鯛ジグ 一覧

鯛ジギングにチャレンジ!おすすめの鯛ジグベスト10

近年鯛ジギングに使用されるジグは各メーカーよりたくさんの種類が発売されています。
一般的にジグと言えば鉛製の素材のメタルジグを指します。
鉛以外にも最近主流になりつつあるタングステン、鉄、アルミ製など複数の素材でできたジグが存在します。
ここに挙げただけでも4種類の素材のジグがあります。

では、素材の違いによるメリットや使い分けなどについてご紹介していきたいと思います。

タングステン

現在各メーカーから発売されているジグの中で最も比重が重たいのがタングステン素材のジグです。
高価な素材のジグですが、近年タングステン素材のジグが流行しており、一般化してきた背景と共に釣果も抜群であると話題です。
メリットとしては、同じ比重の各素材と比較した場合、小さい形状のジグを作ることができるので、遠投性能に長けています。
その他、潮の流れが速いく底取りが難しい状況でも比重があり、小さい形状から水の抵抗を受けにくいので底取りに強く、手返しが早く行える点がメリットです。
特に鯛がよく捕食しているいわしの小さい形状に似せるためには、マッチした素材です。
細いPEラインとの組み合わせで、ジグを自在に操ることができるようになった事もメリットでしょう。

筆者的にまとめて表現すると、タングステン製の小さなシルエットは鯛にとって激しすぎない動きを演出して鯛にとても効果的なのです。

 

鉛素材のジグは一番世の中に流通していると言っても過言ではないほど種類が豊富でその数をはかり知ることができません。
無数と言っても間違いないでしょう。
メリットとしては価格が安価で購入しやすいこと。
安価なので、軽い重量から重い重量、カラーの違いなど、様々な種類のジグを揃えることができること。
フォールスピードのバランスが良いことが挙げられます。
標準的に使用されている素材なので、鉛素材を中心として他の素材を比較していくことが通常です。
また鉛は柔らかい材質のため、岩礁や堤防にぶつけると傷がつきやすい性質があります。

鉛と比較すると比重が軽いので、フォールスピードが遅く、鯛にアタックさせる時間を稼げることが大きなメリットとして挙げられます。

その他、活性が低い時に有効とされています。
鉄はフォールがゆっくりな反面、ラインスラッグが多く出るので根掛りによるライントラブルが発生しやすくなります。

 

アルミ

鉛や鉄、タングステンに比べてもっとも比重が軽い素材です。
フォールスピードは非常にゆっくりであることがお分かりいただけるかと思います。

その他、同じレンジをキープし易い、非常に軽い分、大きいジグの製造が可能になり、鯛へのアピール力が高まります。

その反面、比重が軽いので潮の流れが速い時は、意図しないところまで流されてしまったり、底が取れなかったりします。
そして高価であることが挙げられます。

 

鯛ジギングでは主に上述した素材が使用されていますが、中でもタングステン素材には分があります。
言わば、鯛を特に意識した設計が可能なのがタングステンだからなのです。

決してタングステン以外の素材が劣っているということではありません。
どれも一長一短があります。
その中でも筆者としては、どんな状況でも1本は忍ばせておきたい素材がタングステン製のジグです。

これまでに触れてきました内容で、各々の素材の特徴について、ある程度理解していただけたかと思いますので、筆者がおすすめする鯛ジグを紹介します。

鯛ジギングにチャレンジ!おすすめの鯛ジグベスト10

第1位 シマノ Soare(ソアレ)TGエース

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ TG エース 70mm 40g グリーンゴールド 03T JT-240P ルアー

 

表裏非対称ボディで、魅力的なアクションを生むタングステン製のジグです。
早いバイブレーションフォールとフラッシング効果で鯛に強烈にアピールし喰わせのスイッチを入れる優れもの。

また、ただ巻きでも激しすぎない鯛が好む小刻みなアクションで泳ぐので、鯛をいち早く魅了し、フォールでしっかりとアタックさせることができます。
必ず1本は忍ばせておきたい筆者一押しのジグです。

