鮎竿 一覧

【2019 鮎】ダイワ新製品のおすすめ鮎竿を徹底解説!

平成から令和に元号が変わる5月1日、全国に先駆けて和歌山県で鮎釣りの解禁を迎えます。記念すべき年に新製品としてリリースされる鮎竿のチェックはもうお済でしょうか。

各地の釣具店で開催される鮎新製品の展示会では、鮎竿を実際に手に取って見ることができます。これから手に取って見る機会がある方は予習も兼ねて是非読んでみてください。

また新製品をネットで購入予定の方や、実際に手に取る機会がない方にも参考になるよう、要所を含めて解説します。

【2019 鮎】ダイワ新製品のおすすめ鮎竿を徹底解説!

 

ダイワ鮎竿最高峰モデル NEW グランドスリム

ダイワのグランドスリムと言えば、一番にイメージするのが細身肉厚設計。

細身ならではの風切り性能とは対照的に、良型も安心して獲れるパワーとトルクを兼ね備え、さらに小さなオトリでも引ける変則調子。まさに最高級万能ロッドと言えるのが、歴代グランドスリム設計の特徴です。

3代目ではSMT(ソリッド)、4代目ではZ-SVFカーボン、5代目ではSMTチューブラーに加えて7本継採用に伴うチャージリングやナノプラスなど、常にダイワ最新のテクノロジーを搭載してきたグラスリ。今作で6代目となる新しいグラスリの進化はどこにあるのでしょう?

●NEWグランドスリムのコンセプト

低負荷ではT調子、押しの強い流れで大きな負荷がかかればA調子、さらにオモリ使用時や大型を狙う場合はMT調子と、あたかも状況に合わせて変化するような「変則調子」。それが歴代受け継がれてきたグラスリの特徴のひとつです。
さらにスムーズに、もっと劇的に変化させることがテスト段階での絶対オーダーで、グラスリ調子の継承併せての進化が、生まれ変わったグラスリのコンセプトと言えます。

キーワードは『6通りの調子変化』と、『V-JOINTα』『スペシャルZ-SVFナノプラス』の2つの新テクロノジーです。

 

●穂先3本と穂持ち(#2)2本のスイッチが生み出す変幻自在の調子変化

NEWグラスリには3本の穂先と2本の穂持ちが標準装備されています。

1.1mmの細径カーボンチューブラーを基本穂先に、繊細&柔軟なSMTソリッド替穂先、パワーと回転力を意識した10cm短いSMTチューブラー替穂先の計3本と、更に組み合わせ時に30cm短くなる♯2番のスイッチパーツです。

 

穂先3本と穂持ち2本の組み合わせは全6通りになり、時期、フィールド、鮎のサイズ、釣法や仕掛けに合わせて、組み合わせる事で、初期の10cmサイズから27cmクラスの“メガトルク急瀬抜”が得意とする領域まで幅広く適応可能となります。

 

●新たなロッドテクノロジー<1> スペシャルZ-SVFナノプラス搭載

ダイワのカーボンテクノロジーは樹脂(レジン)量を減らし、より多くのカーボン繊維を密入することで軽さとパワーを両立していく技術です。樹脂が少なくカーボン繊維が高密度なほど、軽量化でき感度&パワーは向上すると言えます。

 

ダイワ カーボンテクノロジー比較図

2010年に精密にコントロールされたカーボン繊維配列により、更なる軽さ・感度・パワーを発揮するZ-SVFカーボンを発表しましたが、NEWグラスリにはそれをさらに超える、スペシャルZ-SVFナノプラスが搭載されています。

■ナノプラスとは?

東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー(カーボン繊維同士を繋ぐ接着剤であるミクロンサイズの樹脂)を、通常よりもはるかに細かいナノサイズ(ミクロンの1/1000)として混合するダイワ独自の製造手法です。ロッド機種ごとに最適化を行い、ロッドブランクの更なる高強度化・軽量化を可能にします。

 

●新たなロッドテクノロジー2 V-JOINTα搭載

 

節と節が重なる部分に独自のバイアス構造を採用することで、合わせ部のスムーズな曲がりを実現したのがV-ジョイント構造です。

ダイワ鮎竿テクノロジーの革新構造のひとつと言え、多くのシリーズに搭載されています。

 

今回新たにNEWグラスリに搭載されたV-ジョイントαは、バイアス部に高密度カーボン素材ナノプラスを含む高強度素材を採用し、軽量化をも実現しました。

 

