ベイトフィネス 一覧

ベイトリールで軽いルアーを投げたい!そのためのタックルセッティングや投げ方のポイントとは?

ベイトリールで軽いルアーを投げたいと思う方は多いと思います。
構造上、重たいルアーを扱うのを最も得意としているベイトリールですが、現在では軽いルアーも扱えるモデルがあるほど技術が向上しています。
今回はベイトリールで軽いルアーを投げるためのタックルセッティングや、キャスティングのポイントについて解説します。

ベイトリールで軽いルアーを投げたい!そのためのタックルセッティング・投げ方のポイントとは?

<ベイトリールで軽いルアーを投げるメリット>

軽いルアーを投げる、といえばスピニングタックルが最初に思い浮かぶと思いますが、それをベイトリールでやってみると下記のようなメリットがあります。

・リトリーブが安定する
・スピニングタックルより太いラインが使える
・ルアーによっては、飛距離が向上する

軽いルアーは手元のブレがそのままラインを通して伝わりやすいので、アクションが不自然になることがありますが、ベイトリールはリトリーブ中のルアーの姿勢を安定させやすいと言えます。
また、同時にラインでバイトが取りやすくなるといったメリットも生まれます。

アブガルシア ベイトリール REVO MGXTREMEアブガルシア ベイトリール REVO MGXTREME.ベイトリールではスピニングタックルより太いラインを使うことができます。
太いラインを使用できれば、カバーなどの細い糸で狙うのをためらうポイントでも軽いルアーで効率的に攻めることができ、釣果アップにもつながります。

さらにルアーによってはキャスト飛距離がスピニングタックルより伸びるものがあります。
キャストのときにラインがガイドにあたる抵抗を最小限に抑えられることが理由としてあげられます。

<軽いルアーを投げるためのタックル>

初心者の方はどういったタックルを使ったらよいか分からないと思います。
ここではその例を挙げておきます。

・ロッド・・・6.6~7ftクラスのライトパワー
・リール・・・スプール直径が小さなモデル
・ライン・・・6~10ポンド

軽いルアーを投げるためにはロッドをしっかり曲げてキャストすることが重要です。
少し長さがある方がしなりやすく、かつ柔らかいライトパワーのベイトロッドが適しています。

メジャークラフト ベイトロッド コルザベイトフィネスモデル CZC-672L/BFメジャークラフト ベイトロッド コルザベイトフィネスモデル CZC-672L/BF
リールは、スプールの直径が小さなモデルを選んでください。
ベイトリールはスプールの直径によって投げやすいウエイトが決まります。
軽いルアーを使う際には、直径32mmくらいのスプールが使いやすく、ラインに関しては6ポンド以上の太さがよいでしょう。
6ポンドより細いラインにしても飛距離はあまり変わらず、かつスプールとボディーの隙間にラインが挟まってしまうことがありますのでおすすめできません。

<軽いルアーを投げるためのセッティング>

軽いルアーを投げるためには、タックルとセッティングが重要です。
ここではセッティング例を2つ紹介します。

・ブレーキ調整
ベイトリールではブレーキ調整が必要となりますが、軽いルアーを使う際は、より細かくセッティングをする必要があります。
まずメカニカルブレーキはロッドにラインを通して、ルアーを結んだ状態で水平に構え、クラッチを切るとルアーの重みでラインがスルスルと出る程度にしてください。
ブレーキシステムについては、強さを最大にしてから投げてみて、徐々に弱めていくとよいでしょう。
キャストしながら弱めていき、キャスト時にラインがスプール上で浮くところが出てくると思いますので、それより少し強めの状態で設定するとトラブルなく使いやすいです。

・ラインの巻き量
軽いルアーを投げるときには、ベイトリールのスプールに巻くラインは少なくしておきましょう。
スプールにラインをいっぱいに巻いてしまうと、巻いたラインの重みでスプールの立ち上がりが悪くなり、逆に回転し始めると過回転になりやすくなります。
30~40メートルくらいを目安としてください。
ラインを巻くときは、ハンドル1回転あたりの巻き取り量を参考に、ハンドルを何回転させたらよいかを考えて巻いてください。

<軽いルアーの投げ方>

軽いルアーを投げるときには、まずタラシを長めに取りましょう。
通常の重さのルアーであれば20センチ程度ですが、軽いルアーの場合は50センチ以上取るとよいでしょう。
タラシを長く取ることでルアーの重みをロッドに乗せやすく、また投げるタイミングも取りやすくなります。

