タイラバ固定式 一覧

遊動式と固定式、それぞれのタイラバのメリット、デメリットとは?

タイラバにはたくさんの種類が各メーカーから販売されていますが、形状やカラーで選ぶ以前に知っておくべきタイラバの特性があります。今回は、遊動式・固定式それぞれの特性とメリットデメリットもあわせて解説します。

遊動式と固定式、それぞれのタイラバのメリット、デメリットとは?

タイラバの遊動式と固定式とは

タイラバは、遊動式固定式の2種類に分類されます。
遊動式と固定式にはそれぞれに特徴がありますが、その前にタイラバとはどのような作りになっているのか触れておきたいと思います。
タイラバの構成は、目玉(ヘッド部)とヘッド部から下(各パーツ類)を組み合わせて作られています。各パーツ類には、真鯛に波動を送るネクタイ、真鯛にアピールをするスカートワームや、針掛けのフックがあります。

それでは、タイラバの固定式と遊動式について説明します。

●固定式

JACKALL(ジャッカル) ルアー ビンビン玉 クイックスプリング 120g レッドレッド/オキアミピンクJACKALL(ジャッカル) ルアー ビンビン玉 クイックスプリング 120g レッドレッド/オキアミピンク

まず、固定式ですが、ヘッド部とパーツ類が一体化して、完全に固定されているタイラバのことを言います。
固定式のタイラバは、最近店頭で見かける機会が少なくなり、陳列されているタイラバのほとんどが遊動式です。

●遊動式

JACKALL(ジャッカル) ルアー 爆流鉛式ビンビン玉スライド100g ラメグリキン/蛍光グリーンJACKALL(ジャッカル) ルアー 爆流鉛式ビンビン玉スライド100g ラメグリキン/蛍光グリーン

 

遊動式は、ヘッド部とパーツ類が固定されていなく、ヘッド部が上下自由に動くように2つに分離(完全遊動)るタイラバを遊動式と言います。
タイラバは固定式からその歴史が始まり、今では遊動式の登場で爆発的な人気を誇る釣りとなっています。
人気の火付け役となった遊動式タイラバの登場よって、真鯛がさらに釣りやすくなったと言えます。釣り具屋で見かけるタイラバのほとんどは遊動式です。

遊動式のメリットとデメリット

●遊動式のメリット

遊動式のタイラバは、タイラバが海中に沈んでいく(フォール中)間、ヘッド部が先に沈み、パーツ部分と完全に分離されるので、ヘッド部よりも軽いパーツ部分が着底するまでの時間が長くなります。
着底までの時間が長くなる事で、喰わせの時間が確保できて、フォール中のバイト(タイラバを突っついたり、かじったりする事)を誘発し易くなります。

また、真鯛がタイラバのフックに針掛かり(フッキング)した時に、真鯛が頭を左右に振って抵抗したり、強い引きをしますが、ヘッド部とパーツ部分が分離するので、ヘッド部の重さを真鯛が感じません。この独自の特徴が違和感なく針掛かりに持ち込み、バラシを防ぐ事にもつながります。

遊動式のメリットと言うより、遊動式が主流の現在では、タイラバゲームの最大のメリットと言っても過言ではありません。

●遊動式のデメリット

着底後の巻き上げ時にヘッド部とパーツ部分が回転しながら巻き上げられてしまう可能性があり、その点がデメリットとして挙げられます。
ヘッド部とパーツ部分が分離している事が原因で起こるのですが、巻き上げの時にタイラバの姿勢が安定していなければ、真鯛はアタックしてきません。
ただ、毎回タイラバが回転している訳ではなく、回転する可能性があるというレベルです。

他にデメリットとして、固定式より根掛りが多い事や、ヘッド部がラインを上下に動く為、擦れてラインが切れる可能性がある事があげられます。
最近では、ラインの擦れを軽減させる為に、ヘッド部のラインを通す部分の材質にセラミックパイプを使用したヘッドが発売されています。

固定式のメリットとデメリット

●固定式のメリット

固定式のメリットは、巻き上げ時にタイラバの姿勢に乱れがなく、直線軌道を保ち続けることができるため、等速巻きに威力を発揮します。
タイラバの王道テクニックである等速巻きが安定して行えることは、真鯛を釣る上で絶対に必要な事です。
また、遊動式とは対照的に、ヘッド部とパーツ部分が完全に固定されているので、摩擦によってのライン切れが発生しない事や、根掛りが少ない事が挙げられます。

