フカセ釣り 一覧

《釣研》速攻全遊動釣法、プログレスチヌハイグレード

九州のフカセ釣り愛好家から絶大な支持を受ける、ウキ製造メーカーの釣研から、チヌ釣専用の円錐ウキが、2016年の初旬に発売されます。

《釣研》速攻全遊動釣法、プログレスチヌハイグレード

プログレスチヌ

「速攻全遊動釣法」とは?
自然な仕掛け沈降を邪魔する要素である風や潮流を排除するため、仕掛け全体を沈めながらチヌにツケエをアピールするのが「速攻全遊動釣法」です。
グレ釣りで頻用される一般的な「全遊動釣法」との大きな違いは、仕掛けの沈下速度です。仕掛けをゆっくり沈めることが求められるグレとは違って、高速で仕掛けを沈めるのがこの釣法の大きな特徴です。
状況に合わせ、仕掛けの最適な沈降速度を可能にするため、沈降速度別に6段階という極めて細分化された浮力設定としています。

チヌ

カラー:スカレット、イエロー
浮力:S-1〜S-6の6段階
穴径:1mm
大きさ:φ30×L31
価格:オープン

↓考案者の木村真也氏が、プログレスチヌの使い方を解説してくれます。

春チヌ狙いの強力な武器の登場だ!
つりトップ

 


2016年冬、寒グレ狙いに使いたい釣研ウキBest3

海水温が16℃を切って、寒グレシーズン終盤が近づいた途端に、グレの食い込が渋くなります。そんな時は、高感度のウキでグレの小さなアタリを察知して、寒グレを攻略したいものです。寒グレ狙いににオススメ、グレ釣りウキのトップブランドの釣研のウキを紹介します。

2016年冬、寒グレ狙いに使いたい釣研ウキBest3

グレ

第1位:ゼクト


徳島県のグレ釣り師、森井陽名人プロデュース。ウキのトップにティンプルがあるので、仕掛けを流している途中の浮き上がりを抑えています。S、M、Lの3サイズがあるので、遠近を上手く使い分けて攻めることが可能です。

第2位:オペレート


横井公一名人プロデュース。グレ釣りで頻用される0号前後の浮力を細かく、ラインナップしているので、より繊細にグレにアプローチすることが可能です。B以上の浮力のウキには、ウキ止めが内部で止まるように設計されているので、シモリ玉なしでオッケーです。お値段がお高めですが、それ相応にクオリティーも高いです。

第3位:グレニカル


SSサイズは約4gの軽量小粒ウキです。どうしてもグレのアタリがウキに出ない時に、活躍してくれます。極寒で魚の反応が全くない時の瀬際狙いに、使用してみてはいかがでしょうか?

釣るのが難しい寒グレ終盤期が、もっともグレ釣りが面白い時期です!難しいからこそ、釣りの深みを実感できる磯の寒グレ釣りへ行きたいですね!

グレ釣りのウキは、揃ってますか?
つりトップ


《フカセ釣り初心者》2016年春、春チヌ狙いに使いたいスピニングリールBest3

この春からフカセのチヌ釣りを始めたい初心者に、オススメのリールを紹介します。春のデカチヌのパワーに負けない、快適な使い心地のリール揃いですよ!

《フカセ釣り初心者》2016年春、春チヌ狙いに使いたいスピニングリールBest3

第1位:ダイワ/銀狼LBD


ダイワのフカセ人気シリーズの銀狼のリールです。ブラックボディと、所々に施されたオレンジカラーがとてもクールに配色されています。2015年2月の発売モデルなので当然、マグシールドを搭載しています。ボディに加えてレバーブレーキも、軽さと剛性を兼ね備えたザイオンを使用しています。ややお高いリールですが、チヌ釣り師としての意気込みを感じさせられます。

第2位:シマノ /14 BB-X HYPER FORCE [ハイパーフォース]


2014年にコンパクトモデルが発売されて、さらなる軽量化を実現しました。チヌ釣り推奨の1700、2000クラスはそれぞれ190gです。実売価格が3万円代前半の、ハイコストパフォーマンスモデルです。入門者からベテランまで、幅広く使われています。

第3位:シマノ/NEW BB-X テクニウム


シマノのレバーブレーキタイプのスピニングリールのフラッグシップモデルです。初心者にはかなりお高い買い物ですが、お金に余裕があってチヌ釣り(もしくはグレ釣り)に真剣にやる意気込みがあるのであれば、超おすすめのリールです。SUTブレーキの逆回転しないのには、感動しました!竿振れがなく、とても快適です。

重たいリールを選ばないようにしよう!
釣りは初心者である期間はほんの少しで、すぐに中級者にレベルアップします(そこから上級者に上がるのは難しいですが)。そのため、あまり安いものを買うとあとで後悔することも…。チヌ釣りのリールに関しては、300g程度のものは重たいのが嫌で買い換えることがあるので、選ばないようにしましょう。

春チヌを釣ろう!
つりトップ