サーフルアー 一覧

サーフのヒラメ攻略、ベイト別攻略法とは?

サーフのヒラメ狙いでキーになるのがベイトの存在です。
ベイトとは、ヒラメのエサとなる小魚のことです。
ベイトが居れば、ヒラメがいる可能性は高くなります。
ベイトには数種類あり、それぞれに特徴があります。
それぞれのベイトについて知ることでよりヒラメに近づくことができます。
今回はそのベイト別攻略法と、ベイトの見つけ方の基本について解説します。

サーフのヒラメ攻略、ベイト別攻略法とは?

グラフィックス1-3

<ヒラメが好むベイトは4種類>

ヒラメが好むベイトは、以下の4種類がメインです。
・イワシ
・アジ
・キビナゴ
・シロギス
それぞれに特徴があり、そのときのベイトに釣り方を合わせることで、ヒラメをヒットさせる確率を上げることができます。

<イワシの攻略法>

イワシには、
・マイワシ
・カタクチイワシ
・ウルメイワシ
といった種類が居ますが、どれもヒラメが好むベイトになります。
イワシは遊泳力が弱いため、風によってサーフに寄ってくることが多いですので、
風向きをよく読んで、正面から風が当たるようなポイントを選びましょう。
イワシは季節によって5cm程度のものから、20cm近いものまで大きさが異なります。
そのときのイワシの大きさに合わせてルアーを選ぶことが重要です。
基本的にはミノーを使うようにしましょう。
カラーは、イワシやカタクチと表記されているものを選ぶとよいと思います。
ルアーの動かし方ですが、イワシは表層近くを泳ぐことが多いので、それを意識するようにしましょう。
まずは表層付近からリトリーブしていき、徐々にレンジを下げていくようにすると効率よく攻めていくことができます。

<アジの攻略法>

アジは回遊性が強く、ボトム付近を泳ぐ習性があります。
サーフの途中に防波堤があるようなポイントは、アジがベイトになっている可能性が高いので覚えておいてください。
アジは潮流のある場所を好むので、離岸流をはじめとする流れに注目していきましょう。
アジがベイトのときは、バイブレーションもしくはスピンテールジグを使ってみてください。
カラーはアジカラーをメインとしたナチュラルカラーを使うとよいでしょう。
動かし方は、リフト&フォールをメインに使ってみましょう。
アジは一定層を泳がず、いろんなレンジを泳ぎ回るのでそのイメージで使ってみてください。

<キビナゴの攻略法>

キビナゴは群れの規模が大きなことが多いベイトです。
群れで行動するため、泳ぐルートが一定になりやすく、そのルートを見極めることが攻略のコツです。また他のベイトに比べて泳ぐスピードが速いのが特徴です。
流れやブレイクといったベイトの通り道を特に意識していきましょう。
キビナゴがベイトのときは、ミノーを使ってみましょう。
カラーはキビナゴカラーをはじめとするシルバー系がよいでしょう。
動かし方は、他のベイトのときと比べて速めにリトリーブすることを心がけてください。
速めにリトリーブするので、速く引いてもバランスを崩しにくいものを選びましょう。

<シロギスの攻略法>

シロギスはほとんどのサーフで見られるベイトです。
特に多くみられるのは、比較的波が穏やかなサーフです。
砂に潜るなど警戒心を見せる一方で、ルアーを追いかけてきたりする好奇心旺盛な面もあります。
シロギスがベイトのときは、ワームを使うことをおすすめします。
カラーはキスカラーと呼ばれる、白っぽくも透明感のあるものを選びましょう。
動かし方は、ボトム近くをスローリトリーブ、もしくはリフト&フォールを試してください。
シロギスはボトム付近から離れることは少ないので、あまりルアーがボトムから離れないようにアクションさせていくことが重要です。