●固定式のデメリット

遊動式と違ってヘッド部が固定されているので、真鯛がアタックしてきた時に、タイラバの重さに違和感を覚え、バラシが発生してしまいます。
また、フォール中のバイトは喰わせの時間が短いので、ほぼバイトが発生することはありません。真鯛がアタックしてくるタイミングは、ラインを巻き上げている時のみとなります。

遊動式と固定式のメリットを合わせた半固定式タイラバとは

シマノ メタルジグ 炎月 月華TG 60g 44T ケイコウオレンジ EJ-706Pシマノ メタルジグ 炎月 月華TG 60g 44T ケイコウオレンジ EJ-706P

最近では、シマノ社が半固定式というタイラバを開発して発売しています。
半固定式とは、ヘッド部とフック以外のネクタイやスカートのパーツ部分をシリコンゴムで圧着固定(半固定)したタイラバです。

フック部分は遊動式なので、等速巻きをした時には、安定した姿勢を保つことができ、バイト時では、真鯛に違和感を抱かせない遊動式のフックでバラシを軽減してくれます。

半固定式タイラバは言わば、固定式と遊動式のハイブリッドタイラバと言えるでしょう。
また、ヘッド部とパーツ部分のシリコンゴムを外すことで、遊動式のタイラバにして使用することもできます。
筆者はこの半固定式タイラバで、基本的には遊動式を行い、状況によって半固定式にして真鯛のアタリを探っています。

まとめ

タイラバのそれぞれのメリットとデメリットを把握していただいたかと思いますが、タイラバでは、遊動式タイラバが有利であり、基本的には遊動式をおすすめします。
しかし、鯛のアタリが取れない場合等は、状況によって固定式に切り替えるとアタリが発生する場合もあります。
半固定式タイラバという半固定と遊動の切り替えがスムーズにできる画期的とも言えるタイラバは、非常にメリットが大きい為、これからタイラバを購入する方に、是非おすすめします。


おすすめタイラバ5選、特徴を教えて!

タイラバは、ロッド、リール、タイラバとシンプルなタックルで楽しめる釣りだけに、その細かなパーツに多くの種類があります。固定式、遊動式、またスカートの種類などそれぞれ組み合わせることでカスタムも可能です。今回はタイラバの各パーツの特徴とおすすめのタイラバ5選を紹介します。

おすすめタイラバ5選、特徴を教えて!

タイラバの構成と特徴

タイラバは、鉛の目玉(ヘッド部)とヘッド部から下のヒラヒラのネクタイ、スカートやワーム等のパーツとフックを組み合わせる構成となっています。
また、タイラバには固定式遊動式の2種類があり、それぞれに特徴があります。

●固定式

JACKALL(ジャッカル) ワーム ビンビン玉 スルメデス 80g メタルレッド/赤イカ.JACKALL(ジャッカル) ワーム ビンビン玉 スルメデス 80g メタルレッド/赤イカ.

固定式は、ヘッド部とネクタイやスカート等のパーツ類が固定されているタイラバのことを言います。巻き上げ時に直線軌道を保ち続けることができ、等速巻きに威力を発揮するメリットがあります。

しかし、鯛がアタックしてきた時に、タイラバの重さを直接感じてしまうことで違和感を覚え、バレてしまうというデメリットも。

●遊動式

ダイワ(Daiwa) タイラバ 紅牙 ベイラバー フリー 鍍金ゴールド 80gダイワ(Daiwa) タイラバ 紅牙 ベイラバー フリー 鍍金ゴールド 80g

 

遊動式はヘッド部が中通し(中空)になっており、ネクタイやスカート等のパーツ類が遊動するタイラバのことを言います。
遊動式のメリットは、海中に沈んでいく(フォール)間、ヘッド部とパーツ部分が分離されるので、軽いパーツ部分が着底するまでに時間差が発生します。その際、必然とタイラバの食わせの時間が確保されて、フォール中のバイトが誘発し易くなるのです。

また、鯛がアタックしてきた時にヘッド部分の重さを感じないため、喰い込みが良くなりバラシを防ぐ事にも繋がります。

着底後の巻き上げ時にヘッド部とパーツ部分が回転しながら巻き上げられてしまう可能性があり、その点がデメリットとして挙げられます。
タイラバの姿勢が安定しなければ、鯛はアタックしてきません

固定式と誘導式はそれぞれにメリットとデメリットを持っています。

タイラバの選び方

タイラバの構成と特徴でそれぞれのメリットとデメリットを解説しましたが、では実際に釣行する際に、固定式のタイラバを選ぶのか、遊動式のタイラバを選ぶのか、悩むところではないでしょうか?

