シーバスルアー 一覧

【シーバス初心者】テクニック別リールの選び方を教えて

シーバスには季節や場所によって有効なテクニックがいくつもあります。
テクニックを駆使し快適に釣りをするため、またそれを釣果アップに繋げるために必要なのがタックルバランスです。
バランスを考える上で、考慮しなければいけない重要なアイテムのひとつがリールとなります。
今回はそのリールの適正な選び方をテクニック別に紹介します。

シーバス初心者 テクニック別リールの選び方を教えて

<シーバスのリールを選ぶときの3つのポイント>

リールの機能を決める大きなポイントは3つあります。

まずはなんといっても重量です。
軽量に越したことはありませんが、使用するロッドに対して極端に軽かったり、重たかったりするとタックル全体のバランスが崩れてしまう場合もあるので注意しましょう。

次はドラグ性能です。
シーバスはとても強烈なファイトをしますので、テンションで切られないようにラインを出したり、時には障害物に擦られて切られないようラインを出さないようにしたりと状況に応じてドラグ調整ができるものが必要になります。

最後にギア比です。
ギア比とはリールのハンドルを1回転させたときにどれだけラインを巻き取るかを表したものです。ギア比が高いほど、巻き取り量が多く、巻き取りスピードが早いということになります。
巻き取りが遅いローギア、巻き取りが早いハイギアとありますが、巻き取り量はパワーにも関係します。リールによってそれぞれラインナップされていますのでテクニック別に選ぶようにしましょう。

これらの3つのポイントを考えながら、テクニック別にシーバスのリール選びをするとよいでしょう。
それでは下記にそれぞれのテクニック別リール選びを解説します。

<ミノーのドリフト>

流れを利用して捕食することが多いシーバスに効果的なテクニックがミノーのドリフトです。
ドリフトでは、ルアーをいかに自然に流れに漂わせられるかが肝となります。
ナイトゲームで行うことが多いテクニックですので、トラブルが少ないスピニングリールを使うとよいでしょう
リールの番手は3000番程度がおすすめです。
ミノーのドリフトは障害物周りでヒットすることも多いので、シーバスの引きを瞬時に止められる、強いドラグ性能を持ったリールが必要です。
ギア比においては、安定した巻き取りができるローギアのリールが、より自然にミノーをドリフトさせ易いといえます。

<バイブレーションの早巻き>

デイゲームで回遊しているシーバスに効果的なのがバイブレーションの早巻きテクニックです。
巻くスピードに緩急をつけるのが釣果アップのコツとなります。
キャスト回数が多くなりますので、できるだけ軽量な3000番クラスのスピニングリールを使うとよいでしょう。
バイブレーションの早巻きはオープンウォーターで細めのラインを使って行うことが多いので、ドラグはラインブレイクしないように微調整ができるものを選びましょう。
ギア比は、ストップや減速を織り交ぜやすいハイギアがおすすめです。

<スピンテールジグのフォーリング>

橋脚など縦に伸びるストラクチャー攻略や、活性が低くなったシーバスに有効なのがスピンテールジグのフォーリングです。フォーリング時のバイトを上手く取ることが釣果を左右します。
フォーリングテクニックは、ラインスラッグの調整がしやすい軽量のベイトリールがおすすめです。
ベイト専用ロッドはリール取り付け位置が、スピニング専用ロッドに比べて重心が上部にきますが、リールを軽量化することでバランスがとり易くなります
ドラグはしっかりとフッキングするために強く設定できるものがよいでしょう。
ギア比は、フォーリング時のスラッグを早く巻き取ることができる、ハイギアがおすすめです。

<ビッグベイトのドリフト>

落ちアユパターンやボラパターンで有効となるテクニックがビッグベイトのドリフトです。
流れをしっかり見てシーバスがいる場所を把握し、それに合わせて正確にキャストするテクニックが求められます。
ナイロンラインの20ポンドが最低でも80mは巻けるサイズのベイトリールを選ぶとライントラブルが起きたときも安心です。
ドラグに関しては、簡単には滑らない強い設定ができるものであれば、ライン強度に任せてファイトできます。
ギア比は、ドリフト中のラインスラッグを調整しやすく、シーバスがバイトした際に力強いファイトができるようローギアのものを選ぶとよいでしょう。

