ショアジギングタックル 一覧

【ルアー初心者必見!】遠投が命、ショアジギングで行う遠投のコツとは?

ショアジギングはなんといっても遠投が命!
ルアーが遠くに飛べば飛ぶほど広範囲を探ることができ、魚がヒットする確率を上げることができます。
そうはいってもなかなか飛距離を伸ばせないという人も多いのではないでしょうか?
今回はそんな遠投で悩んでいるあなたに、そのコツを紹介したいと思います!

遠投が命、ショアジギングで行う遠投のコツとは?

<重たく空気抵抗の少ないメタルジグを使う>

まずは重たいメタルジグを使いましょう!
ロッドのルアーウエイトの範囲内で、自分が投げることができる最も重たいメタルジグを使うのが遠投のコツです。

形状に関しては、ストレートタイプがより飛距離を伸ばすのに向いています。
フラットタイプや左右非対称タイプは、ストレートタイプに比べるとバランスを崩して回転しやすい為、必然的に飛距離は落ちてしまいます。
ストレートタイプのなかでも、後方に重心のあるメタルジグが遠投にはおすすめです。
後方重心だと、回転しにくいストレートタイプの中でもさらに重心が安定するからです。

遠投には自分が投げることができるなかで最も重たい、後方重心のストレートタイプのメタルジグを使うとよいでしょう。

<振り抜ける範囲の硬いロングロッドを使う>

遠投するにはロッドが硬く、長ければ長いほど有利となります。
しかし、長ければその分振り抜きに力が要るようになるので、遠投には振り抜ける範囲で最も硬いロングロッドを使うようにしましょう。
目安にはなりますが、ヘビークラスで10ft程度のロッドがよいと思います。

<ロッドエンドを速く引き寄せることを意識する>

キャストの際に最も速く大きく動くのは、ロッドの先端部となり、さらにその先にあるルアーです。
この先端部分をいかに速く動かすことができるかが、遠投のコツとなります。
具体的には、キャストのときにロッドエンドを自分側に速く引き寄せるようにしてみましょう。
そうするとロッドの先端を効率よく加速させることができ、飛距離を伸ばすことにもつながりますので、ぜひ試してみてください。

<体重移動を使う>

ショアジギングでは硬いロングロッドを振り、重たいメタルジグを使います。

その際に、腕力だけに頼ってキャストしようとするとうまく振り抜くことができません。
キャストの際には体重移動を意識してみるようにしましょう。
足を揃えたままだとバランスも取りにくいので前後に足を開くようにし、メタルジグが自分の後ろにあるテイクバックのときは体重を後ろに、フォローキャストのときは体重を前に、というよう体全体を意識して降り抜くようにしてください。タイミングが上手く取れると、より楽に遠投することができます。
※くれぐれも足元に注意してキャストするよう心掛けてください。

<できるだけ細い8ブレイドのPEラインを使う>

遠投に最も向いているラインは、しなやかで比重が軽いPEラインです。
太い号数だとガイドに当たる際に抵抗が大きいので魚のサイズに合わせた、できるだけ細い号数のPEラインが遠投に向いていると言えます。

PEラインには4ブレイド8ブレイドといった号数とは別に、ラインの製法によって異なる表記があります。
PEラインは複数の糸を編んで作られていますが、4ブレイドとは4本編み、8ブレイドとは8本編みのラインのことを指します。

ゴーセン(GOSEN) ライン 剛戦ジギング 8BRAID 300m 20lb(1号)
この2つのPEラインを例にあげると遠投に向いているのは、よりしなやかな8ブレイドです。
価格は4ブレイドより高くなりますが、飛距離の向上を考えると8ブレイドのPEラインをおすすめします。

<ラインとロッドにコーティングをする>

ラインはキャストの際に必ずガイドを通り、一部ロッド本体のブランクスに当たりながら放出されます。
このライン本体と、接する部分であるガイドやブランクスにフッ素コーティングをすると滑りがよくなり、飛距離アップにつながります。
ラインにはスプレータイプ、ガイドやブランクスにはシートタイプを使うとよいでしょう。

<ラインを掛けた指をタイミングよく離す>

ショアジギングではほとんどの場合、スピニングリールを使用します。
スピニングリールでキャストする際、人差し指にラインを掛けますが、これが遠投に重要なキーポイントになります。
ラインを掛けた人差し指を離すタイミングが速すぎると上に飛んでしまい、遅いと水面に突き刺さるような弾道になってしまいますので、タイミングよく離すことが重要です。
タイミングの目安は、メタルジグが前に飛ぼうとする力が最大限になる瞬間ですが、
慣れも必要ですので、何度もキャストを繰り返してタイミングを掴めるよう練習しましょう。
また人差し指が痛くなりにくいよう、グローブフィンガーガードを使って保護するのもおすすめです!

