2017エギおすすめ 一覧

【エギング】2017発売 おすすめの新製品エギまとめ

待ちに待ったエギングシーズン開幕です。

初心者の方もベテランエギンガーの方も、エギングタックルの準備は、もうお済みですか?

エギング釣行前に、2017年・注目の新製品エギをチェックしておきましょう!

今回は、2017年発売の新製品の中から、おすすめのエギをまとめてご紹介します。

【エギング】2017発売 おすすめの新製品エギまとめ

DUEL パタパタQラトル

発色&波動&音でイカに死角なし!

アップダウングローボディーを搭載した新製品は、フラッシングアピールの高い前面下地採用でありながら、背中側もお腹側も発色する上下からのアピール効果があります。

 

 

発行色はイカに最もよく見えるブルーグリーン。

また釣れる波動を生み出すパタパタフィンにもグリーン発光効果があり、左右からも高アピールします。夜光ボディ、紫外線ボディカラーのラインナップにも注目です。

水中での音速は、空気中の約4.4倍とされています。エビが尾を曲げ、逃げる際に発する波動をパタパタフィンで再現。人気シリーズ、注目の新製品です。

※パタパタQダートマスターは2.5号3号のサイズラインナップが追加

シマノ セフィアクリンチ 蛙飛びアッパーとクロスカウンター

シマノ セフィアクリンチ 蛙飛びアッパーSHIMANO(シマノ) エギ セフィア クリンチ カエル跳びアッパー QE-230Q 07T ムラサキエビ -

 

夏から秋にかけて使いたいのが蛙飛びアッパー。

軽いジャークで広範囲にダートするのが特徴で、シャローやストラクチャー周りのサーチエギとして、また初めての釣り場のパイロットエギとしてもおすすめです。

シマノ セフィアクリンチ クロスカウンターSHIMANO(シマノ) エギ セフィア クリンチ クロスカウンター QE-235Q 06T ケイムラアボカド -

 

クロスカウンターはアクション時のエギの移動距離が短く、手元に戻るまでのアクションを増やすことが可能になります。

アクションは横方向に大きくアピールするスウィングダートで、ボトム付近のタナを外しません。

オールマイティに使用可能ですが、回遊待ちやジックリと攻める秋~春にかけても有効なエギです。

↓つりトップ シマノ新製品エギ関連記事↓

http://www.tsuri.top/4986-2/

ダイワ エメラスダスストリーム・ラトルに、2.5号追加

ダイワ エギ エメラルダス ストリーム 2.5号 ケイムラ-オレンジキューカンバーダイワ エギ エメラルダス ストリーム 2.5号 ケイムラ-オレンジキューカンバー

ストリーム=「流れ」の名の通り、潮の流れを捉える高い能力で、バックドリフト釣法に最適なエギです。

羽毛がなく、ドリフトフィンがわずかな潮の流れを捉え、イカが好むドリフトアクションに素早く移行する設計になっています。

またラトル入りは、さらに広範囲にエギの存在をアピールできます。状況に応じてノーマルタイプと使い分けがおすすめです。

今期、以上の2種類に2.5号のサイズラインナップが追加新発売となりました。

がまかつ エヴォリッヂ ついに、がまかつからエギが発売!

 

独自のフォルム設計により、小さなシャクりでも驚くほどのダートを実現。

0.5秒でワンアクションさせるイメージの設計のため、常にラインテンションが掛かった状態で操作でき、2段シャクりなどはタイムラグなく連続アクションが可能。

 

斧の形をモチーフにした「アックスシンカー」は、適度に水流を受けつつも復元力を持たせた形状で、ステイの姿勢へ素早く戻る復元力にも優れています。

また、フォール時は、安定した姿勢によりテンションフォールのスピードに緩急を付けやすい設計です。

ヤマシタ エギーノぴょんぴょんサーチ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 18g 3.5号 R04 レッドグレープ”]ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 18g 3.5号 R04 レッドグレープ

エギングは難しい?なかなか釣れない…と思っている初心者や入門者にむけて発売!

底を取る、シャクる、アタリを取る、単純な釣り方でいて難しいのがエギングです。

そんなエギングの一連の工程を、エギの機能によってフォローすることにより、初心者や入門者の方にも「簡単に釣れるエギ」となっています。

エギーノレッグは微振動から生まれる波動が、エビをリアルに再現します。またシンカー部分に装着することで、エビが逃げる様を演出できるエギーノリップ、イカが感知する周波数のサーチラトル搭載。

もちろん、ベテランアングラーにもぜひ使用してもらいたいエギです!

ヤマシタ エギ王Q LIVE ハイコントラストカラー

人気のエギ王Q LIVEに、ハイコントラストカラーシリーズが追加ラインナップ

遠くのイカでも見つけやすい「ハイコントラスト柄」で視覚を刺激!紫外線に反応して柄が浮かび上がり、ボディーを立体的に見せてくれます。

墨族 ノーマルタイプ NEWカラー

VE-22FS 墨族ノーマルタイプ 不死鳥
全てのシチュエーションでの視認性、アピール力が高く、ファーストキャスト、パイロットエギに適した万能カラーです。

VE-22EOK 墨族ノーマルタイプ オリーブレッド(改)

過去に惜しまれつつ廃盤となった釣果爆発力トップクラスのオリーブ/レッドがリニューアルして復刻版としてリリースされました。

↓つりトップ【2017エギング】おすすめ関連記事↓

http://www.tsuri.top/post-5025/

http://www.tsuri.top/post-5126/

http://www.tsuri.top/post-5141/


《2017秋》秋イカにおすすめのエギ5選

数釣りが楽しめる秋のアオリイカは、超定番とも言えるオレンジ系カラーと安定度抜群のピンク系カラーで果敢に攻めましょう。
ここでは筆者のお勧めをご紹介しますが、エギは数えきれないほど各メーカーより発売されています。性能や価格帯も幅広く、何を購入したら良いのか正直いつも迷うところです。