※その他スペック

■ESS(感性領域設計システム)■ X45 ■チャージリング構造 ■ スーパーリング構造 ■ エアグロスフィニッシュ(#4~元竿) ■ ゼロコーティング(#1~#3) ■ セーフティフックタイプメタカラマン ■ 節落ち・食いつき防止合わせ ■ 固着防止リング ■ 特殊撥水処理 ■ 新触感グリップ ■ 固着防止リング ■ 銘板付下栓 ■ 元竿口金処理 ■ ニット竿袋

 

 

ダイワ NEW 銀影競技スペシャル T テクニカル

T調子と言えば、ダイワ鮎竿ではメインシリーズと言え、引き釣りやオモリを使用した止め釣りなど操作性に優れた先調子の竿です。銀影競技シリーズで先に発売となったT調子のテクニカルモデルですが、通常のT調子、また競技シリーズのテクニカルモデルとの住み分けはどういったところにあるのでしょうか。

●T調子とTテクニカル調子の違いとは?

瀬での引き釣りやナマリを使用した止め釣りに特化しているT調子ですが、よりフィネスな操作性をコンセプトに作られたのがTテクニカル調子だと言えます。競技Tをベースに、穂先から胴部までがしなやかな設計で、T調子特有のオトリの直線的な動きとパワーはそのままに、従来以上に繊細に操れて、オトリへのダメージが少ないのがテクニカル調子と言えます。

スペシャルT調子が最適鮎サイズを18~25cmと設定されているのに対して、Tテクニカル調子は12~21cmとし、16cm~18cmにおいて最高のポテンシャルを発揮する設計になっています。

●競技TテクニカルとスペシャルTテクニカルの違いとは?

競技Tテクニカルに比べて、スペシャルTテクニカルは♯1~♯3がしなやかで、♯4から下節は張りがある設計になっています。先調子設計はそのままに、より操作性の純度が上がったとされています。さらにスペシャルZ-SVFナノプラスV-ジョイントαと最新の素材とテクノロジーが搭載されています。

※その他スペック

■感性領域設計システム「ESS」■スペシャルZ-SVFナノプラス■V-JOINTα■X45(=Xトルク)■Vコブシ設計■チャージリング■スーパーリング構造■エアグロスフィニッシュ(♯4~元竿)■ゼロコーティング(♯1~3)■特殊撥水処理■セーフティーフックタイプメタカラマン■新触感グリップ■節落ち・食いつき防止合わせ■固着防止リング■銘板付下栓■元竿口金処理■ニット竿袋■SMTチューブラー標準替穂先■#3スイッチパーツ標準替中節(90⇔93)
※標準穂先はカーボンチューブラー
※専用設計の別売り替穂先を設定: SMT(スーパーメタルトップ)/メガトップセンサーオートマ穂先

 

 

ダイワ NEW銀影競技 タイプS

胴調子のA、先調子のT、その中間的調子となるのが「TYPE S」です。Aの得意とする小石底での面の釣りや、Tの得意とする石の大きい河川での泳がせ釣りなど、河川を選ばず、どんな状況でも偏差値の高いのがS調子といえます。

●競技クラスでは初搭載の最新テクノロジー

競技クラスでは、初搭載となる「Z- SVFナノプラス」「V- JOINTα」を採用し、従来のタイプSに比べ最細径のカーボンチューブラー穂先で、♯4までしなやかな設計となっています。上下左右のSアクションは低水温や早朝などのタフコンディションに効く、競技会にも、もってこいの鮎竿です。

●選べる3機種と2本の穂先

対象サイズ12~23cmのTYPE S 90 3機種の中で最もフィネスモデル設計。ベストパフォーマンスは15~18cmサイズで発揮される。

対象サイズ14~25cmのTYPE S H85 軽さ操作性に優れた短竿モデルのラインナップ。

対象サイズ14~25cmのTYPE S H90 人気の新機軸H90。最適応サイズは16~21cmながらも、25cmクラスまで引き抜き可能なパワーをも持ち、最もオールラウンダーなモデル。

※その他スペック

感性領域設計システム「ESS」■Z-SVFナノプラス■X45(=Xトルク)■チャージリング■V-JOINTα■スーパーリング構造■エアグロスフィニッシュ(♯4~元上)■ゼロコーティング(♯2~3)■特殊撥水処理■セーフティーフックタイプメタカラマン■新触感グリップ■節落ち・食いつき防止合わせ■固着防止リング■銘板付き下栓■元竿口金処理■ニット竿袋
■SMTチューブラー標準替穂先(本穂先はカーボンチューブラー)
※専用設計の別売替穂先を設定 :SMT(スーパーメタルトップ)

 

 

まとめ

2019年に新発売となるダイワ鮎竿を高価格帯をメインにご紹介しました。Z-SVFナノプラスやV-ジョイントαなど、新テクノロジー満載で機能もスペックも向上している製品ばかりです。購入するには高額な鮎竿ですが、もし気になる新製品があれば、ぜひ現物を触ってみて店員さんに話を聞いてみましょう。そのための予習も忘れずに!