<タラシをできるだけ長く取る>

遠投するには、トップガイドからメタルジグまでのタラシをできるだけ長く取るとよいでしょう。
タラシが短いとキャストの衝撃によるロッドのブレがメタルジグに伝わり、空中でバランスを崩しやすくなることがあります。
タラシを長く取ることで、キャストのタイミングが取りやすくなり、かつロッドのブレがメタルジグに伝わりにくくなります。
慣れるまでは、タラシを1mくらいから始めて練習するとよいと思います。

<ペンデュラムキャストを使う>

ペンデュラムキャストとはロッドの反発力、遠心力を利用したキャストの方法です。

キャストの方法は、タラシを一番手元のガイドくらいまで長く取り、振り子の要領でメタルジグを自分の前方向に振ります。
メタルジグが前に振り切ると後方に下がり始めますので、それを加速させるようロッドを後ろに持っていきます。
このときロッドは倒し過ぎると上手くキャストできないので注意してください。
メタルジグは弧を描くように後方にいきますので、その弧を保ったまま加速させ、前にロッドを振り切り、ラインを掛けた人差し指をタイミングよく離します。
これがペンデュラムキャストというキャスト方法です。
遠投にはこの方法もおすすめですので、ぜひ練習してみてください。

キャストの際には、くれぐれも自分にメタルジグが当たらないようにし、周囲の安全確認も欠かさないようにしてくださいね。

<まとめ>

ショアジギングの遠投のコツについてまとめると、
・重たく空気抵抗の少ないメタルジグを使う
・振り抜ける範囲の硬いロングロッドを使う
・ロッドエンドを速く引き寄せることを意識する
・体重移動を使う
・できるだけ細い8ブレイドのPEラインを使う
・ラインとロッドにコーティングをする
・ラインを掛けた指をタイミングよく離す
・タラシをできるだけ長く取る
・ペンデュラムキャストを使う
以上となります。

遠投できると魚が釣れる確率を上げられるだけでなく、気分も爽快になることと思います。
今回紹介した内容を一つずつ実践して、ぜひショアジギングでの遠投を楽しんでくださいね!

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラマサを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

青物の中でも特に引きが強いことで知られるヒラマサ。
ブリと並んでこのヒラマサもショアジギングの好ターゲットです。
今回はヒラマサをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、釣り方について解説します。

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでヒラマサを狙う、ポイント&タックル、釣り方を解説

 

<ヒラマサのポイント>

ヒラマサはとにかく潮の流れの速い外海を好みます。
日本を取り巻く海流の影響があるような場所が狙い目となる為、ヒラマサの主なポイントは磯場がメインとなります。
より外海に面した場所で、地形が岬状になっていたり足元から急に深くなっているようなポイントがおすすめです。
ヒラマサターゲットのショアジギングでは、より海流のあたる沖磯へ渡船で渡る釣り人も多いです。
またヒラマサはフィッシュイーターであるため、イワシやサバ、イカなどのベイトが多く居るところが狙い目です。
このベイトを見つけるコツとしては、まず鳥が居るかの確認、次にルアーを投げてみて確認と言った方法があります。
鳥が居るところでは、水面に突っ込んで行ったり、水面近くを飛んで下をよく見ているような場所は海面下にベイトがいる可能性が高くなります。
驚いて海面で跳ねるベイトが居ないか、ルアーを投げてみて確かめる方法もあります。

<ヒラマサのタックル>

ヒラマサのタックルはとにかくその強烈なファイトを受け止めるパワーがあり、大きめのメタルジグをしっかり遠投できるものを選びましょう。
タックルが弱いものだと釣り自体がしにくくなるので注意が必要です。
下記にタックル例を紹介しますので、参考にしてみてください。

・ロッド
長さは10ft程度のもの、硬さはヘビー以上のものがよいでしょう。
あまりにも長いロッドだと取り回しがしにくくなるので、10ft程度の長さのものがおすすめです。
硬さは硬いほど、ヒラマサの強烈な引きに対応できます。

