ワインド 一覧

手軽で簡単!タチウオが釣れるおすすめルアーbest5

タチウオシーズン到来ですね!
ルアーやエサ釣り、様々な釣り方のあるタチウオですが、忙しい人にはルアーで狙うのがオススメです。
すぐに始められるし、止め時にも困らないですしね(^^)
仕事帰りにちょこっと釣り場に寄れるし、手軽に狙えて釣って楽しい、食べて美味しいタチウオが釣れるおすすめルアーbest5を紹介します。

タチウオが釣れるおすすめルアーbest5

第1位 ジャッカル/アンチョビミサイル 陸式


タチウオといえばワインド釣法、ルアーを左右にダートさせて釣るやり方ですが、ワームだと切れて無くなってしまう為ワインドが出来るこのプラグを1本持っておくと釣り場で大活躍しますよ!

第2位 メジャークラフト/ジグパラ ゼブラグロー


やっぱり、ジグで釣るのは手速くて面白いです。キャストして沈めた後、パンッパンッと、ややゆっくりジグを上にあげて、また沈め、同じ事を繰り返すだけです!どのタナで食ってきたかもカウントしとけば釣果も倍増ですよ!

第3位 バスディ/レンジバイブ 70㎜

カウント次第で幅広い層を狙えて、あとは巻くだけ。ブルブル震えるその動きがタチウオに猛烈アピールです!タチウオから見れば、簡単に捕食できる絶好のターゲットかも?ダイレクトにアタリが来るから面白いですよ!

第4位 ラパラ/五目ジグ


お値段もお手頃で、青物だけじゃなくタチウオも勿論釣れます!使い方はただ巻きよりもやはりアクションをした方が釣れます。しゃくりを入れた方が食わせの「間」を作る事が出来ます!

第5位 シマノ/太刀魚ゲッター ツイン噛む


え、エサ釣り?って思うかもしれませんがすみません、良く釣れるんですよ!ジグ、プラグ、ワーム、色々ありますがこれもルアーですかね?使い方はただ巻きか、リフト&フォール。キビナゴが手に入ったら使ってみて下さいね!

以上、タチウオ釣りに行きたくとも、勤務シフトの都合上行くことのできないGでした(T . T)

タチウオを釣ろう!

つりトップ

http://www.tsuri.top/page-4025/


《メジャークラフト》好評のジグパラシリーズに新登場!ジグパラ ワインド スタートキット

このままポイントに持ち込み、タックルにセットするだけでタチウオゲームを楽しめる!”夜光ヘッドに、アシストフック、トレーラーは、場所や時間を選ばない定番の3色をセット。タチウオには欠かせないワイヤーリーダー付きです。

ジグパラ ワインド スタートキット

jig770x300_windstart

ジグパラ ワインドヘッド
ジャーク時の軽さとクイックなダートを両立したヘッド形状は、強度と安定感をもたらすボーンプレート構造を採用。水キレが良く、軽い力で最適なダートを演出できます。フロントに突き出たボーンプレートは、堤防やテトラに当てても変形しにくいダンパー効果が得られます。
ジグパラ ワインドミノー
キットに採用されたトレーラーは、ナイトゲームに威力を発揮する「夜光」、朝夕のマズメ時の光量が少ない時用の「ケイムラパール」、日中やクリアーな水質用の「ケイムラピンク」をセット。あらゆるフィールド・時間に対応するカラーセレクションです。
専用ワイヤー
曲がりにくい専用ワイヤー採用。タチウオの鋭い歯でもトラブル回避する必須アイテム。ドラゴン級とのファイトでも安心です。
ジグヘッドカラー:夜光 ジグヘッド重量:10g、14g、17gのいずれか
ジグパラワインドミノー:夜光、ケイムラパール、ケイムラピンク
本体価格:オープン

