ダイワ

スポンサーリンク
グレ

2019年秋発売 ダイワ新製品LBリール、シグナス&ラグザスを徹底解説

2019年秋にダイワから発売されるLBDリールの新製品「シグナス」と「ラグザス」は、BITUBO(バイターボ)ブレーキシステムをはじめ、ロングキャストABSなど様々な機能を網羅しリリースされます。シグナスはレバーブレーキリールの入門者に、またラグザスは上級者にもおすすめできるコストパフォーマンスに優れた新製品と言えるでしょう。
ブラックバス

2018年春、バス釣りにおすすめのベイトキャスティングリールベスト10

春のバスは産卵時期にあたる「スポーニング(バスの産卵行動)」と言われる時期に突入します。 春先はバス釣りファンにはたまらないバスフィッシングの時期で、何がたまらないかと言うと、この時期はバスが最も岸近くに寄ってきて、しかもビックバスが寄っ...
ブラックバス

2018年春、バス釣りにおすすめのスピニングリールベスト10

春のバスは産卵時期にあたる「スポーニング(バスの産卵行動)」と言われる時期に突入します。 この時期はバスの活性が最も上がり、そして最も岸近くに寄ってきて、しかもビックバスがシャローエリアのストラクチャーに寄ってくるからです。 そのため、...
アオリイカ

2018年春、エギングにおすすめのリールベスト5

春に使用するエギングリールは、パワーのある2500番~3000番のスピニングリールを使用します。 可能であればよりリールの力のある3000番がおすすめ。 春のアオリイカは大型傾向にあり、個体の大きさに比例して引きが強くなるので、引き寄せる力がリールになければラインの巻き取りに非常に苦労します。
アオリイカ

【2017エギング新製品】ダイワ エメラルダス STOIST AGS NEWラインナップを解説!

エギング界のカリスマ的存在、山田ヒロヒトがプロデュースするエギングロッドが、ダイワから発売されているエメラルダスSTOIST AGSシリーズです。今回はそのエギングロッドに追加ラインナップされた2017新製品3アイテムに焦点を当てて解説します。
アオリイカ

価格差のあるエギングロッドはどこが違うのか?

エギング初心者から中級者への段階の移行は、経験や技術だけでなくタックルにも変化をもたらします。とくに初心者の方は、エギングロッドの価格差の理由である、ロッドの構造や素材、またガイドの種類などをしっかり把握して購入することが大事です。 今回は、安いエギングロッド、高いエギングロッドの違いについて解説します。
商品レビュー

2017年夏、暑さ対策におすすめのグッズを紹介

炎天下での釣りの熱中症対策は重要です。水分補給はもちろん、体感の涼しさを保ちながら紫外線を極力浴びない様にする工夫が熱中症の予防となり、また釣りを快適にします。 今回は、暑さ対策におすすめの製品を2017年の新製品と合わせて紹介します。
ルアー

【2017新製品】6月発売予定 ダイワ Xファイアについて解説

シーバスやサーフでのヒラメなどのルアー釣りにおすすめのスピニングリール、Xファイアがダイワ独自の最先端テクノロジーを搭載して生まれ変わります。 さらにZAION製コンパクトボディにマグシールドやATD(オートマチックドラグシステム)と進化を遂げています。
ルアー

《ダイワ》マグシールドを搭載、月下美人MX

近年のダイワの中級機以降のリールのリニューアルには必ず、マグシールドが搭載されるようになりました。月下美人MXにはマグシールドの他にATD、エアローターなどの最新機能も搭載、実売価格は1万5千円程度になりそうです。初心者からエキスパートまで幅広く使える、コスパのとても高いリールです。
エギング

《ダイワ》春イカ攻略にリールを新調しませんか?エメラルダス

ダイワの最新機能を惜しみなく投入している、お得なリールです。エメラルダスシリーズの他のリールとの大きな違いは、素材に「ザイオン」を使用していないこと。このため自重がエギング専用モデルにしてはちょっとだけ重ためですが、その分値段が安いメリットがあります。
新商品