 

第2位 シマノ Soare(ソアレ)Metal shot TG

シマノ(SHIMANO) メタルジグ ソアレ メタルショット TG 32g ブルーイワシ 35T SS-232Q ルアー

タングステン製のジグで、ジグの面のキラキラ具合はピカイチ。
フォールして着底後のただ巻きが基本アクションとなるジグです。

フラッシング効果によって鯛に強烈にアピールします。

また、やや中心よりに前にバランス設計されたジグなので、ジャークさせた後に自然にドリフトアクションを発生させてくれます。
少し変化をつけたい時におすすめします。

 

第3位 ダイワ TGベイト

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイト100 PHピンク

 

高比重ボディをアクションさせる左右非対称のボディデザインで、フォールでは水平に近い姿勢でスライドし弱ったベイトを演出してくれます。

また、巻き取り時は小刻みなアクションを自然に演出してくれるので、鯛の捕食スイッチを最大限に誘ってくれます。

タングステン製のジグなので、小さいボディで遠くまで飛ばしたいこれまでの要望を全て叶えてくれます。

 

第4位 ダイワ TGベイトスリム PHマイイワシ

ダイワ メタルジグ ルアー TGベイトスリム60 PHアカキン

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」を更にスリムなボディへ変身させて驚きの飛距離を実現させてモデル。

鯛だけでなく、あらゆるターゲットに効果的な1つです。

特にベイトが小さい状況下でその威力を発揮してくれます。
水深の深いレンジ用に100gや120gのジグがラインナップされているので、幅広く活用することができます。

第5位 ダイワソルティガ TGベイト CHゼブラグロー

ダイワ(DAIWA) メタルジグ ソルティガ TGベイト 80g PH赤金

ダイワ社が発売しているタングステン製の「TGベイト」の重量級と言った、80g~180gまでの重量を揃えたジグです。

コンディションによって1本は必ず必要になるヘビーウェイトジグは必ずや重宝すること間違いありません。
筆者も必ずジグケースに忍ばせています。

 

第6位 ハヤブサ ジャックアイTG

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ TG 約57mm 60g ブルーイワシ #2 FS426

 

タングステン製の素材でしっかり釣果実績を残している優れもの。

アクションが小さく鯛ジギングにマッチしたジグです。

こちらも1本は忍ばせておきたい逸品。

 

第7位 TACKLE HOUSE タイジグ

タックルハウス(TackleHouse) メタルジグ ルアー タイジグ 74mm 80g ピンクシルバーグローベリー #5 TJ80

ただ巻きが基本のジグ。

縦、横、斜めと攻め方は自由自在。
フォールは蛇行しながら木の葉のようにロールし、リトリーブではロールしながらお尻をバイブレーションさせます。

ラインナップ豊富で軽量から重量級のジグを揃えています。

 

第8位 ヤマシタ MARIA ムーチョ・ルチア

マリア(Maria) メタルジグ ムーチョ・ルチア 80mm 60g マイワシ 09H ルアー

投げてただ巻くだけのメタルジグ。
スイミングアクションとフラッシング効果で鯛の捕食スイッチを効果的に入れます。

遠投性能に優れていますが、オフショアのライトジギングでも威力を発揮します。
障害物に当たってもはがれにくいホロを採用しているので、いつまでもフラッシング効果が持続します。

第9位 ディープライナー スロースキップFB

DEEP LINER(ディープライナー)スロースキップFB SG-NSゼブラ(マグマ) (200)

形状はスタンダードなメタルジグですが、ヒラヒラとした動きからキビキビした動きまでできる。

カラーバリエーションが豊富なので、沢山集めたくなるジグです。

 

第10位 ハヤブサ ジャックアイスロー

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ スロー 150g 100mm ピンクイワシ

左右非対称タイプのメタルジグ。
フォール中は、弱った小魚のような姿に鯛がアタックしてくること間違いなし。
特徴的な大きな目玉も鯛を引き寄せてくれます。

値段が手ごろで買いやすい点も魅力的です。

まとめ

鯛ジグは、使用されている素材が複数ありますが、近年注目を集め、釣果実績抜群のタングステン製のジグが人気です。

タングステン製のメリットは小さいボディで比重が重いこと。
このメリットが鯛ジギングにピッタリハマっているのが、人気の要素であると言えます。

ただし、高価なので、手が出しにくいという点がありますが、1つはタックルボックス等に忍ばせておくとそれだけで何故か安心してしまいます。

また、他の素材がタングステンより劣っている訳ではありませので、あしからず。

鉛製のメタルジグは安価で手に入り易く、十分に鯛ジグを楽しめるアイテムです。
各社共にメタルジグの形状が似通っていますので、様々な素材のジグを1つ持って試してみると鯛ジグが更に面白くなります。

誰でも手軽にできる釣りなので、沢山楽しみましょう。


メタルジグでマダイを釣ろう!鯛ジギングの方法とは?

鯛ジギングとは何?

そもそも鯛ジギングって何だろう?と思われているフィッシング初心者の方や何となく言葉は聞いた事があるけど、やったことがないからピンとこない方もいるかと思いますので、簡単に触れておきます。

鯛ジギングとは、鉛や、最近主流の金属素材などで作られた小魚に似せた疑似餌(ジグ)を使って、鯛を釣るゲームです。

小型の軽量なジグを使う場合は「マイクロジギング」とも呼ばれており、近海で手軽に釣りを楽しむことができます。

また、鯛がいわしを荒食いしている時など鯛の活性が高い場合に、より釣果に結びつく釣り方の1つです。

メタルジグでマダイを釣ろう!鯛ジギングの方法とは?

鯛ジギングのタックルは?

ロッド

ジギングは広範囲を探る、また縦方向(バーチカル)に幅広いレンジを探る釣りになるので、広範囲を攻めるのであれば、使用するジグの重量が広い適用範囲にあるロッドを選びます。

例えば、水深が50m前後あるいはそれ以上の範囲を攻める時、ジグの重量は概ね60g以上から使用していきますので、その重量に適応したロッドが必要になります。

また、穂先が高感度、鯛に負けないバットパワーの強いロッドが理想的です。

種類が少ないですが、鯛ジギング専用モデルのロッドが発売されてます。

リール

スピニングリールとベイトリールを釣り方によって使い分けます。
広範囲に探る、ジグを遠投して距離的にも範囲を広げた釣りを行いたい場合にはスピニングリール、ジグをフォールさせてただ巻きで釣りを楽しみたい場合はベイトリールを選択します。

ライン

リールに巻くラインはPEの0.6~1.0号をメインで使用し、リーダーを直結させます。
パワーとドラグ性能は重要な要素なので、巻き取りパワーと、滑らかにラインが放出され且つ引きに負けないドラグ性能を兼ね備えたものを選択します。
リーダーは、フロロカーボン素材の3.5~5.0号(14lb~20lb)程度を使用します。

ジグ

最後にジグは、水深や潮の流れなどその時々の環境に合わせて選択します。

例えば、水深50m以上の深い場所や流れの速い場所では重量のあるジグを選択。水深が非常に浅い場所では軽いジグを選択します。

既にタイラバや一つテンヤの経験のあるアングラーは、タイラバや一つテンヤで使用しているタックルを鯛ジギングにそのまま使用することが可能です。

筆者がお勧めするタックルは、ロッドの長さが7FT前後、ジグが20~120gを扱えるもので、リールは釣り方によって変えることが望ましいのですが、広い釣り方を行う観点から、スピニングリールの3000~4000番台で簡単に言ってしまえば各メーカーが発売している中堅クラス以上のもの、ラインはPE0.8号、リーダーはフロロカーボン16lb、ジグは比重があり、形状が小さいタングステン製をお勧めします。