JACKALL(ジャッカル) ルアー チェリー44JACKALL(ジャッカル) ルアー チェリー44 クラシックリミテッドセット D SET

次に投げ方ですが、大きな動作で投げることがポイントです。
軽いルアーは速い動作で投げようとすると、ロッドの曲がりとルアーの重みが乗るタイミングがずれてしまいます。投げる瞬間の衝撃が直接ルアーに伝わってしまうと、飛行姿勢が乱れて飛距離が落ちてしまいますので、ゆっくりと大きな動作で流れるように投げるとよいでしょう。
また、ルアーの重みを感じ取りやすくするために、シングルハンドでのキャストもおすすめです。手首のスナップを柔らかく使って投げるようにしてみてください。

<まとめ>

ベイトリールで軽いルアーを投げる方法についてまとめると、
・柔らかいライトパワーで少し長めのロッド、スプール直径が32mm程度のタックルを使う
・ブレーキセッティングは細かく調整し、ラインは少なく巻いておく
・タラシを長く取り、大きな動作で投げるのがポイント
今回の記事を参考に、ぜひベイトリールで軽いルアーを投げてみてください。

ベイトフィネスって何?基本とおすすめベイトリールベスト5紹介!

バス釣りをしていて、最近よく耳にするのがベイトリールを使用した「ベイトフィネス」という釣り方です。
初心者の方が「フィネス」という言葉を聞いて、どんな釣り方をするのかを最初からイメージするのはきっと難しいと思います。
今回はそんな初心者の方へ、ベイトリールを使用した「ベイトフィネス」という釣り方についての解説と、ベイトフィネスにおすすめのリールベスト5をランキングで紹介します。

ベイトフィネスって何?基本とおすすめベイトリールベスト5紹介!

<ベイトフィネス=ベイトリールでのフィネス>

フィネスは、繊細、精細、精妙、細かさといった意味をもつ言葉です。

釣り用語のフィネスとは、 柔らかいロッドや細いラインにを使って、軽く小さなルアーを繊細にアクションさせて魚を誘う釣り方のことを言います。
今までは基本的に軽いルアーを使ってもトラブルが少ないスピニングリールが多用されてきました。

しかし現在では技術の発展により、ベイトリールでも細いラインを使用して軽いルアーを扱うことができるようになっています。
通常のベイトリールでは最低でも自重が7gクラスのルアーをキャストするのが限界でしたが、ベイトフィネス用のベイトリールであれば3ℊでもキャストすることができます。
技術の発展により、軽いルアーをキャストできるようになったベイトリール。それを使用した釣りのことを、「ベイトフィネス」と言います。

<ベイトフィネスのメリット>

ここではベイトフィネスの具体的なメリットを3つ解説します。

●手返しが速い

これはベイトリール全般に言えるメリットですが、同じルアーをベイトリールとスピニングリールでキャストし、回収してから次のキャストへ…、といった一連の動作を比較すると、ベイトリールのほうが明らかに手返しが速くなります。
1日を通して釣りをしたときのそのキャスト数の差は大きく、結果として魚をキャッチできる確率も上がると言えます。

●使えるラインの幅が広い

ベイトフィネスは繊細にルアーを扱うことに長けていますが、ラインに関しては太さを選びません
時にはスピニングリールで使うような6ポンド程度のラインを使ったり、またある時にはカバーを狙うために12ポンドといったラインを使用することも可能です。狙うポイントや使用するルアーによって使えるラインの幅が広いのが特徴と言えます。太いラインの自重を活かした、スラッグアクションも得意とします。

●スピニングリールより飛距離がでることも

スピニングリールはスプールからラインが放出される際、らせん状になって出ていくので、どうしてもガイドとの干渉で飛距離のロスが発生します。
ガイドの干渉によってラインの出方が一定でなくなると、軽いルアーはとくにその影響を受けて飛距離が落ちてしまいます。
対してベイトフィネスは、スプールからラインが放出される際、弾道が直線に近いので、飛距離の損失が少なく、時にスピニングリール以上に飛距離が出ることがあります。

<ベイトフィネスの基本的なタックルの目安>

ここではベイトフィネスの基本的なタックルの目安を挙げておきます。

・ロッド…6.3~7ftクラスのウルトラライトからライトパワーのもの
・リール…ベイトフィネス用ベイトリール
・ライン…フロロカーボン6~12ポンド
・ルアー…ネコリグ、ジグヘッドワッキー、ノーシンカー、スモラバなど3~7g程度のもの