<ベイトの見つけ方>

・ベイトの影を見つける
海を見ていると黒っぽい塊が動いている状況に出会うことがあります。
これはベイトが多く集まった状態で、ベイトボールと呼びます。
ベイトボールができているときは近くにヒラメが居る可能性が非常に高いです。
海を見て黒っぽくなっている場所がないかよく観察するようにしましょう。
・鳥を見つける
ベイトを狙っているのはヒラメだけではありません。
カモメやウが居るところはベイトが居る可能性が高いです。
カモメであれば海面近くを飛んでいるとき、ウであれば水中に何度も潜るときがベイトの多いポイントの目安になります。
・波打ち際を見ていく
ヒラメに追われたベイトはパニック状態になり、波打ち際に打ち上げられることがあります。
このような状況は特にヒラメがヒットしやすいチャンスです。
自分の足元はもちろんですが、波打ち際にカモメやカラスが居ないか注意しておくと、
打ち上げられたベイトをより早く見つけることができますので、覚えておきましょう。

<まとめ>

ヒラメのベイト別攻略についてまとめると、
●イワシ・・・その時の大きさに合わせてルアーを選ぶ、基本はミノーを使う
●アジ・・・バイブレーションもしくはスピンテールをリフト&フォールで使う
●キビナゴ・・・ミノーを使って速めのリトリーブを心がける
●シロギス・・・ワームを使ってボトム付近をアクションさせるようにする
ベイトの見つけ方は、
●ベイトの影を見つける
●鳥を見つける
●波打ち際を見ていく
以上になります。
今回の記事を参考にして、ベイト別攻略をしてみてくださいね。

サーフでヒラメが釣れない時、同じタックルで釣れる魚とその攻略法は?

サーフでヒラメ狙いをしていると、誰もが釣れない時を体験すると思います。
そんなときには他の魚を狙ってみてはどうでしょうか?
サーフはヒラメだけでなく他のフィッシュイーターにとってもよい捕食場所です。
今回はサーフでヒラメが釣れない時に、同じタックルで狙える魚とその攻略法について
解説します。

サーフでヒラメが釣れない時、同じタックルで狙える魚とその攻略法とは?

 グラフィックス2-1

<シーバス>

昼間の釣り方が確立されたことで人気が出るようになった、ソルトルアーの代表的な魚です。
ヒットしたらジャンプやエラ洗いといった激しいファイトで視覚的にも楽しませてくれます。シーバスは、潮が動いているときに活発に捕食するので、そのタイミングを見極めることが攻略の鍵です。
サーフにおいては離岸流を中心に、潮目、またゴロタ場などのストラクチャー周りを狙うとよいでしょう。攻略法としては、表層から中層を重点的に狙っていくことです。
使うルアーはミノー、もしくはバイブレーションがよいでしょう。
使い方は、速めのリトリーブのストップ&ゴーをおすすめします。
サーフに居るシーバスは捕食が目的なので、速めのリトリーブでルアーを見切られないようにして、ストップを一瞬だけ入れつつ誘っていくのが釣果を伸ばすコツです。

<マゴチ>

ヒラメが居るようなサーフには必ずと言っていいほど居るフラットフィッシュです。
砂に潜って自分の近くを通るベイトフィッシュや甲殻類を捕食します。
マゴチはヒラメが釣れにくくなる日中の時間帯でも狙うことができます
ヒラメと違う点は、ヒラメは2mくらいまでならボトムから泳いで捕食しますが、
サーフにおけるマゴチの捕食はせいぜいボトムから50cmくらいまでといったところです。
なので、できるだけボトム付近を狙えるルアーを使うことが重要です。
ソフトルアーヘビーウエイトミノー、メタルバイブレーションがおすすめになります。
使い方は、リフト&フォール、もしくはスローにボトムをズル引きしてくるようにするとよいでしょう
狙う場所は、離岸流やブレイクといった地形変化があるところを重点的に狙ってみてください。
ヒットすると激しいヘッドシェイクでルアーを外そうとしますので、ラインテンションを緩めずファイトすることを心がけましょう。

<ヤズ>

ブリの幼魚であるヤズもサーフで狙える好ターゲットです。
遊泳力の速さを活かしてイワシやサバといったベイトを活発に捕食します。
ヤズがベイトを追ってできるナブラや鳥山を見つけることができれば、高確率でヒットに持ち込めます
使うルアーはメタルジグがよいでしょう。頭側にアシストフックを付けて使ってください。
ヤズはベイトの大きさをよく見て捕食しているので、数種類のサイズのメタルジグを用意しておくとよいでしょう。
私のおすすめサイズは、12g、18g、28gです。
使い方は、表層近くをロッドでアクションさせながら引いてみてください
ヒットしたら一気に走り出しますので、少しドラグを弱めに設定しておくとよいでしょう。
サーフは障害物がほとんどないので時間を掛けてファイトして問題ありません。

