マルキユー 一覧

《商品レビュー》意外と使えるかも???マルキユー/フィッシュワゲットpart2

2015年11月の実釣レポートでは小魚の猛襲があったものの、フィッシュワゲットでなんとか本命のグレを引き出しました(最大で足の裏級でしたが)。その時に感じた手応えを実証すべく、年明けの初釣りで、フィッシュワゲットを使ってみました!

《商品レビュー》意外と使えるかも???マルキユー/フィッシュワゲットpart2

お正月明けの某日、グレ狙いに磯釣行へ。

朝一はオキアミだけで狙ってみると、2ヒロのタナで25〜30cm級グレがポツリポツリと、よく釣れました。エサ取りの姿はなく、「このままオキアミで釣れ続ける」と思っていたら、日が昇ると同時にグレのタナが深くなって、食い込みが渋くなる。
時々サシエを取られるが、アタリが出ない。
そこで遂に、フィッシュワゲットが登場です!

フィッシュワゲットを2粒、続けて頭を取ったオキアミを刺す。
これで仕掛けを流すと…、再びグレが釣れ始めました。

 

DSCF1622
しかも、最大で38cmとまずまず。
大型の出ないポイントだったので、上出来ではないでしょうか?

DSCF1611

 

ここで、フィッシュワゲットの利点だと思ったこと。
・ガン玉の代わりに使える。
・オキアミよりも餌持ちがよいこと。そのためオキアミを取られても、フィッシュワゲットが残っているからまだ仕掛けを流して勝負ができる。

DSCF1619

ちなみに、オキアミだけだと簡単に取られるし、フィッシュワゲットだけだと、ちょっと食いが悪かったような?オキアミとフィッシュワゲットの併用がバッチリでした。

残り少ない寒グレ釣りシーズン、フィッシュワゲットを試してみませんか?
常温保存ができるので、タックルボックスに入れておけばオッケーですよ!

フィッシュワゲットは、グレ釣りで効果あり?
つりトップ

 


《商品レビュー》マルキユー/超遠投グレで磯のグレ釣り

2015年10月に釣りエサのトップメーカーのマルキユーから発売された、「超遠投グレ」を使用しましたよ!その気になる使用感を、レポートします!

マルキユー/超遠投グレ

一番右が、「超遠投グレ」です。

一番右が、「超遠投グレ」です。

商品データ

購入商品 超遠投グレ
内容量 1800g
発売時期 2015年10月
購入時期 2015年11月
購入店 近所の釣具店
購入価格 750円位?(税込)
釣り時期 2015年11月中旬

お値段は、定番商品のV9よりも若干お高めでした。
個人的にはグレの配合エサはV9だけで足りるのですが、値段に見合う効果があれば…。

DSCF1531

粒子は細かく、大きな粒はほとんど入っっていません。
遠投をうたう商品であれば、大きな粒が入ると空中でばらけたりするので、コンセプトに合う内容物ですね。

匂いは、マルキユーのグレ用集魚材の定番の甘めです。
そんなにきつい匂いではありません。

DSCF1534

若干、V9が入っているので赤みが出ました。
単独で使っても、真っ白ではなく、少しだけ赤みが出る感じでした。

DSCF1539

足元に打ってみると…、粉の粒子が長い時間、表層に止まります。
視認性がよいし、グレが浮いている時に、特に良さそうです。
ウキの投入前にマキエを打つ方にとって、とても役に立つでしょう。

それで、飛距離は…、

飛びます!

まとまりがよいですね。
もちろん、硬めに仕上げないといけませんよ。

それで、評価は…、

遠投時に二重丸です!

エサ取りが多かったり、手前が浅くて沖しか狙えない釣り場で、威力を発揮すること間違いなしです!