通常のベイトタックルからするとかなりパワーが落ちるようですが、十分バスなど魚の引きに対応できます。
このようなタックルを使うと、スピニングリールでは狙えなかったようなカバー周りを果敢に攻めることができます。
キャストできる場所が増えることも釣果アップに繋がる大事な要素です。

それでは次におすすめベイトフィネスリールベスト5を紹介していきます。

<おすすめベイトフィネスリール>

1位 【シマノ アルデバランBFS XG】

FTB搭載のベイトフィネス専用リール

シマノ リール 16 アルデバラン BFS XG 左
シマノといえば、ほとんどの機種に搭載されている遠心力ブレーキです。
しかしこのアルデバランBFS XGには、マグネットを使った新機構のスプールが搭載されています。これによって今まで以上に軽量ルアーを快適にキャストできるようになっています。
ギア比8.1:1で回収も素早く、テンポのよい釣りを可能としてくれます。

 

2位 アブガルシア【Revo LTX-BF8】
超軽量なベイトフィネスリール
アブガルシア ベイトリール REVO LTX-BF8-L

自重129gと、とんでもない軽さが特徴のベイトリールです。
着脱式のマグネットブレーキシステムを搭載しています。
着脱式のセッティング方法は初心者にも分かり易い様、メーカーのサイトに目安が載せてありますので安心です。

替えカラードナットプレートというアクセントパーツも同梱されており、他にはないおすすめのベイトフィネスリールです。
3位 【シマノ スコーピオンBFS】
人気のスコーピオンのベイトフィネス仕様

スコーピオン BFS
ランキング1位で紹介した、アルデバランBFS XGにも搭載されているFTBを搭載しながらも、コストパフォーマンスに優れたベイトフィネスリールです。

細号柄のラインを使用に際にとくに気になるドラグには、サウンドが発生するようになっており、ドラグが効いているかどうかを確認しながらファイトすることができます。
ベイトフィネスは一部ソルトルアーでも使われるようになっていますが、このスコーピオンBFSも海水にも対応しています。

4位 【アブガルシア REVO LT7】

上位機種にも負けない機能を持ったベイトフィネスリール

アブガルシア ベイトリール REVO LT7-R
バス、ソルトルアー、そしてトラウトといった幅広い応用範囲を持ったベイトフィネスリールです。
コンパクトで握り込み易く、キャストもしやすいので長時間の釣りでも疲労感が少ないです。
他メーカーのベイトフィネスリールにはない、ルアーキーパーという機能も搭載されています。
5位 【ダイワ SS AIR】
赤を基調としたベイトフィネスリール

ダイワ(Daiwa) ベイトリール 14 SS エア 8.1L
見た目もさることながら、ZAION(軽量カーボン素材)製スタードラグ・ハンドルノブを搭載した最新テクノロジー機能満載のリールです。
キャストに関してはエアブレーキシステムがサポート、トラブルの少ないキャスティングが可能となっています。
感度にこだわって釣りをしたい方におすすめのベイトフィネスリールとなっています。

<まとめ>

ベイトフィネスについてまとめると、

●メリット
・手返しが速い
・使えるラインの幅が広い
・スピニングリールより飛ぶことがある
●ルアーはネコリグ、ジグヘッドワッキー、ノーシンカー、スモラバなど3~7gのものが対象

ベイトフィネスを使いこなせるようになると、狙える場所が増えることが分かります。
狙える場所が増えると、今まで釣れなかった魚が釣れるようになると思います。
ぜひ今回の記事を参考にして、ベイトフィネスに挑戦してみてくださいね。

【ルアー初心者】ベイトリールでのルアー釣りはどんな魚が釣れるの?

ルアー釣りで使用するリール、スピニングリールと別にもう一つの選択肢として、ベイトリールを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
ベイトリールにはバックラッシュというトラブルがつきものです。初心者の方は使いこなせるようになるまで時間が掛かるかもしれませんが、慣れてくると多くのメリットがあることに気づきます。
今回はベイトリールを使用したルアーで釣れる魚と、それぞれベイトリールを使用するメリットを紹介したいと思います。

ベイトリールでのルアー釣りはどんな魚が釣れるの?