<サワラ>

特に秋によく見られ、初心者でも比較的釣りやすい魚です。
ベイトを追って水面を飛び出す様子が見られることもあります。
ベイトが見当たらない時でも群れで回遊していることが多く、上手く捕食のスイッチを入れることでヒットに持ち込むことができます。
歯が鋭いので釣り上げた時は怪我をしないように注意が必要です。
狙う場所は潮目やブレイクなど魚の通り道となるところです。
使うルアーはメタルジグがよいでしょう。テール側にトリプルフックを付けておくと、鋭い歯でリーダーを切られることが少なくなります。
使い方は、一旦ボトムまで沈めてからロッドでアクションさせつつ誘うようにしてください。
リズムよくキレのあるアクションを連続して行うことが釣果を伸ばすコツです。
サワラはヒットしても手前に向かって泳いでくることも多く、ファイトの手ごたえがないときがあります。
しかし、手ごたえがないからといってリールを巻く手を止めるとバラしに繋がりますので、
ヒットしたらリールをできるだけ早く巻くように心がけてください

<チヌ>

他のフィッシュイーターがベイトを追っている時に、近くにいることが多いのがチヌです。
サーフにおいてチヌは自分で活発にベイトを追うことはあまりせず、他のフィッシュイーターが捕食しそこなって傷ついて弱ったベイトを捕食することが多いです。
使うルアーは軽めのバイブレーションをおすすめします。
使い方はボトムをできるだけスローにズル引きしてくるとよいでしょう。
チヌのアタリは他と違って、捕食に失敗しても追い続けてくるので、魚の重みがロッドにしっかり乗ってからフッキングするようにしてください。

<まとめ>

ヒラメが釣れない時に同じタックルで狙える魚と攻略法の要点についてまとめると、
●シーバス・・・捕食のタイミングを見極めるのが鍵
●マゴチ・・・ボトム付近を重点的に狙う
●ヤズ・・・メタルジグのサイズを数種類用意しておく
●サワラ・・・テール側にトリプルフックを付ける
●チヌ・・・魚の重みがロッドに乗ってからフッキングする
サーフはいろんなフィッシュイーターが狙える好ポイントです。
今回の記事を参考にして、ヒラメ以外の魚を狙うことも楽しんでくださいね。

【釣り動画】フラットフィッシュ福岡サーフゲーム!時合いへの誘い

今や完全にソルトルアーの位置ジャンルとして定着した、サーフからのフラットフィッシュ。

大海原に向けての砂浜からのキャストは、何物にも代えられない開放感があります。

波気と濁りの入ったハードコンディションからのスタートフィッシング。

エフリード90Sのアピールカラーで、フラットフィッシュを誘う。

サーフルアーの基本的なアクション、考え方を解説してくれるので、入門者にとってわかりやすくとても親切。

ストップ&ゴー、カラーローテーション、潮のタイミングや日の時間も重要なファクターであることを再認識させられます。

波打ち際でのファイトはとてもスリリングで、サーフルアーにチャレンジしたくもなります。

オマケの動画も、楽しませてもらいました(^^)


《アイマ》サーフルアー対応のヘビーシンキング、サスケ 100HS 裂砂

サーフのルアーフィッシングはのタフコンディションを打開するために 近年重要視されているのが“ヘビーシンキング系”のミノーです。 今回発売するsasuke 100HS 裂砂は、sasukeでは初となる サーフ用ヘビーシンキングモデルです。サーフで釣りをする際に 必要な「飛距離」、「ボトム感知性能」、「アクション」の全てを 兼ね備えた、まさにサーフ特化型sasukeです。

アイマサスケ

●全長:100mm ● 重量:30g ●タイプ:ヘビーシンキング
●レンジ:100~120cm ●アクション:ウォブンロール
●フック:ST46#3 ●リング:オリジナル#3 ●価格:1,850円(税別)
2015年10月10日発売予定。