以上、「超遠投グレ」の商品レビューでした。

グレ釣りへ行こう!
つりトップ


《商品レビュー》マルキユー/フィッシュワゲット

2015年11月、釣り餌のマルキユーから発売された「フィッシュワゲット」。つりトップ編集部員の実釣による、商品レビューを紹介します。

マルキユー/フィッシュワゲット

商品データ

購入商品 フィッシュワゲット
号数 3号
カラー ドッドマーブルオレンジ
発売時期 2015年11月
購入時期 2015年11月
購入店 近所の釣具店
購入価格 480円位?(税込)
釣り時期 2015年11月中旬

 

久々の磯釣りへ。グレ釣りでいつも準備するサシエサはオキアミだけでしたが、今回はマルキユーから新発売されたフィッシュワゲットも釣具店で購入して持参しました。

夜明けから釣りを開始、マキエを打つと海はイワシとキタマクラだらけになりました。サシエサにオキアミを使っていましたが、どこに投げても一瞬で取られてしまいます。うーん、困った…。

フィッシュワゲットを試そう!

瓶の中には、小さなマカロニのような粒がいっぱい入っています。渇いた手触り、ちょっとだけ弾力あり。ハリへの付け方は、穴の部分をハリに通すだけです。

フィッシュワゲット01

上写真で使用しているハリは、グレバリ5号です。

軸が長めのグレバリだと、フィッシュワゲット3粒でハリにちょうど一杯です。軸が短いハリだと、ハリス部分まではみ出しますね。

さて、仕掛けを投入すると…

トウゴロウイワシ

トウゴロウイワシ(?)が釣れました。キタマクラも食うし、何でも釣れます。
オキアミに比べるとエサ持ちがよいので、使い道はありそうです。

しかし、エサ取りの数が異常に多いので瀬替わりすることにしました。

さて、次のポイントではさっきの場所ほどエサ取りがいないものの、やはりかなり多いです。それで、フィッシュワゲットを使用すると…

フィッシュワゲット

本命ゲット!

本命のグレが釣れたので、安心しました。

それで、フィッシュワゲットの印象は…、

グレ釣りで使い道はありそう、実釣での研究の価値あり

といったところでしょうか?

今回の釣行での発見は、「オキアミ+フィッシュワゲット」でした。仕掛けの張りが欲しいけどガン玉を打ちたくなかったり、仕掛けの角度を変えたい時に使ってみると、面白いかもしれません。

常温保存ができるし粒がいっぱいあるので一瓶あれば、複数回の釣行で使えるので、釣り方の引き出しを増やしたいグレ釣り師は、使ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、チヌ釣りではかなりの威力を発揮しそうな感じです。

グレ釣りへ行こう!
つりトップ


《マルキユー》魚が釣れる強烈な悪臭?いか原油

釣りエサのトップメーカー、マルキユーから発売されている「いか原油」は、諸般の事情でカタログに掲載できないのだとか…。その理由とは?

魚が釣れる強烈な悪臭?いか原油

マルキュー(MARUKYU) イカ原油

マルキユーの「いか原油」は瓶詰めの液体で、その臭いは凄まじい悪臭を放ちます。その臭いを例えるならば、「生ごみを凝縮してしばらく放置」とでも言いましょうか、とてつもなく酷い臭いの表現で「鼻が曲がる」と言う表現がありますが、筆者は中年を前にして生まれて初めて、鼻が曲がりました。もちろん、「いか原油」の悪臭で。
「いか原油」の原料はその名の通りイカで、それを発酵させて液体を抽出するらしいです。「いか原油」はサシエや擬似ばりに振りかけたり浸したりして、その臭いで魚の食い気を誘って食わせるのを目的にしてます。「いか原油」はどこでもどの魚にも効果があるわけでなく、ハマる地域や魚種があるとのことです。
地域によっては、漁協が「いか原油」の使用を禁止しているらしくその理由がまた、「いか原油」伝説の妄想を膨らませます。それは、魚が釣れ過ぎるからではありません。魚が「いか原油」を浸したエサを食った瞬間から、魚自体が悪臭を放つからです。そのため、「いか原油」で釣った魚を市場に出して流通させたら、「あそこの漁協の魚は臭い」と悪評が広がってしまいます。悪評によって魚が売れなくなるのを事前に防ぐため、「いか原油」の使用を禁止しているらしいです。
そういった事情から、必要に迫られている人以外に売る必要がないので、マルキユーでは「いか原油」をカタログに載せていないらしいです。

ちなみに私も一度だけ、アジ釣りで使ったことがありますが、効果はありませんでした。ただ、手に付いてしまった「いか原油」の臭いがしばらく取れずに、たいへん嫌な思いをしました。「いか原油」はドロリとした油だから、臭いがなかなか落ちないのです…。
さて、私の住むエリアの数ある釣具店の中で一店舗だけ、「いか原油」を常備しています。漁師の多いお店なのでおそらく、使っている漁師がいるのでしょう。ちなみに「いか原油」を使って釣った魚は、生簀でしばらく生かしておけば、臭いが抜けるらしいですよ!


《グレ釣り》2015年秋、オススメしたいマキエの配合レシピ

磯のグレ釣りでは、マキエの仕上がり具合が釣果を大きく左右する要因となります。そのため、竿出し前はマキエ作りをしっかり行わなければなりません。今回は秋磯に焦点を絞って、マキエの作り方からオススメの配合レシピを紹介します。秋磯攻略の参考にして下さい!

2015年秋、オススメしたいマキエの配合レシピ

秋磯マキエ作りのポイント

秋磯はまだ海水温が高いため、夏ほどではないもののエサ取りとなる小魚がとても多い傾向があります。エサ取り対策の基本マキエワークは、遠投がキーポイントとなります。
オキアミを細かく刻む
オキアミの粒が小さいほどよくまとまるので、遠投力のあるマキエに仕上がります。そのため、秋のマキエ作りはオキアミを細かくカットしてから、集魚剤と混ぜるようにしましょう。
固めに仕上げる
マキエは固くなるほど遠投性が高くなります。しかし、あまり固過ぎると塊のまま沈むので、グレ釣りにはよくありません。マキエの硬さの理想は、着水と同時にきれいにバラけることです。そうなるように、マキエ作りの時には水分量や練り方に注意を払いましょう。

秋磯オススメ配合レシピ

 マルキユー/グレパワーV9+マルキユー/超遠投グレ

マルキユーV9
定番の「V9」に、遠投性能に特化した集魚剤の「超遠投グレ」をブレンドするのが、今秋のオススメブレンドです。「超遠投グレ」は視認性が高く、特筆するのは着水後しばらく、白い煙幕が表層付近に残ることです。マキエ投入時の目印になりやすく、遠投釣りを大きくサポートしてくれます。
なお、遠投性能の高いマキエが出来上がっても、ヒシャクがダメだったら飛ばないし、コントロールの正確性が低下します。マキエをしっかり飛ばすことのできる、ヒシャクを必ず使用しましょう。

まきーなFINE SPECIAL Sカップ 750mm
軽くてバランスがよく、とても使いやすいヒシャクです。しかし、値段が高いので、道具の扱いが雑な方にはオススメしません!

釣研 マック フロートマスター チタン 75M ハードタイプ
バランスのよいヒシャクで、とても人気があります。


《マルキユー》新形状のくわせエサ、フィッシュワゲット

釣りエサのトップメーカーのマルキユーから、海釣り用の新しいくわせエサが発売されます。常温保存可能で、とても魚が食うのだとか???

新形状のくわせエサ、フィッシュワゲット

フィッシュワゲット

新形状、穴あきタイプのくわせエサ。ビンから取り出してハリに1~3粒通すだけで手軽に使えます。素材にはオキアミが配合されており、抜群の集魚力、摂餌力を発揮。チヌ、アイゴ、アジ、ウミタナゴ、グレをはじめ、釣れる魚種が多く、お手軽な堤防釣りから本格的な磯釣りまで幅広く対応します。常温保存可。

マルキユー/フィッシュワゲットでグレを釣りましたよ!

釣りガールの井上亜貴さんが、フィッシュワゲットでグレ釣りを楽しむ動画です。
グレがよく釣れていますね!

魚釣りが大好き!
つりトップ


《マルキユー》遠投向けの配合エサ新登場!超遠投グレ

磯のグレ釣りの配合エサのトップブランドのマルキユーから、新しい配合エサが発売されます。そのコンセプトは、超遠投釣りなのだとか…。北風が吹き荒れる冬磯で、大活躍しそうですね!

遠投向けの配合エサ新登場!超遠投グレ

超遠投グレ

強烈な濁りを特徴とするベースエサ。マキエを先打ちすれば表層で視認性の高い濁りが長続きし、ピンポイントに仕掛けの投入が可能です。強烈な濁りはグレの警戒心を解き、ハリスの存在感を薄める効果も期待できます。まとまりを良くしたい時は「グレパワーV9」をブレンドする使い方も効果的です。

mg_ceg_photo03

内容量:1.8㎏

商品解説動画には、森井陽インストラクターが登場!マキエをバンバンぶっ飛ばしていますよ!


《マルキユー》ウエスト型ライフジャケットMQ-06B

ウエストタイプラフトジャケット型式承認品MQ-06B

12687

水を感知して気室を膨張させて、浮き輪状の浮力体を作るタイプの救命胴衣です。 膨張した気室が背中まで浮かび上がり、安定した浮遊姿勢を取れるように設計しています。 ダブルセンサー付きの充気装置を搭載。ボンベとカートリッジの使用・装着状態を安全確認用ウィンドウから確認できます。 2つのセンサーがグリーンであれば使用準備OKです。
※替えボンベは「替えボンベDS-18g(センサー付き)」をご使用ください。

メーカー希望本体価格 ¥22,000(税別)
カラー:ブラック、レッド
サイズ:1サイズ(ウエストサイズ 70~100cm、100kg以下)
2015年9月発売予定。


《マルキユー》片手で簡単に脱着できる、パワーヒシャクスタンドTR III

ステンレス製大型フックの採用により、バッカン側面に片手でも簡単に脱着できるヒシャクスタンド。開口部はヒシャクの挿入がスムーズな斜め形状。また、カップに合わせた半月形だから安定した収納が可能です。

12747

メーカー希望本体価格:1,200円(税別)


釣り餌のマルキユー感謝祭に、藤波辰爾選手が参戦!

マルキユー感謝祭
8月22日(土)、釣り餌でお馴染みのマルキユー株式会社の本社で、マルキユー感謝祭が行われます。
マルキユーが地域の方との触れ合いを目的に毎年行われている夏祭りですが、今年は特設リングを設置してプロレスが行われます。
プロレスにはなんと、藤波辰爾選手が参戦するとのことで、とてもダイナミックな夏祭りとなりそうです。
もちろん、キンギョ釣堀やドジョウつかみなどなどマルキユーらしいイベントもありますので、プロレスに興味のない方も楽しめます。
マルキユー住所:埼玉県桶川市赤堀2-4


《動画》チヌ釣りフェアin博多湾プレオープンイベント

夜明け前からチヌが連発!

2015年6月28日、博多沖堤防で開催された「チヌ釣りフェアin博多湾プレオープ­ンイベント」の模様をお届けします。
「チヌの釣況は芳しくない」との前評判の博多沖堤防でしたが、この日は夜明け前から本­命のチヌの釣果があり、納竿の午前11時まで釣れ続けました。
釣果のあった選手によるサシエサの使い方を紹介しているので、今後のチヌ釣りの参考に­して頂きたいです。


《動画》渚のクロダイin静岡千本浜

渚釣りに役立つ情報が満­載!

静岡県沼津市 千本浜で行なわれた渚釣りの講習会の模様をお届けします。
マルキユーアドバイザー 岡田進を講師に迎え「Bチヌ遠投」を使ったエサの作り方など、渚釣りに役立つ情報が満­載です。