 


【鮎釣り初心者】竿の扱い方、手入れの注意点とは

釣行後は定期的に鮎竿を手入れすることをおすすめします。
鮎竿はゴミや水分の付着にとても敏感な竿です。破損に繋がらないよう注意して手入れしましょう。

竿の扱い方、手入れの注意点とは

グラフィックス2

軽く、薄いカーボン素材

まず初めに鮎竿というのは9Mという長竿にして自重が200グラム前後しかないという事
覚えておかなければいけません。
メーカー品の高級磯竿を例に挙げても5M前後でほぼ同じくらいの自重です。
リールシートやガイドなど、カーボン以外のパーツがないことを差し引いて考えたとしても、鮎竿がいかに軽く、薄く作られているかが分かると思います。
それを踏まえたうえで、釣行時の川での竿の扱いには十分注意が必要と言えます。

河原に直接置かないよう気を付ける

竿は河原に直接置かないこと
これは、安定しない石の上に竿を置くと風で転がってしまったり、
石に置く際に打ちキズが入ってしまう可能性があるからです。
また、小さな砂利、砂などが竿に付着すると、納竿時に節と節の間に挟まり、
同じくキズの原因となります。
その時点で折れなくても鮎が掛かってタメている最中など、ピンポイントに負荷がかかれば、そのキズから破損してしまうのはよくある事なのです。
仕掛けを張る際や、掛かった後のオトリ交換など、海釣りでは竿を置いてするような作業も、友釣りでは竿は肩に担いだまま、全ての作業をするのが基本です。
どうしても河原に竿を置かなければいけない時は、葦の上などに置き、

直に石に当たらないよう気を付けましょう

最近では、竿を畳んだ状態で、車から河原まで移動の際のキズ防止の為の、
薄手のロッドカバーが販売されている程。
それくらい鮎竿のキズにはシビアになる必要があるという事なのです。

定期的に行う手入れの方法と注意点

次に手入れの方法と注意点ですが、使用後は竿の水滴をしっかり取る事が大事です。
水分が竿に残った状態で、車に乗せたままにするのは竿にとって一番よくありません
夏場の車内は高温になるため、最悪の場合、塗装が浮いて気泡の様になり、
そこから剥離してしまう事も。
釣行直後にメンテナンスできなくても、
直射日光や高温になる場所に保管するのは避けましょう
その後なるべく早めに、竿の表面の水気をふき取り、節を抜いて内部も乾かすことが
重要です。
ただし、砂利やゴミが内部にも付着してしまっている場合はキズの原因にもなるので、
次回釣行までに取り除いておく必要があります。

砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れ方法

では、シーズン納竿前に砂利やゴミが噛んでしまった際の手入れの方法ですが、
まず全ての節を順番に抜き、流水で内部まで洗い流します
節の側面を乾いたタオルなどで拭き上げたあと、ティッシュペーパーを手でちぎり、
元竿のシタセン側から少しキツイくらいの量を調整しながら詰めていきます。
次に元上の節でシタセン側からティッシュペーパーを押し上げ内部に付着したゴミやカーボンのカスを取り除きます
♯6節は♯5節で…というふうに、順番に内部を掃除し終わったら、その後は直射日光を避け、風通しの良い場所に節を抜いたまま立てかけて乾かします。
この時、倒れないよう注意して置いて下さい。
しっかり乾かしたら、最後は釣り竿専用のワックス等で塗装面を磨けば手入れの完了
となります。納竿後のメンテナンスも同じ作業となります

まとめ

鮎竿のカーボンは薄く、他の竿に比べて脆い。

釣行時の竿の扱いには十分注意し、直接河原に置いたりしない様心がける。

釣行後は定期的な手入れを心掛け、砂やゴミが付着した際は必ず取り除きましょう。


【鮎釣り初心者】初めての鮎竿選びのポイントとは

鮎竿を初めて購入する際、一番熟考するのは鮎竿の性能と本体価格とのバランスです。

竿を選ぶにあたっての必要な知識としては、まずホーム河川となる川相に合った竿のパワーをしっかり理解すること。
初期から盛期までの平均サイズを把握し、各メーカーのパワースペックを理解したうえでの選択が必要になります。