《ダイワ》マグシールド搭載の軽量、ハイバリューリール、EM MS

カルディアとフリームスの間に位置する価格帯の新型リール。ダイワの最先端機能を惜しみなく搭載しています! 《ダイワ》マグシールド搭載の軽量、ハイバリューリール、EM MS フリームスよりも約2割の自重減、マグシールドやATDなどの...
新商品

《ダイワ》堤防釣りの人気リールがリニューアル、クレスト

インフィニットストッパー搭載、前作をはるかにしのぐ回転性能を実現しました。 主な搭載機能 ・インフィニストッパー ・耐久性に優れたデジギヤII ・ライントラブルを激減させるABS II ・クロスラップ ・ツイストバスターIIなど。
メバリング

2016年冬、メバリング初心者にオススメのロッドBest3

メバルに関しては個人的にはプラグを使った釣りが好きなので、チューブラートップをオススメします。このロッドは1.5gから7gまで対応してるので、幅広く使えるのが魅力的です! ファーストロッドでありながら次にステップアップしても、セカンドロッドとして役に立つクオリティーを持った一本です(^^)
イベント情報

《イベント》チヌ釣り師よ集え、第1回ダイワ銀狼カップ2016

スーパーバトルカップでは、予選会の各会場の一発勝負で全国大会出場選手が決定していましたが、銀狼カップからは予選会の次にブロック大会が行われる二段階予選方式となりました。 ブロック大会での競技ルールはまだ明示されていないようですが恐らく、グレマスターズのブロック大会のような対戦形式になると推測しています。
ルアー

《ダイワ》最新機能のすべてを注ぎ込む、16セルテート登場!

ニューセルテートは、マグシールドボールベアリングをドライブギアの両軸にも搭載し、マグシールドのフル装備を実現しました。エアローターの軽量化、ATD(オートマチックドラグシステム)など、ダイワの最先端機能を惜しみなく搭載しています。
ブラックバス

2016年冬、初心者にオススメのブラックバス用ベイトリールBest5

今回は初心者の方にオススメの、バスフィッシング用ベイトリールを評判やコストパフォーマンス順に紹介します。これからベイトリールを使いたい方はぜひ、参考にしてみてください。 2016年冬、初心者にオススメのブラックバス用ベイトリールB...
ルアー

《ダイワ》ベイトフィネス専用機第3弾、アルファス エア

新設計のG1ジュラルミン製エアスプール搭載で淡水はもちろん海のルアーシーンまで幅広く活躍します。 ベイトフィネス機としての尖った性能を持ちながら、ギヤ比を見直して打ち~巻きまでのバーサタイル性も持たせており、程よいマイルドさでコアアングラーからビギナーまで使いやすい点です。
ルアー

《ダイワ》驚くほど細くて強い、ソルティガ

ニュー「ソルティガの」最大の特長は「驚くほど細くて強い」こと。カーボン加工技術において他の追随を許さないダイワならではの新テクノロジー「HVFナノプラス」で、従来のソルティガのイメージはおろかオフショアロッドの既成概念をも覆す、細身軽量でありながら圧倒的なバットパワーを備えたロッドに仕上げています。
ルアー

《ダイワ》淡水、海水問わず、フィネスからパワーゲームまで、ジリオン SV TW

タフコンセプトのエース 「ジリオン」 が、G1ジュラルミンSVスプールを搭載して新時代の快適さ・バーサタイル性能を装備しました。TWS(T-ウイングシステム)が「これまで以上の飛距離」、大口径タフデジギヤ(ハイパー仕様)が「力強い巻取り」を可能にし、伝統のスピードシャフト機構が両者をよりスムーズにしています。淡水・海水を問わず、フィネスゲームからパワーゲームまで幅広く活躍します。
初心者

《鮎釣り初心者》ダイワの鮎竿の特徴を教えて!

鮎竿については、メーカー別に取り立てて特徴がある訳ではありません。もし、各メーカーの特徴を具体的に知りたいのであれば、メーカー自体の特徴と言うよりも鮎竿に搭載されているメーカー独自のスペックを特徴として捉える方が、後々の竿選びの参考にもなるのかと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました