長崎県五島 一覧

幸森大輔選手が2度目の栄冠!第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会

2015年12月7、8日に長崎県五島列島で行われた第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会で、幸森大輔選手が2度目の栄冠に輝きました!

幸森大輔選手が2度目の栄冠!第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会

幸森選手は予選リーグでは4戦全勝、決勝トーナメントの3戦はすべて相手の倍以上の釣果を叩き出し、他を圧倒しました。
幸森選手の仕掛けや釣り方が、大会期間中の五島の磯でしっかりハマったのでしょう。
ちなみに、普段の釣りよりも、速くサシエを沈めるイメージで竿出ししたそうです。

幸森大輔名人のグレ釣り仕掛け

幸森大輔選手、おめでとうございます!
つりトップ


第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会〜決勝トーナメント進出選手

長崎県五島列島で開催中の第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会の初日(2015年12月7日)が終了し、決勝トーナメント進出選手8名が決定しました。

G杯決勝トーナメント

地元九州勢が8人中6人、地の利を生かして勝ち上がっています。

1回戦の注目カードは、共にG杯優勝経験のある猪熊博之vs幸森大輔両選手の戦いです。
現在、九州の並み居るグレ釣り名人の中でも突出した技術を持つ両選手の戦いは、ノーミスで釣った方が勝つというシビアな激戦になることでしょう。
隣のカードにはダイワグレマスターズ優勝経験者の江藤義紀選手と昨年3位の城本選手が相見えるなど、右パートのメンバーは歴戦の強者が揃っています。

優勝予想は、猪熊博之vs幸森大輔両選手の勝者が本命、対抗に長崎県五島予選を勝ち上がった小野晋太郎vs寺田泰隆両選手のどちらかか?

第34回G杯争奪全日本がま磯グレ釣り選手権大会の優勝選手は、2015年12月8日の午後、決定します!

関連記事
幸森大輔名人のグレ仕掛け
猪熊博之名人のグレ仕掛け
《G杯グレ、チヌ》エントリー法変更で、一般参加者の本戦出場チャンスがアップ?

グレ釣りへ行こう!
つりトップ