鮎釣り2017新製品 一覧

【2017 鮎釣り】おすすめの水中糸と特徴を解説

今年もついに待ちに待った鮎の友釣りシーズンが開幕となりました。
すでに竿を出された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
仕掛けは今年も例年通りと準備された方、また今年は違う水中糸を使った仕掛けで友釣りにチャレンジしてみようと思っている方へ、おすすめの水中糸とその特徴をご紹介します。

【2017 鮎釣り】おすすめの水中糸と特徴を解説

シマノ・メタキング 複合メタルライン

メタキングの一番の特徴は細号数で強度があることです。例えば、0.01号は最大強力980gの高強度で、20cm程度の鮎を楽に引き抜くことができます。
通常の複合メタルと言えば、細くても0.04号程度なのでメタキングが、いかに細号数か分かると思います。METAKING
0.08号ではテストの際、瀬で尺鮎を引き抜いた実績のある高強度新素材繊維のコア(芯)と強力タングステンワイヤーのコンポジット複合メタルラインです。
比重が4.28と軽いことから、トロ場の泳がせも可能。もちろん瀬での使用がメインでおすすめできるオールラウンドラインです。

モーリス・メタマックスネオ 複合メタルライン 2017新製品

タングステンをコア(芯)に高強度ステンレスワイヤーを撚糸させた製法はそのままに、引き釣り用の改良モデルとして新発売されました。

メタマックス ネオモーリス エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックスネオ ハイライトピンク 16m 0.125号
瀬での引き釣りに特化した、比重:9.8のほぼ単線メタルに近い使用感の高比重モデルです。ラインカラーは視認性に優れたハイライトピンクを採用し、白泡立つ急瀬や荒瀬での視認性に優れています。岩などの擦れにも強い、独自のハードコーティングが施されていて安心です。

サンライン・トルネード鮎 フロロカーボンライン 2017新製品

トリプルレジンプロセッシングという、三層コーティングのサンラインオリジナル加工を施したフロロカーボンラインです。


吸水変化が少なく高強度・高耐久性を持続します。結びにも強く高感度なのに、とてもしなやかなのが特徴で、初期の細号数の泳がせ釣りや、大石・荒石周りの大鮎狙いにもオールシーズン安心して使用可能です。
また、0.8号までのラインナップは、水中糸としてだけでなくツケ糸や中ハリスにも使用できます。

DUEL・アーマードフロロFH 鮎

もともと球磨川の大鮎釣りで、ソルトウォーター用のアーマードフロロを使用したブロガーから爆発的人気に繋がり、鮎用として製品開発されたラインです。
アーマードフロロとはウルトラPE原糸の表面にフロロ粒子を分散しさらにシリコン、ハードコーティングを施した特殊ラインです。


メタルラインよりも伸縮性が低く感度に優れており、結んで接続が可能です。
糸の比重が約1.0と軽く、泳がせ釣りに適していると言えますが、水切れが良いので引き釣りにも使用可能なオールラウンド水中糸です。

一番の魅力は、金属ラインなみに強く価格がとても安いので使用頻度に合わせて気兼ねなく交換することができます。

ダイワ・スペクトロン鮎制覇 ナイロンライン 2017新製品

ナイロンの特徴でもある比重の軽さを特徴に残し、さらに張りを持たせて操作性や結節強度が高いナイロン水中糸です。ナイロンラインにして1850円(50m)は少し高いですが、チヂレにくく、復元性も抜群の高強度ラインだと考えると、価格設定が信用にもつながります。

ダイワ スペクトロン鮎制覇ダイワ ライン スペクトロン鮎 制覇 50m クリアー 0.35号
細号数では直線性があり操作性に優れ、太号数になるほどしなやかさを有した高感度ラインです。

友釣りシーズンは始まったばかりです。渇水の高プレッシャー時、増水時など水中糸を変えてみるだけで思わぬ釣果に恵まれる場合もあります。ぜひ色々な種類の水中糸を試してみてください。

 


【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

5月1日は和歌山県・有田川にて全国で最も早い2017年度の鮎の解禁日を迎えます。
ついに待ちに待った、鮎釣りシーズンの開幕です!
初心者の方もベテランの方も、解禁日の情報が気になってソワソワする1日になること間違いなしですね。
今回は2017年の新製品、おすすめのサカサ針をご紹介します。ソワソワ気分を少しでも紛らわすことができる記事であれば幸いです。

【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

<カツイチ> 巻き巻きサカサ

あれ?この商品はどこかで…?と思った鮎師の方は多いのではないでしょうか。
そう、がまかつのピットサカサシリーズに酷似していますよね。


2017新製品として発売になったこの巻き巻きサカサ使用方法はピットサカサとまったく同じです。
メガネ式サカサの通す穴が見えにくい方でも、挟んで巻きアイに抑えるようにハリスを通せばワンタッチで装着できます。
ピットサカサにそっくりな製品ですが、注目したいのは規格号数です。3号・4号・5号とすべての号数に2.5号までの太ハリスが対応になっています。
終盤の大鮎にも十分に使えるほか、25センチ前後の盛期の鮎にもハリスのバリエーションが効きそうです。
また、アイの向きがピットサカサと逆向きに反っているのも特徴でハリスが真っ直ぐ出るよう設計されています。