現在は、バリエーション多く販売されている遊動式のタイラバに分があり、アングラーの多くは遊動式を使用しています。しかし、遊動式のタイラバが販売され始めたのはタイラバが流行してからになります。当初は固定式が主流だったのです。

固定式は、巻き上げている時のみしかヒットする機会はありませんでしたが、その後、遊動式の登場でフォール中のバイトのヒット率が上がり、遊動式が常用されることになります。

以上のことからも、タイラバを選ぶ時は、遊動式を選択すると対応の幅が広がります。
また、遊動式の弱点を補う形で、半固定式のタイラバも発売されています。

半固定式とは、ヘッド部分とパーツの部分をシリコンゴムで付け離しが可能なタイラバです。
固定式と誘導式の切り替えが簡単に出来て非常に便利です。

パーツの選び方

次に、それぞれのパーツの選び方を解説します。

●ヘッド

デュエル(DUEL) スライドヘッド 60g O F1097-Oデュエル(DUEL) スライドヘッド 60g O F1097-O

ヘッド部の重さは、釣行時の潮流に合わせて選ぶので、臨機応変に選んで交換できるよう、60g~120gまでを用意しておくと安心です。

ヘッドのカラーは赤、オレンジ、ゴールド、グリーンの4種類程度を揃えておけば十分です。

●ネクタイ

ネクタイはストレートタイプとカールしたタイプ等の様々なタイプが販売されています。ストレートタイプを使用するアングラーが多く見受けられますが、その日のベイトパターンや、鯛の活性状況でネクタイを選ぶことが大事ですので、様々なタイプを揃えておくことが大事です。

ダイワ(Daiwa) タイラバ 紅牙 ベイラバー シリコンネクタイ 間詰チャートダイワ(Daiwa) タイラバ 紅牙 ベイラバー シリコンネクタイ 間詰チャート

筆者は、ノーマルのストレートタイプカールタイプを常備しています。
色はまたは、オレンジで、材質がシリコン製の耐久性に優れたものを選ぶことをおすすめします。しかし、ベイトに合わせることも必要な時がある為、グローも揃えておくと安心です。スカートはネクタイとは違う色を付ける事で鯛へのアピールが高まると言われています。その為、ネクタイで使用していないカラーを選びましょう。

ワーム等アピールをする為のパーツ類は、正直好みの問題ですので、必要に応じて好きなものを選ぶと良いでしょう。

以上の事を踏まえて、筆者おすすめのタイラバをご紹介します。

シマノ 炎月タイガーバクバク 02T オレンジゴールド 80g

遊動式タイラバで、食い渋り時でも実力を発揮するタイガーバクバクは、筆者が一押しするタイラバです。
また、シマノ独自のスルスルパーツでネクタイが簡単自在に変更することができ、タイラバに重要な時合いを逃すことがありません。是非ともお試しいただきたいタイラバです。

シマノ 炎月神楽 04T フルレッド 100g

半固定式タイラバで、遊動式への変更も容易に可能。特徴として、速い潮流の抵抗を上手く逃がし、姿勢がブレません。また貫通性に優れたフックが装備されており、鯛のバラシを軽減してくれます。

DAIWA 紅牙ベイラバーフリー 黄金オレンジ 100g

完全遊動式のタイラバです。スラローム型のヘッドによって、狙うレンジまで一直線な姿を描き、着底後の巻きの姿勢も崩しません。
完全遊動式なので、鯛の喰いも違和感なくスムーズで、バラシを軽減してくれるモデルです。

DAIWA 紅牙ベイラバーフリー カレントブレーカー オレンジ 120g

ヘッド上部のラダーによる安定したフォールと巻き取りで、潮流の速い時に実力を発揮してくれます。

DUEL ソルティー・ラバー スライド LSCA 100g

ヘッド部がDUEL社らしい多角デザインで、高いアピール性が特徴のタイラバです。
遊動式と強力なヘッド部の発光が鯛を引き寄せてくれること間違いありません。

まとめ

遊動式タイラバは、広範囲にわたってバイトチャンスがあり、タイラバゲームに有効です。メーカーによっては半固定式タイラバを発売しており、固定と誘導を簡単に切り替えることができます。
各メーカーともに遊動式が主流となっていますが、どの製品も基本的な性能は同じです。釣果を左右するネクタイとスカートは種類が多いと重宝しますので、色々と揃えて、試されることをおすすめします。