<ベイトリールのメリット>

最初にルアー釣りでベイトリールを使用するメリットを解説しておきます。
ベイトリールは構造上スピニングリールと違い、ラインがスプールから撚れることなく直に放出され、またスプールに直に巻き上げることができます。

スプールに直接パワーがかかる為、ラインの巻き上げ力が強いと言えます。

次にキャストの手返しの良さです。
スピニングリールだとラインを指で拾って、ベールを起こしてから…と、キャストまでの工程が多いですが、ベイトリールはクラッチを切るだけですぐにキャストに移ることができます
さらに、指でラインの放出スピードをコントロールすることができ、より精度の高いキャストが可能です。

最後に、リトリーブスピードを安定させられることです。
近年のルアー釣りでは釣り人の多さからプレッシャーが高い釣り場も多く、ルアーが少しでも不自然な動きをしてしまうと、魚に見切られてしまうことがあります。
スピニングリールはリトリーブのときにローターが回転するので、重心バランスが崩れやすくロッドがブレてしい、それがルアーに伝わってしまうことがあります。
安定したリトリーブスピードを保つことで、ルアーが不自然な動きをせず、魚がショートバイトしてきたときでも、アタリを感じやすくなります。

これらのメリットを理解したうえでベイトリールを使用すれば、より得意とする状況でのベイトリールの選択肢が分かってくると思います。
それでは下記にベイトリールで狙える、ルアー釣りの魚種を紹介します。

<ブラックバス>

ベイトリールが最も多く使われるのが、ブラックバスのルアー釣りです。
ブラックバスのルアー釣りでは広範囲の障害物をテンポよく探るので、キャスティングがしやすいベイトリールが多用されます。

軽いルアーなどのキャスティングには、スピニングリールが定番となっていましたが、
近年ではベイトフィネスといって軽いルアーをトラブルなく投げられるようにベイトリールが進化しており、さらにベイトリールが使われるシーンが多くなっています。

フィネスモデル ベイトリール

アブガルシア ベイトリール REVO LT

<ナマズ>

河川や池で見られるナマズのルアー釣りでもベイトリールはよく使われます。
特にナマズは他のルアー釣りと比べると多様なアクションを必要とせず、逆にルアーを一定のスピードで動かすことが釣果のポイントです。
また、ヒットしてからは強烈な引きにも対応しなければなりません。
巻き取りに力があり、リトリーブが安定するベイトリールを使うことでナマズのバイトを引き出しやすくなります。

<ライギョ>

最大で1mにもなる淡水魚がライギョです。
ライギョのルアー釣りはほとんどフロッグというルアーを使用し、バイトやファイトがとても激しいのが特徴です。
ライギョはその見た目や体型に見合わず、音や影に対する警戒心が非常に強い魚です。
静かに正確にルアーをアプローチすることが釣果を上げるポイントです。
ベイトリールを使うことで精度の高いキャスティングをすることができ、激しいファイトには力強い巻き取りパワーで対応できます。

<シーバス>

シーバスのルアー釣りはスピニングリールがメインとなること多いですが、ビッグベイトのドリフトやメタルジグなどのフォーリングといった釣り方ではベイトリールがよく使われます。
これらはラインスラッグの調整がキーとなるので、ベイトリールのメリットであるリトリーブの安定性を活かすことで簡単にこなすことができます。
ファイトのときには力強い巻き取りで対応できます。

テイルウォーク(tailwalk) リール ELAN WIDE POWER PLUS 71R

 

<ジギング>

ジギングでベイトリールが使われるのは、スロージギングと呼ばれる釣法のときが多いです。
スロージギングは、激しくジャークを繰りかえす一般的なジギングと比べて、ゆっくりとしたジャークにフォーリングを織り交ぜながら行います。
このときベイトリールの安定したリトリーブでラインスラッグを上手く調整させることが釣果を得るポイントです。
また、魚がヒットした時には巻き取り力の強さで主導権を持ってファイトすることができます。

<ロックフィッシュ>

ハタやアイナメなどのロックフィッシュのルアー釣りでもベイトリールが多用されます。
ロックフィッシュはその名の通り、岩礁などに隠れていることが多く、ヒットしたら一気にポイントから引きずり出す必要があります。
瞬時にあわせを入れることができ、力強い巻き上げ力で一気にロックフィッシュを根から引きずり出すことできるのがベイトリールです。

ダイワ リール HRF PEスペシャル 7.3L-TW

<まとめ>

ベイトリールを使用したルアー釣りについてまとめると、
・力強い巻き取りパワー、キャスト手返しの良さ、リトリーブが安定することがメリット
・淡水ではブラックバス、ナマズ、ライギョ、海水ではシーバス、ジギング、ロックフィッシュでよく使われる。
以上となります。

ぜひ今回の記事を参考にして、ベイトリールでのルアー釣りに挑戦してみてください。