初めての鮎竿選びのポイントとは

 グラフィックス1

釣具店で相談してみよう

しかし鮎釣りを始めたばかりの方がカタログだけで理解しようとしても、中々難しいと思います。
釣具店で購入する場合は店員さんと相談することも大事です。
釣行するメイン河川や、どんなポイントが好みか等を伝えると適切な竿を紹介してくれると思います。
ネットで購入を考えている場合でも、地元の鮎師さんのアドバイスなどを聞いておくと参考になると思います。
鮎竿にはメーカーの違いのほかに硬さや調子・価格帯で、とにかくバリエーションに富んでいますが、自分に合った鮎竿が少しづつでも理解できたら、あとはお財布との相談ですね。

鮎竿の根強い高額イメージは時代と共に変化

 鮎釣りをやってみたいけど、鮎竿は高額で手が出ないというイメージが強く根付いており、中々、検討までに至らない…という方はとてもたくさんいらっしゃる様です。
しかし実際は3~7万円クラスの低価格ラインナップもとても充実しており、
メーカーもコストパフォーマンスに優れた鮎竿を次々に発売しています。
ここ数年、とくに低価格帯鮎竿のスペックの発展は目覚ましく、
ひと昔前の高級ロッドに見た目も性能も見劣りしなくなってきています。
そうは言っても高額になればなるほど「良い竿」なのは間違いありません。
上を見ればキリがないですが、自重や感度は値段と比例して良くなります。
ここで、最初に記述した本体価格と性能のバランスが重要になってきます。

価格と性能のバランス

 高額でも良い竿を長く愛用したいと思うか、
ある程度の予算を決めて選ぶかという事なんです。
初心者だから安い竿でいいという考え方は、あまりおすすめしません。
竿に予算を掛けられないのであれば、
あくまでも予算内でまずは自分に合った竿を選べるようになることが大事
だと思います。
ひとつ注意しておきたいのは、万能ロッドとして多少なりとも無理な使いまわしがし難いという鮎竿ならではの特性です。

安価な中古品には注意が必要

 鮎竿は磯竿やルアーロッドに比べ、はるかに脆い竿だという事を覚えておいてください。
9M前後の鮎竿というのは自重を抑える為、カーボン自体がとても薄く作られています。
高額な鮎竿ほど薄く精密に設計されている為、無理な扱いが一番禁物なのです。
折れた際のパーツもとても高額なので、注意が必要です。
もし、ホーム河川で初期のサイズと盛期のサイズがあまりにもかけ離れていれば、
鮎釣りが一番面白くなる盛期に標準を合わせ、大は小を兼ねる。
その意識での竿選びをお薦めします

《鮎釣りの疑問》40万円クラスも?高い鮎竿って何が違うの?

鮎竿の値段はとりわけ高く、一般的なものでも軽く10万円を超えたりして、最高級品は40万円クラスもあります。そんなお高い鮎竿ですが、どうして鮎竿って高額なのでしょうか?

《鮎釣りの疑問》40万円クラスも?高い鮎竿って何が違うの?

そもそも鮎竿はなぜこんなに高額なのかというところから話を進めていきたいと思います。

例えば、ダイワやシマノの磯竿で言うと、一番高額のクラスのモデルでも10万円前後の定価です。
単純に考えて竿の長さに対して使用するカーボン量に違いがあります。磯竿は5m前後ですから、比べると鮎竿はその倍近くの長さとなります。
ここで注目したいのが「自重」です。

竿の長さが倍近く長いにも関わらず、自重はほぼ磯竿と変わらないのです。

9mの竿を200g前後の自重にする技術は、明確に説明できませんが、使用する原材量を考慮しても、鮎竿が高額になってしまう理由になると思います。

では具体的に、鮎竿自体の価格の差はなんでしょうか?
一番大きな価格差に繋がるのは、やはりカーボンのランクです。カーボン自体が自重に大きく関係してくるため、価格と自重は比例しいることが、カタログからも分かります。
例えば、シマノのリミッテドプロシリーズはリミテッドプロカーボンと言うシリーズ専用の最高級のカーボンを搭載しています。
1段階下の価格帯のモデルと比べても本体価格の差は10〜15万円程度もの差がありますが、1mでの価格差で考えてみると、納得できるのではないでしょうか?
あとは塗装技術や細部に至るスペックなどの差が、価格の差に繋がる要因だと考えられます。

「鮎竿は高すぎる」と私自身、嘆いていましたが、そんな時よく言われたのが、「じゃぁ、その価格で鮎竿作れる?」という、冗談にも受け取れるツッコミでした。
「うーん、確かにそれは無理だな」と変に納得したのを覚えています。
売り場に並んでいる竿は、そもそも原材料や製品になるまでの技術さえあれば、というものではないのです。
さらに掘り下げれば、商品になるまでの段階、つまりロッドテストから価格層で違いがあるのかもしれません。

鮎釣りを始めませんか?
つりトップ


《鮎釣り初心者》短竿の利点と使い分けを教えて!