・リール
ショアジギングのロッドにはスピニングリールをセットして使いましょう。
ヒラマサを狙うときのスピニングリールは4000番以上のものを使い、ドラグがしっかり効くもので、かつハイギアモデルがおすすめです。
スピニングリールは大きくなればなるほど、巻き取りパワーが強くるので、できるだけ大きな番手を選びましょう。
ヒラマサはヒットすると一気に根に潜ろうとするため、ラインブレイクしないようドラグ性能に優れたもので、ハンドル1回転あたりのライン巻き取り量が多いハイギアのリールで対応できるようにしましょう。

・ライン
ヒラマサ狙いのショアジギングではPEラインの3号から5号くらいまでの太さを使うことをおすすめします。
巻き量はトラブルがあったときでも継続して釣りができるようにしておきましょう。
200m以上巻いておくとが安心して釣りをすることができます。

・リーダー
リーダーは強烈な引きと根ズレ対策を考えて強度のあるものを選びましょう。
素材は擦れに強いフロロカーボンで、ポンド数は60~100ポンドを釣り場や使うメタルジグの大きさに合わせて使い分けてください。
リーダーの長さに関してはできるだけ長く取っておいた方が安心です。
しかし長く取りすぎると、メインのPEラインがガイドに絡んだりするトラブルが起こりやすくなるので、3~5mくらいの長さをおすすめします。

・メタルジグ
ヒラマサは特にロングジグへの反応がよい魚です。
ロングジグはその長さの影響で、スライドする距離が長いのが特徴です。
ヒラマサはスライドして横方向に動くメタルジグを好む傾向があります。
形状はストレートタイプのメタルジグで、ウエイトが60~120グラムくらいまでの遠投できる重たいものがおすすめです。
フックを付ける位置ですが、フロント側に付けるようにしてください。
理由はジグの大きさに関わらず、ヒラマサは頭の方を狙ってバイトしてくることがほとんどだからです。

<ヒラマサの釣り方>

ヒラマサの狙いやすい時期は産卵期である春から初夏にかけてと、ベイトが多くなるがです。
特に産卵期のヒラマサは栄養をたっぷり蓄えていて、より強烈なファイトを見せてくれます。
ヒラマサは沖にある根周りや潮目、サラシといった変化を利用してベイトを捕食するので、このような場所を狙いましょう。
釣り方としては、ロングジグを大きくスライドさせるようロッドを動かして、かつメタルジグを見切られないように速くアクションさせるようにしてください。
ヒットしたらタックルのパワーを最大限に利用して、主導権を釣り人側が握ってファイトするようにしましょう。
ファイト中は、ロッドエンドを体に当てて、腕を伸ばした状態でフロントグリップを持っておくと疲れにくいので覚えておくとよいと思います。
ランディングのときは小型であれば抜き上げ、大型であればネットを使って取り込むようにするとよいでしょう。

<まとめ>

ショアジギングでのヒラマサ狙いについてまとめると、
・潮の流れの速い外海に面した磯場、もしくは沖磯でベイトが多い場所を狙う
・タックルは強烈なファイトを受け止められて、遠投できるものを選ぶ
・狙いやすい時期は春から初夏、そして秋。沖にある根周りや潮目、サラシといった変化を狙う
・メタルジグは大きくスライドさせることと、見切られないスピードを意識してアクションさせること
・主導権を握ってファイトし、ランディングは小型であれば抜き上げ、大型はネットを使って取り込む

今回の記事を参考にして、ぜひショアジギングでヒラマサを狙ってみてくださいね。

【ルアー初心者必見!】ショアジギングでブリを狙う、ポイント&タックル、時期を解説

ショアジギングのターゲットとしてまず名前があがるのがブリです。
とても強い引きと、大型の回遊魚を陸から狙えるとして人気があり、食べて美味しいといった魅力もあります。
今回はそのブリをショアジギングで狙うときのポイントやタックル、時期について解説します。

ショアジギングでブリを狙う、ポイント&タックル、時期を解説

<ブリのポイント>

ブリは潮の流れが緩やかな港湾部ではなく、潮の流れが速い外海に面した場所を好む傾向があります。こういった場所はベイトフィッシュが豊富で、水質がよいの特徴です。
具体的にどのような場所を狙うとよいか、下記に紹介します。

・磯
潮の流れが速く、岬状に地形が張り出しているような場所は狙い目です。
沖にある根回りや潮目を狙うのが基本となりますが、サラシができるような状況だと足元に潜んでいることもあります。
ヒットしたら根に潜られないように力強くファイトするようにしましょう。

