ショアジギングおすすめリール 一覧

【ルアー初心者必見!】ショアジギングのリール選びのポイントを教えて!おすすめリールベスト3

ショアジギングを始めようとしたときにロッド選びと同じくらい悩むのが、リール選びではないでしょうか?
選び方について釣具店の店員さんに聞こうとしても、意外と経験者が少なかったりすることも。
そんな悩みを持っているあなたに向けて、今回はショアジギングのリールの選び方のポイントとおすすめリールベスト3を紹介します!

ショアジギングのリール選びのポイントを教えて!おすすめリールベスト3

<ショアジギングではスピニングリール>

ショアジギングではスピニングリールを使用することがほとんどです。
稀にベイトリールを使う方もいますが、ショアジギングは飛距離を出すためにPEラインを使う為、バックラッシュや糸噛みなどのベイトリールで起こりやすいトラブルを考えると、初心者にはおすすめできません。
ショアジギングでは遠投性が必須となります。スピニングリールはベイトリールに比べて、ラインを放出する際のブレーキとなるものがほとんどない為、飛距離を伸ばしてくれます。

また、大型のリールを使用すると重量がどうしても増えてしまいますが、重心がロッドの下側にあることで、逆にバランスが取りやすく、重心がロッドの上側にあるベイトリールに比べると疲労の軽減につもながります。

<リールの大きさは4000番以上で>

ショアジギングでのスピニングリールの大きさは、4000番以上がベストです。
理由は、まずロッドとのバランスが取りやすいことです。
ショアジギングのロッドは10ft前後でパワーのあるものが多いです。
そのロッドに小さく軽いスピニングリールをセットすると非常に先重りしてしまい、結果として疲労につながってしまいます。

また、ヒットする魚は青物や根魚など強烈なファイトをする為、巻き上げの力が強い大きな番手のリールを使っておくと安心してやり取りすることができます。
さらにスプールに関しては深溝のものを必ず選び、できればPEライン3号が200m以上巻けるものがよいでしょう。
ショアジギングでは遠投することを前提に、ヒットした際にはファーストランで一気にラインを引き出していくことがあります。
ラインの巻き量が少ないと、安心してファイトができませんので、深溝スプールが搭載されラインが多く巻けるものを選びましょう。

<ショアジギングにはハイギアがおすすめ>

ショアジギングではハイギアのリールを使うことをおすすめします。
ハイギアのリールはハンドル1回転あたりのラインの巻き取り量が多いのが特徴です。

ショアジギングではメタルジグを高速で巻きながらアクションさせたり、時にはフォールのバイトをとることもあります。
このような場合にギア比の低いリールだと、快適に釣りをすることができません。

<ハンドルはパワーハンドル搭載のものを>

ショアジギングでは巻き取りのときに握力が必要になります。
パワーハンドルとは手全体で握りこむことができる大型のハンドルノブのことで、T字型のものやラウンド型といった形状のものがあります。パワーハンドルが搭載されているリールは、
力を入れやすく疲労軽減にもつながりますので、自分の手の大きさにあった握りやすいものを店頭で触ってみて選ぶことをおすすめします。

<ベールストッパーが強いものを選ぶ>

ショアジギングは遠投するために力を入れてキャストしますので、ベールストッパーが強いリールを選ぶようにしましょう。
キャストしてライン放出の際に、万が一、ベールが返ってしまうと衝撃でラインが切れてしまったり、時にはタックルの破損を招いたりする恐れもあります。
価格が安いリールはベールストッパーが弱いことがあるので、注意して選ぶようにしてください。

それでは最後にショアジギングでおすすめのリールベスト3を紹介していきます!

<ショアジギングでおすすめのリールベスト3>

第1位【ダイワ ブラスト4500H】
ダイワ独自のマグシールドを搭載したモデル
上位機種と同じドラグシステムを採用し、強いファイトの魚とも安心してやり取りができます。
強度抜群であり、価格も抑えられているショアジギングにおすすめのリールです!

第2位【シマノ バイオマスターSW 5000XG】
ハンドル1回転あたりの最大巻き取り量が105cmもあるリール
エクストラハイギアモデルでとにかく巻き取りが速く、ギア比の高いリールです。
各所に強度のある素材を使って組み上げてあり、ショアジギングでの使用にも問題のない耐久性です。
EVA製のパワーハンドル搭載で力強い巻き取りをすることができます!

第3位【ダイワ BG4000H】
コストパフォーマンスに優れたリール
アルミボディーをはじめとし、デジギアⅡによるスムーズな巻き上げや、クロスラップによるライントラブル軽減といった基本性能をしっかりと搭載しています。
販売価格は1万円程度となっているショアジギング初心者におすすめのリールです!

<まとめ>

ショアジギングのリール選びのポイントについてまとめると、
・4000番以上の大きさで深溝スプールのスピニングリール
・パワーハンドル搭載のハイギア
・ベールストッパーが強いもの

今回の記事を参考に、ショアジギングのリールを選んでみてくださいね!