ヒットしたらリールをできるだけ早く巻くように心がけてください

<チヌ>

他のフィッシュイーターがベイトを追っている時に、近くにいることが多いのがチヌです。
サーフにおいてチヌは自分で活発にベイトを追うことはあまりせず、他のフィッシュイーターが捕食しそこなって傷ついて弱ったベイトを捕食することが多いです。
使うルアーは軽めのバイブレーションをおすすめします。
使い方はボトムをできるだけスローにズル引きしてくるとよいでしょう。
チヌのアタリは他と違って、捕食に失敗しても追い続けてくるので、魚の重みがロッドにしっかり乗ってからフッキングするようにしてください。

<まとめ>

ヒラメが釣れない時に同じタックルで狙える魚と攻略法の要点についてまとめると、
●シーバス・・・捕食のタイミングを見極めるのが鍵
●マゴチ・・・ボトム付近を重点的に狙う
●ヤズ・・・メタルジグのサイズを数種類用意しておく
●サワラ・・・テール側にトリプルフックを付ける
●チヌ・・・魚の重みがロッドに乗ってからフッキングする
サーフはいろんなフィッシュイーターが狙える好ポイントです。
今回の記事を参考にして、ヒラメ以外の魚を狙うことも楽しんでくださいね。

サーフのヒラメ、時化の攻略法とは?

サーフのヒラメ釣りでは、どうしても時化で竿出しすることがあります。
特に多いのが、秋の終わりから春先です。
しかし、そのような状況でも攻略法を抑えておけば、ヒラメをヒットに持ち込むことができるようになるはずです。
今回はサーフのヒラメ狙い、時化の攻略法について解説します。

サーフのヒラメ、時化の攻略法とは?

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%95%e3%81%ae%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1

時化のタックルセレクト

時化では、風と波に負けないタックルセレクトが必要になります。

参考タックル例

・ロッド:9.6ft以上のミディアムクラス

・リール:3000番のハイギアスピニングリール

・ライン:PE1号程度

・リーダー:20ポンド程度

風や波を上手く避けながらルアーを操作できる、長めのロッドが必須。
また、長めのロッドはロングキャストができるので、立ち込みも必要最低限に済ませられます(安全面でも優位)。

風波が強い時はキャストミがも多くなるので、そういった時に素早くカバーリングできるハイギアのスピニングリールがおすすめ。

ラインはロングキャストと風の抵抗を考えて、細めのPE1号程度。

リーダーは波打ち際で打ちつけられることが多くなるので、20ポンド程度を使っておくと強度面で安心できます。

時化の装備や注意

時化ではタックルセレクトと併せて、安全対策のための装備も重要です。

特に重要な2点を紹介しておきます。

偏光サングラス

目の保護をするために重要なものです。
舞い上がった海水や砂が目に入らないようにするため、またルアーなどから目を保護するために装備するようにしましょう。
時化た日は光量が少ないので、明るいブラウンやイエロー系のレンズを選ぶとよいでしょう。

ライフジャケットとウェーダー

時化に限らず、サーフのヒラメ釣りでは、ライフジャケットとウェーダーは必ず装備するようにしましょう。
ライフジャケットは収納場所が多いものを選ぶようにすると便利です。
また、時化では突然大波が襲いかかって来ることがあるので、なるべく海中に立ち込まないようにしましょう。

サーファーを避ける

時化のサーフには、たくさんのサーファーが集まります。
そのため、誤ってサーファーに向かってルアーを投げないためにも、サーファーのいる場所は絶対に避けましょう。
ちなみに、サーファーがいるサーフはハイプレッシャーなので、無理にサーファーの間を狙っても釣果を期待できません。

 

 時化のヒラメ攻略法

波をよく観察する

時化気味の時は波をよく観察してキャストするようにしましょう。

まず、波はある程度同じような立ち方を繰り返してサーフに打ち寄せてきます。
これを「セット」と呼びます。
大抵の場合ですが、時化気味の時でもよく波を観察すると、波があまり立たないタイミングがあります。
この波があまり立たないタイミングに、ほとんどのヒラメが捕食を行います。
このタイミングを狙ってキャストすることが、時化の攻略法の基本となります。

次に、時化は強い離岸流を生み出します。
離岸流はサーフのヒラメ狙いの好ポイントなので、必ず狙うようにしましょう。

特に狙うべきポイントは、離岸流の両端です。
離岸流の両端は、最初にベイトが流されてくる場所であることと、地形変化が大きくヒラメの通り道ともなりやすい特徴があります。
波の立ち方をよく見て、離岸流の端を見極めて狙いましょう。

重たく、水をよく掴むルアー

時化では重たくロングキャストができて、水をよく掴んでアクションするルアーを使いましょう。
下記におすすめのルアーを紹介します。

シンキングタイプのリップ付きミノー

シマノ ルアー 熱砂 スピンドリフト 90HS NORTH PREMIUM OM-0904 28T アカキン 775580

できるだけコンパクトなボディーのもので、30g程度のウエイトがあるものが使いやすいでしょう。
タイミングを見てキャストしても波に揉まれてしまうことも多いため、固定重心タイプのものがおすすめです。

 

メタルバイブレーション

COREMAN(コアマン) ルアー IP-18 アイアンプレート18 レアメタル #023 プレーンイズミジャイアン (旧)

ウエイトがあるので遠投でき、引き抵抗も大きいので時化気味の時に扱いやすいルアーです。

ボトムまで沈めてからリトリーブするとよりルアーの操作感を失うことなく釣りができるので覚えておきましょう。

 

スプーン

K-FLAT(ケーフラット) ルアー オーシャンスプーン クティガ 27g No.4-S

遠投性能もさることながら、時化気味の時でもゆっくりと誘うことができるルアーです。

ルアーのアクションを感じながらゆっくりリトリーブし、時折ロッドを煽ってヒラ打ちさせてヒラメを誘いましょう。

特に強い離岸流と相性がよく、流れに乗せてアクションさせるようにするとよいでしょう。

 

まとめ

時化気味の時のヒラメ攻略についてまとめると、

・風と波をかわしつつ操作でき、遠投できるタックルを選ぶ

・安全対策のため、偏光サングラス、ライフジャケット、ウェーダーを装備する

・サーフィンをしている人がいるところは避ける

・波のセットをよく観察する

・重たくて、よく水を掴むルアーを使う

 

時化気味の時でも攻略法を押さえておくことで、ヒラメをヒットさせることができます。

今回の記事を参考にして、ぜひ時化気味の時のサーフヒラメを攻略してみてくださいね。