鮎竿の長さは、河川の幅で使い分けるという考え方が一般的でしたが、その考え方はもはや時代遅れの様な気がします。短竿の利点と使い分けを、解説します!

《鮎釣り初心者》短竿の利点と使い分けを教えて!

全国的に見ても9mが主流ですが、近年では短竿の利点が見直され、メーカー側も専門カテゴリーの枠を払拭すべく競技系シリーズにもラインナップが増えてきています。
短竿は軽量で操作性が良く、短い分、感度にも優れ、風が強い日などの悪条件ほど短竿の長所は活かされています。


また、支流や渓流相での専門ロッドとして意識されていた時代に比べると、現在は短竿のそれらの長所を引き出すべく、さらに開発され進化してると言えます。
大河川の本流域ではどうしても短竿の(オトリがポイントに)「届かない」というデメリットをイメージしてしまいがちですが、九頭竜川や鬼怒川など底石の大きさが均一で、面で広く探らなければいけない特殊河川を除けば、大概の河川は足元からがポイントになります。
要は届かない1メートル前後の範囲を「1匹の釣果に繋がる要素」として意識するかどうかなのです。
つまり、50cmから1mの届かない範囲で掛かっていたかもしれない魚と、短竿の長所である操作性や感度、軽さを駆使することより掛かった魚とは、釣果で言えば大差が無いと言えるのではないでしょうか?
そういう視点でみると、もちろん支流域や渓流相での使い分けでの選択肢はあるのですが、メインロッドとしての要素も十分に兼ね備えていると思います。

鮎釣りへ行こう!
つりトップ

 


《鮎釣り初心者》ダイワの鮎竿の特徴を教えて!

鮎釣り大好きの釣具店店員のayusawaです!つりトップにて、鮎釣りをメインに道具や釣り方の記事を投稿しますので、よろしくお願いしますね♪

《鮎釣り初心者》ダイワの鮎竿の特徴を教えて!

鮎竿については、メーカー別に取り立てて特徴がある訳ではありません。もし、各メーカーの特徴を具体的に知りたいのであれば、メーカー自体の特徴と言うよりも鮎竿に搭載されているメーカー独自のスペックを特徴として捉える方が、後々の竿選びの参考にもなるのかと思います。

竿調子、硬さの表示

竿の調子、硬さ、カーボンランク、感度等、表示のされ方はメーカーそれぞれで、ダイワの場合、竿の調子はA調子(胴調子)T調子(先調子)、近年ではS調子(AとTのハイブリッド)など、アルファベットで竿の調子が表されています。
長年鮎釣りをされている方なら、聞けばすぐにイメージに結びつく表現なのですが初心者の方は実際、カタログを見て解説を読んでイメージに繋げてもらうのが良いと思います。
次に「硬さ」ですが、これは実に分かり易く、早瀬抜、急瀬抜、荒瀬抜など、実際に竿を出す川相をイメージすることができる表記となっています。

大事な要素のカーボンランク

それから鮎竿に使われるカーボンランクですが、自重にも大きく関係しており、感度にも結びつく大事な要素です。それぞれのメーカーが同じ価格帯の鮎竿で、同等のカーボンが使用していても、その表記はランク別に異なります。ここで説明すると長くなってしまいますので、カーボンについては1点だけ。
ダイワには「Xトルク」(X45表記)というカーボンがあります。45°バイアス繊維のカーボンシートを、X状に層にすることによって生まれる強度とトルク(粘り)が特徴のカーボンで、鮎竿に限ることなく搭載されていましたが、最近では低価格帯の鮎竿に搭載されるなど、馴染み深いカーボンとなってきました。

調子、硬さ、カーボン、それぞれは価格帯によっても組み合わせが様々で、また機種によってさらに細かく枝分かれされています。
各メーカー独自のスペック表記を理解することができれば、それぞれの比較も自然とし易くなってくると思います。

鮎釣りを始めよう!
つりトップ