鯛ジギングの釣り方

釣り方のスタイルは、ジグをフォールさせて、「ただ巻き」する、フォールさせてスローなアクションで誘う「スロージギング」、シャクリを大きく入れるアクションを行うなど様々です。

その中で基本の釣り方は、ジグを海中にフォールさせ、着底したら、単に巻き上げ、一定のレンジまで上がってきたらフォールさせる、この動作を繰り返し行う「ただ巻き」と言われる釣り方です。

鯛を乗せる釣りとも言われていますが、ただ巻きによるジグの激しすぎない動きは、ベイトが他の魚に捕食されそうになって逃げる時に放つ一定の波動に近いと言われています。

鯛はベイトが逃げる時の波動を記憶しているので、ジグはベイトが逃げる時の波動を再現することで、鯛がアタックしてくると考えられています。
このような鯛の習性から基本の釣りのスタイルと考えられています。

次に、ジギングのようにキビキビと動きを付けるようにロッドをシャクリ上げるのではなく、ジグに少しだけ動きをつけるだけのタックルの性能を活かした釣り方があります。
この釣法を「スロージギング」と言います。近年スロージギングは流行りの釣法で、多くのアングラーがこの釣法で釣果を伸ばしています。
スロージギングは主に鯛の活性が低い時に行うと効果的と言われています。

スロージギングのアクションは、ジャークやアクションがスローと思われがちですが、実はそうではなく、フォールをスローに行うという意味が、スロージギングなのです。
フォールがスローなので鯛に喰わせる時がスローということになります。

筆者は、2パターンのスロージギングアクションで鯛のアタックを誘っています。

スローピッチジャーク釣法

ロッドを斜め45度で辺りに構え、ジグをフォールさせます。
着底後、リールを巻き、ある程度のところで巻きを止めます。
その時にジグの重みでロッドがしなりロッドの反発力でジグが水中でアクションを起こします。
ここでロッドを動かすことはしません。
あくまでもジグの重みを利用したアクションであることに留意して下さい。
この反動を利用してジグをフォールさせます。
フォールさせることで水平にジグがフォールし、水中の抵抗を受けながらフォールしていくので、フォールスピードがゆっくりになります。

ロングフォールジャーク釣法

まずジグをフォールさせます。
着底後、リールを巻きある程度のところで巻きを止めます。
ジグの重みを利用して水平にフォールさせます。
その後、リールを巻かずにロッドを頭上まで立てることでラインにテンションをかけます。
そしてロッドを立てたままラインにテンションをかけた状態のままでフォールさせます。
できるだけ長い時間フォールさせることで喰いの時間を与えることが一番のポイントとなります。
慣れるまでにはコツが必要で、テンポよく動作を行わないと、ジグがカクカクしてしまうので、最初のうちはスローピッチジャークで慣らしてから、ロングフォールを行っておきましょう。

まとめ

鯛ジギングは最近主流の金属素材であるタングステン素材のジグや鉛のメタルジグを使って鯛にアタックさせるゲームです。
鯛ジギングのメリットとして、タイラバや一つテンヤと共有してタックルが使えることです。
1本持っていれば3通りの釣りが楽しめます。
更に鯛ジギングを極めたいアングラーは後に状況によってロッドやリールを揃えていくと良いでしょう。

また、鯛ジギングのキモは「フォール」でアタックさせることです。フォールでアタリが取れなければ釣果に結びついていきません。できるだけフォール時間を長くし、アタックする時間が与えられるようにテンションをかけたフォールなどで工夫すると良いです。

簡単に言えば、フォールから着底後、巻き上げて再度フリーフォールを行うアクションだけなので、誰にでも簡単に行うことができる釣りです。

最後にタングステン製のジグは高価ですが、1つ道具箱に忍ばせておくと重宝します。

鉛のメタルジグで全く反応しない時など、変化をつけたい時にタングステンに変更すると思わぬ釣果に繋がることも。
一度経験してみると病みつきになること間違いありません。