 

<がまかつ> G-HARD 競技皮打サカサ

皮打ち対応でシンプルな形状のサカサ針です。軽量設計でコンパクトなので競技にもおすすめです。
また針先は耐摩耗性5倍のG-HARDが採用されており、針先の鋭さの持続が期待できそうな製品です。

がまかつ ザ・ボックス 競技皮打サカサ(フック式) 2号
おそらくサカサ針には初のナノスムーズコート(低摩擦フッ素コート)も、刺さりの良さと、針先の鋭さに一役買っているのではないでしょうか。
ハリス止めが従来品とは逆の「フック逆向きセッティング」により、皮打ちの際、フックの隙間が魚体の方へ向く設計になっています。
10本入りで定価が1200円と少々お高めですが、ぜひ使用してみたい製品です。

<ダイワ> 快適フックサカサ

一見、メガネ式のハリス止めに見えるフック式のハリス止めが特徴のサカサ針です。
この独自の形状は、鮎を引き抜いたあとにタモの目に刺さり込まないとしています。
これはカタログの製品情報なのですが、ハリス止めの部分が引っ掛かることを軽減するのか、それとも針の部分が引っ掛かることを軽減するのかは明記されていません。

ハリス止め部分がタモの目に入り込んでしまうという事例はなかなか無いと思うのは、
わたしだけでしょうか?どちらかと言えば、針がタモの目を拾ってしまう事の方が多い様な…?

ダイワ 快適フックサカサ 3号 徳用
フック式のハリス止めに多い、中ハリスや付け糸を拾ってしまうトラブルを軽減し、フック式の使用感でメガネ式のメリットがあるサカサ針です。

使用してみなければ分かりませんが、今年注目の新製品です。

以上、今年注目の新製品サカサ針3点をご紹介しました。
解禁日に釣行する方もそうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

【2017】鮎の友釣りに役立つおすすめの5アイテムを紹介

今年も鮎釣りシーズンの開幕が近づいてきました。早いところでは5月1日に解禁日を迎えます。
針を巻いたり、仕掛けを作ったりとオフシーズンの楽しみも大詰めとなりますが、仕掛け以外の準備はもう済んでいますか?
今回は初心者の方もベテランの方もきっと役立つ、鮎釣りアイテムを2017年の新製品も混じえて紹介します。

 【2017】鮎の友釣りに役立つおすすめの5アイテムを紹介

2017年新製品 タックルインジャパン ポケットフックダスト

鮎釣りにおいて、「かゆいところに手が届く」アイテムを毎年発売してくれるタックルインジャパン。
このポケットフックダストは、鮎ベストに取り付け可能なフックダストです。
内部には、強力ネオジム磁石が内臓されており、確実に針を吸着してくれる設計です。
今までベルトに装着していたダストボックス。使いづらいと感じた方も多いのではないでしょうか?とてもコンパクトなのも魅力のひとつです。

TACKLE in JAPAN(タックルインジャパン) ポケットフックダスト ブラック

プロックス ピタッとマルチハンガー

耐荷重5kgの強力吸盤、ワンタッチで装着可能のハンガーです。
車内にダブルでつければ、ロッドホルダーに。鮎竿を直に地面に置きたくないときは、
車外側やクーラーなどにつけ、立てかけることができ便利です。
シーズン中は、連日でも川に入って鮎釣りをされる方も多いと思いますが、
河原でキャンプや車中泊をする場合には、鮎タイツや鮎ベストを干しておくことができます

ピタッとマルチハンガー PX825K 4連フック プロックス 竿立て ロッドホルダー 釣り具

2017年新製品 シマノ 引き舟ホルダー

もともと、鮎ベルトに付いているホルダーは片手での引き舟の装着が難しいですよね。
それを簡単にしたのが、各メーカから発売されている引き舟ホルダーです。
この製品は従来品のホルダーよりも金属部分が大きく設計されており、よりスムーズに引き舟を引っかけること可能です。

シマノ 引舟ホルダー BE-010Q ホワイト

2017年新製品 タックルインジャパン 鮎タモスムーザー

鮎タモをベルトに挿し込む際に、柄の先端の部分が引っ掛かることなくベルトに挿さるようアシストしてくれるのがこの製品です。
上部にはスキマガイドというベロが付いておりよりスムーズに差し込みを誘導してくれます。
さらに、腰パッドに連結できるシステムになっていて、スムーザー自体がズレてしまう事を防ぎます。

ヤマワ産業(Yamawa Sangyo) 鮎タモスムーザー

シミズ マルチハンガー

鮎釣りのあと、タビやタイツを干すのに苦労したことがありませんか?
とくに鮎タビは水切りが大変で、そのまま干すといつまでも内部に水分がたまり乾きにくいです。
この製品は鮎タビを逆さにひっくり返した状態で固定し、さらにタイツもセットで干すことができます。
ある程度タビから水分が抜けたら蒸気を逃がすため、履き口を上に向けて干しましょう。

シミズ マルチハンガー

まとめ

紹介した製品だけではなく、仕掛けや針以外の鮎釣りマストアイテムが今年もたくさん発売されています。
釣行時に役立つアイテムは手返しにも繋げることができるので、ぜひ参考にしてみてください。