・サーフ
サーフはブリにとって恰好の捕食場となります。
ベイトフィッシュが隠れられるような場所が少なく、ブリにとって捕食しやすい状況になるからです。
また、風が岸に向かって吹いているようなときはベイトフィッシュが岸近くに打ち寄せられ、それを狙ってブリが集まってくることもあります。
サーフでは障害物が少ないので、ヒットしたら時間を掛けてファイトして確実に取り込めるようにしましょう。

・防波堤
水深のある外海に面した防波堤が狙い目となります。
エサ釣りでイワシやアジが釣れているような防波堤も狙い目です。
主に潮流のある場所や潮目を探しましょう。
足元にから海面まで高さがあるような防波堤は、取り込みのときにランディングネットギャフを用意しておくとよいでしょう。

<ブリのタックル>

ブリのタックルはその強烈な引きに耐えるパワーと、時には繊細に誘っていけるバランスの取れたものを選びましょう。
下記にその目安を紹介しますので、参考にしてください。

・ロッド
長さは9.6ft以上のもので、硬さはミディアムヘビー以上のものを選びましょう。
長く硬いロッドはショアジギングの基本である遠投性能を上げることに繋がり、
ブリがヒットした時に主導権を握ってファイトすることができます。
もうひとつ、ショアジギングのロッド選びで一つ気にしておきたい点がガイドです。
強度のあるステンレスフレームで、Sicリングが使ってあるものがおすすめです。
このようなガイドはラインの滑りがよく、遠投するうえで重要といえる飛距離アップにも繋がります。摩擦抵抗が少ないのでラインを痛めにくいのも特徴です。

・リール
ショアジギングのロッドはほとんどがスピニングロッドになるので、スピニングリールをセットして使うようにしましょう。
ショアジギングのスピニングリールは最低でも3500番以上の大きなものを選びましょう。
理由としてはヒットした時に力強く巻けること、強度のある太いラインが多く巻けるからです。
ドラグはヒットした時のために基本的には強めに締めこんでおいたほうがよいと思います。

・ライン
ショアジギングのブリ狙いではPEラインを使いましょう。
太さはサーフや防波堤であれば2号程度、磯であれば3~4号程度を使いましょう。
ラインの巻き量は最低でも150m、できれば200m巻いていたほうが無難です。

・リーダー
フロロカーボンリーダーを使いましょう。
ポンド数は釣り場や使うメタルジグの大きさに合わせて、40~80ポンドまでを使い分けましょう。
例を挙げると、サーフで30g程度のメタルジグを使う場合は40ポンドのリーダー、磯で80g程度のメタルジグを使うのであれば80ポンドといった感じです。
リーダーは長く取っておいたほうが根ズレへの耐性性が上がりますので、最低でも1.5mは取るようにしたほうがよいでしょう。

・メタルジグ
ブリはそのときのベイトフィッシュをよく見て捕食していますので、メタルジグは多サイズを用意しておくとよいでしょう。
ウエイトの幅としては30~80gくらいまでをベイトサイズや状況によって使い分けましょう。
形状は左右非対称タイプフラットタイプがおすすめです。
ブリはメタルジグの前に回り込んでバイトしてくることが多いので、フックは頭側に付けるのがおすすめです。

<ブリの釣りやすい時期>

ブリの釣りやすい時期は初夏から晩秋にかけてです。
この時期はベイトフィッシュが岸近くに接岸しやすく、ショアジギングで狙える範囲にブリが寄ってくるからです。
秋が深まるにつれてベイトフィッシュも大きくなりますので、それに合わせてメタルジグを選ぶことが釣果を上げるコツです。
ブリがヒットする確率はベイトフィッシュの量に左右されるので、情報を事前に得ておくとよいでしょう。

<まとめ>

・狙うポイントは潮の流れが速い外海に面した磯、サーフ、防波堤
・タックルは強烈な引きに耐えつつも、メタルジグを繊細に扱えるものを選ぶ
・初夏から晩秋にかけてが釣りやすい時期

ショアジギングでブリを釣ると、その魅力にどっぷりとはまり込んでしまうものと思います。
今回の記事を参考にして、ぜひショアジギングでブリを狙ってみてください。

初心者におすすめのショアジギングタックル

いざショアジギングを始めたいと思ったときに、まず初心者が悩むのがタックル選びではないでしょうか?
誰もが失敗しないタックル選びがしたいと思うはずです。
さらには、他のルアー釣りで使っているタックルが併用できればと考えるのではないでしょうか?
今回はそんなあなたに向けて、初心者におすすめのショアジギングのタックルについて解説します。