<ストラクチャー撃ち>

シーバスは、物陰に隠れてベイトフィッシュを待ち伏せし、目の前を通った時に一気に襲い掛かって捕食することが多い魚です。
入り組んだ障害物に対して、オーバーヘッドキャストやサイドハンドキャストなど、様々なキャスティング方法を駆使して狙う必要があります。
ストラクチャー撃ちには、多彩なキャストがしやすいベイトリールがよいでしょう。
また、障害物の中からシーバスを引き出す際は、擦れに強い太めのフロロカーボンラインを使うことが多い為、16ポンドを100m以上巻くことができ、強引なファイトでもたわまない強固なベイトリールを選びましょう。
障害物の中からシーバスを一気に引き出すのに必要な強いドラグ設定ができるハイギアタイプのベイトリールがおすすめです。

<バチ抜けパターン>

ゴカイの産卵行動をバチ抜けパターンと呼び、特に春のシーバス攻略では欠かせないものとなっています。
軽いシンキングペンシルを繊細なリトリーブでアクションさせることが、バチ抜けパターン攻略のキーポイントになります。
軽量なルアーの操作性に優れているスピニングリールを使用しましょう。
バチ抜けパターンではライトロッドを使うことが多いので、それに合わせて2000~2500番のスピニングリールを選んでください。
ルアーに合わせてラインは細い号数を使うので、ドラグは微調整ができるリールを使いましょう。
ギア比は安定した巻き取りができ、繊細にアクションさせることができるローギアを選ぶとよいでしょう。

<まとめ>

リール選びをしっかり行うことで、釣りがしやすくなり、結果として釣果アップにつながってきます。
漠然と選ばすにどんな釣りをするのかを考えて、リールは選ぶようにしましょう。
今回の記事を参考に、テクニック別のリール選びをしてみてくださいね。

【シーバス初心者】スレ対策に効果あり、ワームでのシーバス攻略法

シーバス釣りではハードルアーが基本となっていますが、ワームでも釣果を得ることができます。
そこで今回は、ワームをまだ使ったことのないシーバス初心者に向けて、ワームの使い方について解説します。

文末にはおすすめのワーム&ジグヘッドを紹介していますので、最後まで読んでくださいね!

【シーバス初心者】スレ対策に効果あり、ワームでのシーバス攻略法

シーバスワーム

ジグヘッドリグを使いこなす

ワームを使うときにはいろいろなリグがありますが、シーバス釣りのほとんどがジグヘッドリグとなります。

理由として、ジグヘッドのフッキング性能がよいこと、水中での姿勢が小魚に近いこと、飛距離が出ることがあげられます。

ジグヘッド注意点
  1. ジグヘッドにワームを、真っ直ぐ刺すこと。
  2. ワームが曲がった状態だと、左右どちらかに逸れて泳いだり、くるくると回転してしまうので、シーバスに上手くアピールできません。
  3. 真っ直ぐ刺すコツは、ワームにジグヘッドを当てて、フックを出すポイントの見当をつけておくこと。
  4. 自宅で何度も、練習しておくのがよいでしょう。

 

速度のメリハリ、リトリーブが基本

ワームのアクションは、リトリーブ(ただ巻き)が基本。
状況によってリトリーブ速度をゆっくりにしたり、速めにしたりして使いましょう。

また、実釣時はカウントダウンが必須。
カウントダウンとは、ワームの着水時から秒数を数えて沈める深さや、泳がせるレンジを調整することです。
最初は表層から探り、徐々に泳がせるレンジを深くするのが基本となります。
何カウント目でシーバスの反応があったのかを把握することで、釣果を伸ばすことができるので、覚えておきましょう。

ワームを使うポイント

  • ハイプレッシャー
  • ベイトが小さい
  • 深いポイント

釣り人の多いハイプレッシャーエリアは、ハードルアーの強い波動や音に対してスレています。
全く音が出ないワームであれば、そういった場所でもシーバスに違和感を与えることなく誘うことができます。