《タチウオ》ワインドのジグヘッド&ソフトルアーBest3

秋の深まりと共に釣れ始める魚が多いですが、その中でも近年特に人気が上昇しているのが、ワインド釣法で狙うタチウオです。ワインド釣法では、タチウオ専用のジグヘッドとソフトルアーが必須です。そこで、ワインドビギナーに向けて、オススメのジグヘッド&ソフトルアーBest3を紹介します。

ワインドのジグヘッド&ソフトルアーBest3

オンスデザインタックル/ZZヘッド&マナティー

ワインド釣法のパイオニア、オンスタックルデザインの超定番アイテムのZZヘッド&マナティー。肉厚なシルエットとアクションの度に生じる波動で、タチウオへのアピールは抜群です。マナティーは柔らかく、それがタチウオの食い込みのよさにも繋がっています。そのため、タチウオがガンガン釣れる時は持ちが悪いので、予め多めに準備をしておきましょう。

エコギア/パワーダートミノー&パワーダートミノー

エコギアが送る、ワインド釣法向けアイテムです。軽くジャークするだけで、シャープなダートパフォーマンスを実現しています。細長いテールの動きが、タチウオの食い気を誘います。飛行時のバランスがよく、遠投性が高いです。

アクアウェーブ/スパークヘッド&スパーク85

後発組ながら、近年は人気が急上昇しています。その理由は、硬い仕上がりのソフトルアーの持ちがよいことです。連続してタチウオがバイトしても、噛み跡は広がらないのでかなり丈夫です。熱に弱いので、車に放置すると車内の熱で溶けることがあります。

以上、簡単ではありますが、独断と偏見でワインド用ジグヘッド&ソフトルアーを紹介させて頂きました(^ ^)

 

 


《堤防釣りの仕掛け》タチウオによく効く、ワインド釣法!

ワインド

タチウオがメイン、青物など
時期 秋がメイン(春〜夏可)
場所 堤防、岸壁

ハマれば、驚異の破壊力!

ワインドのタチウオの時合いは、朝と夕方になります。日中も釣れないことはないですが、よほど大きな群れが接岸している時でないと、あまり釣れません。
さて、ワインドの最大の魅力はハマれば、タチウオが入れ食いすることです。ソフトルアーのダートアクションに対して、タチウオの群れが一斉に反応を示した時には、2ケタ釣りも夢ではなくなります。

 

レンジとジャーク幅が重要

日が出ている時間ほど深く、暗くなるほど浅く狙うのが基本となります。シャローで食うタチウオほど活性が高くフッキングしやすいので、慣れない方は常に浅く狙うようにしましょう。
ジャーク幅は、アピール重視は大きく、食わせ重視で小さくします。竿出し当初は大きめのジャークでタチウオのやる気を誘い、活性が上がった頃合いからショートジャークに切り替えます。アオリイカと同様に、アクション中よりもフォールでアタックすることがほとんどです。

 

ワイヤーよりも、太いフロロカーボン

リグ周りにワイヤーを使用するよりも、6〜8号程度のフロロカーボンラインの方が断然食いがよいです。よほどのデカタチウオでない限り、一発で噛み切られることはありません。ただし、フロロカーボンを使用する場合は、回収する度にラインの傷をチェックして常に新しい状態を保つようにしましょう。

 

Let’s enjoy Largehead hightail Fishing! 

タチウオ釣りを楽しもう!

 


『関西タチウオNight! 2015』7月30日発売開始!

関西で絶大な人気を誇るタチウオをターゲットにしたオカタチファン待望の最新ムックが発売されました。
ルアー、引き釣り、ウキ釣り、最新アイテムを含め、それぞれの王道ともいえる鉄板メソッドを大公開しています。
ワインド入門、ルアー&エサ釣りの2刀流など、実釣で役立つノウハウ満載でお届けしています。
また人気コーナーである2015シーズンの最新情報を盛り込んだ、タチウオフィールド情報も掲載。
今シーズンもコレ一冊あればオカタチ情報は間違いナシ! ねらいは大きくドラゴン級!?