初心者におすすめのショアジギングタックル

グラフィックス4

<ショアジギングのタックルで考えること>

ショアジギングのタックルを揃えるうえで、まず初心者が知っておきたいことは下記の3つです。
・遠投できること
・しっかりとアクションさせられること
・ファイトがしっかりできること
ショアジギングでは遠投できればできるほど、より多くの魚にメタルジグでアピールすることができます。
また、小魚を追ってできるナブラを狙うときは、その移動の速さに合わせていかないといけません。
遠投するためにはロッドの長さとラインの細さが必要となります。
次にメタルジグを遠投できたら、遠くでもしっかりアクションさせることができるようにしなければなりません。
遠くにメタルジグがある場合は、ラインが受ける水や風の抵抗で意外とメタルジグは動きません
メタルジグの重さにもよりますが、柔らかなロッドを使っているとよりその傾向が出ます。
ですので、しっかりアクションさせるためにロッドには硬さが求められ、ラインには伸びが少ないことが求められます。
最後に魚がヒットした時のことを考えて、パワーがあるタックルを選ばなくてはなりません。
しかしオーバーパワーだと、釣り人側がキャストなどで疲れてしまうので、バランスを考えて選ぶ必要があります。
ロッドとリールのパワーバランスを考えてタックルを選ぶようにするとよいでしょう。
それでは下記にその具体的なタックル選びについて解説します。

<28g~40g以下のメタルジグを使う場合>

タックルを選ぶときの目安として、メタルジグは40gを境にしてタックル大きく変えるとよいでしょう。
28g~40g以下のメタルジグを使ったショアジギングでは、あまりにもオーバーパワーのものは使う必要はありません。
対象魚としては、シーバスヒラメサワラロックフィッシュ小型の青物といった魚です。
下記にそのタックルの目安を挙げておきます。
・ロッド・・・9.6ft程度でミディアムパワー以上のもの
・リール・・・3000番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEラインの1号以上
・リーダー・・・フロロカーボン20~30ポンド程度
ショアジギングロッドの中でも比較的ライトなパワーのもの、もしくはシーバスやヒラメロッドミディアムパワークラスのものでもよいと思います。
リールはパワーとロッドとのバランスを考えて、3000番以上のものがよいです。
ラインは細くしなやかで遠投性能があり、強度もあるPEラインを、リーダーは根ズレや歯の鋭い魚の対策を考えて、フロロカーボンの20~30ポンドをつかってみましょう。
あまりにも太いリーダーを使うとメタルジグのアクションが損なわれてしまうので、気を付けましょう。
ちなみにですが、28g程度のメタルジグのみを使う場合であれば通常のシーバスタックルやヒラメタックルでも流用はできます。
その場合はロッドのパワーを考えて、あくまでも無理なキャストやファイトを行わないように気を付けて使いましょう。

<40g以上のメタルジグを使う場合>

40g以上のメタルジグを使う場合には、専用のタックルを用意したほうがよいでしょう。
ショアジギングでは時に、80gくらいのメタルジグを使うこともあります。
対象魚としてはブリやヒラマサといった青物マダイ大型のロックフィッシュなどがターゲットとなります。
どの魚も強烈なファイトをしてくるので、それに合わせたパワーのあるタックルが必要になります。
下記にそのタックルの目安を挙げておきますので、参考にしてください。
・ロッド・・・9.6~10.6ft程度のミディアムヘビー以上のもの
・リール・・・3500番以上のスピニングリール
・ライン・・・PEライン1.5~2.5号程度
・リーダー・・・フロロカーボン40ポンド以上
40g以上のメタルジグを使うようになると、キャストでもファイトでもパワーが必要になってきます。
ですので、ミディアムヘビー以上のパワーがあるロッドを選んだ方がよいでしょう。
リールはロッドとのバランスを考え3500番以上のもの、できればパワーハンドルが付いているリールだとアクション、ファイトともにやりやすいのでおすすめです。
ラインはPEラインの1.5~2.5号程度のものをメタルジグの重さに合わせて選びましょう。
また、ラインは少なくとも150m、できれば200m巻いておくほうがファイトやトラブルのことを考えるとおすすめです。
リーダーはフロロカーボンの40ポンド以上を使ってキャストやファイトの衝撃に耐えられるようにしておきましょう。

<まとめ>

・ショアジギングのタックルに求められるのは、遠投できること、しっかりアクションさせられること、ファイトがしっかりできること
・40gを境としてタックルを大きく変えること
・28g程度のメタルジグであれば通常のシーバスやヒラメのタックルでも十分流用できる
ぜひ今回の記事を参考にして、自分に合ったショアジギングのタックルを選んでもらえればと思います。