シーバスは状況によって小さなベイトしか捕食していないときがあります。
例として、5cmほどのイワシやアジ、アミ類、小型のイカなどがそれにあたります。
ワームの柔らかて細かな波動は、このような状況のときに力を発揮します。

水深がある場所では1オンス近いジグヘッドを使ったワインド釣法がおすすめ。
ワインド釣法とは、ロッドアクションでワームを激しく左右にダートさせて、シーバスのリアクションバイトを誘発していく釣り方です。
ハードルアーより沈みが速いので、効率よく広範囲を探ることができます。

 

ワームを使うときのタックルセッティング

◆ロッド:8~9ftのライトアクション

◆リール:3000番でドラグ性能がよいスピニングリール

◆ライン:PE0.6~1号程度、もしくはナイロン8~12ポンド

◆リーダー:フロロカーボン8~12ポンド

ワームを使うときは、操作性の高いタックルを使いましょう。
ラインはできるだけ細めのものを使ったほうが、飛距離が伸び、風や波の抵抗を受けづらいのでおすすめです。
併せてドラグ性能がよいリールを使うようにしてください。

また、ワームのタックルセッティングはライトなものになるので、シーバスの抜き上げが難しくなります。
ランディングネットを用意するようにしておきましょう。

 

シーバス狙いにおすすめのワーム&ジグヘッド

エコギア パワーシャッド

ソルトルアーでは定番のシャッドテールワーム。
リトリーブするとテールが動き、それがボディーに伝わることでうねるようなウォブリングアクションでシーバスにアピールします。
サイズ展開が3~5インチまであるので、ベイトに合わせた大きさを選ぶことができます。
ナチュラルカラーから、夜光カラーまでラインナップされていて、昼夜問わず使うことができます。

 

マーズ  R-32

主に夜のシーバス釣りで力を発揮するワーム。
ただ巻きで、テールが微振動してシーバスにアピール。
使い方のコツとして、できるだけ細いリーダーを使うようにすると、このワームのアクションを最大限に活かすことができます。
カラーも豊富で、その時の濁り具合やベイトに合わせた使い分けが可能です。
プレッシャーが高い場所の対策として、ぜひ持っておきましょう。

 

オンスタックルデザイン マナティー

ワインド用として設計されたスティックベイト型ワーム。
サイズは90mmと105mmがおすすめです。
硬めの素材を使用してあるので、キレのあるダートアクションを出すことができます。
使い方はロッドを激しく動かして、ワームを左右にダートさせていきます。
あらかじめジグヘッドを取り付けるための穴が開いており、初心者でも簡単にセットすることができます。
シーバスのリアクションバイトを誘発させることができる、おすすめのワインド用ワームです。

 

オーナー JH-61 静ヘッド

小さめのワームと組み合わせて使いたいジグヘッド。
水中での水平姿勢が小魚をイメージさせ、シーバスに違和感なくバイトさせることができます。
ラインアイが大きいので直結だけでなく、スナップを付けたままでもセットできるので、ハードルアーとのローテーションを簡単に行うことができます。
しっかりとした強度があり、ロングテーパーフックと相まってしっかりとフッキングができるジグヘッドです。

 

オーナー JH-67 AX-アックス

大きめのワームと組み合わせがおすすめのジグヘッド。
低重心であるため、安定したリトリーブ姿勢を維持することができます。
トリプルフックが標準装備されていて、シーバスのわずかなバイトもしっかりとらえます。
また、メインフックをベンド部分から折ってしまうことで、ワインド用のジグヘッドとして使うことができます。
フックやウエイトバランスが徹底追及されている使いやすいジグヘッドです。

まとめ

  • ワームはジグヘッドで使い、真っ直ぐに刺すのがポイント
  • プレッシャーが高い場所、ベイトが小さいとき、水深がある場所で使う
  • 操作性の高いタックルセッティングをする

ワームはハードルアーには無い独自のアピールでシーバスを誘えます。
ハードルアーと使い分けることで、釣果アップにつながります。
今回の記事を参考にして、ワームを使ったシーバス釣りに挑戦してみてくださいね!

http://www.tsuri.top/page-4046/