《2017 秋》秋イカにおすすめのエギ5選

秋のアオリイカのエギ選び

秋のアオリイカは小型が多いため、エギも小さいサイズを選択します。秋は3号以下のサイズがおすすめです。
秋イカは、産まれて間もない「新子」と呼ばれるアオリイカが多く、まだエギを見る機会が少ないことからスレていません。そのため、アピールに効果絶大のピンク系やオレンジ系の色のエギを使用します。
とは言ってもエギンガーの多いエギングの名所では、新子でもビックリするほどスレている事があるので、ダーク系カラーのエギも持っておくことが大事です。

それでは、以下に秋のエギングシーズンにおすすめのエギをご紹介します。

DUEL EZ-Q CAST 布巻BLMP 3.0号

DUELならではのパタパタフットが特徴、見た目はエビそのもの。
水流によるパタパタフットのバイブレーションと、エビ型のウェーブしたボディが強い波動を発して、アオリイカの本能を刺激してくれます。
高活性でも低活性時のどちらでも威力を発揮して、数釣りが楽しめます。

<デュエル(DUEL) エギ EZ-Q キャスト 3.0号 BLMP>

デュエル(DUEL) エギ EZ-Q キャスト 3.0号 BLMP A1659-BLMP

ピンクとマーブルの下地に、ブルーの夜光ボディの組み合わせは相性抜群のカラーです。
周囲のエギンガーが釣れていなくても、パタパタフットのエギは期待を裏切りません。
初心者から経験者まで幅広く扱いやすく、これまでの経験から信頼のおける1本であることに間違いありません。

ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチ ベーシックタイプ BON 3.0号

どのカラーを使ったら良いのか迷った時に、使える1本です。
下地がオールラウンドに使える虹テープで、1年を通して最も万能的に使えるベーシックのオレンジ布。

<ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチ ベーシックタイプ BON 3.5号>

ヤマシタ(YAMASHITA) ルアー エギ エギ王 Q LIVE サーチ 3.5 B04 BON
多くのエギンガーの実績を残してきたこのエギは、エギング入門者には重宝すること間違いなしです。また、アオリイカの可聴域に最も感知し易い周波数に近いラトル音が、更にイカへのアピールへと繋がります。
是非、実績の高いエギ王Q LIVEサーチでその威力を試してみてください。

DAIWA エメラルダス フォール 金-ピンクアジ 3.0号

いつでも安定したフォール姿勢とシャクリを入れた時の跳ね上がりの高さは、どのエギにも負けずピカイチ。
その跳ね上がりは広いレンジを探り、アオリイカへの絶大なアピールへと繋がること間違いなしです。また、エメラルドカラーのエギの目がイカを強力的に挑発します。

<DAIWA エメラルダス フォール 金-ピンクアジ 3.0号>

ダイワ(Daiwa) エギ イカ釣り用 エメラルダスフォール 2.5号 金ピンクアジ

エギの設計から移動距離が狭く、1つのポイントをしっかりと探ることができ、スレイカ対策にも効果的な1本です。スレてると感じる時や、スレイカへのアピールとして使ってみる価値ありのエギです。

エギリー ダートマックス D34GE 2.5号

一見すると特殊に見えるエギリーのダートマックス。その魅力はたっぷり詰まっています。
ダートマックスの特徴は、エギの頭の部分がプラスチックで見た目はべイトに近く、水切れがいいので、クイックでキレのある左右のダートが直ぐに感じ取れることです。

販売されている多くのエギのアイ(ラインを結ぶ部分)はエギの先端にありますが、ダートマックスはエギのアイの部分が上部にあり、シャクリを入れた時のエギのアクションの立ち上がりがよく、動かしやすい設計となっています。
またフックが鋭く、スレイカが少し触っただけでもしっかりとフッキングができるほどスムーズな貫通力を持っています。
他のメーカーでは見たことがないグリーンアジクリスタルグリーンカラーが、スレたアオリイカを最大限に誘います。
明るいカラーで数杯釣りあげた後に、スレはじめたアオリイカに使うと効果的です。

ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチB08 BPA ピンク/赤3.0号 490グロー

ヤマシタが誇る最高のエギと言っても過言ではありません。他のエギを合わせてみても、ここまでアオリイカを研究し尽くされた、「アオリイカを絶対に釣るエギ」は他にないと言えるのが、この490グローエギです。

<ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチB08 BPA ピンク/赤3.0号 490グロー>

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王Q LIVE サーチ 3.0 B08 BPA #ピンク/赤
490グローとは、約490ナノメートルという距離で、イカが最も発光色の波長が見えやすいという研究からエギに付加された発光色。
更にはイカが好むラトル音も併せ持ち、音と光で攻めるエギの中では最高峰であること間違いありません。
エギは、赤テープにピンクの配色で秋のアオリイカにはもってこいのカラーリングです。
筆者も愛用しているこのエギは、期待を裏切らない一押しの1本です。

まとめ

近年のアオリイカは釣れにくく、スレていると言われています。確かに経験上でも、10年前と比べると渋いと言わざるを得ません。
しかし、エギンガーがあまりいない釣り座でエギングをすると、どのようなエギでも釣れることがあります。
エギが高価であれば、アオリイカが釣れるというものではありません。筆者は、価格が1本100円程度のエギも含めて、今でもアオリイカを仕留めています。
ぜひ色々なエギを試して自分が信頼できるエギを見つけ、更にエギングを楽しんでみて下さい。

↓つりトップおすすめ 2017エギング関連記事↓

●《2017秋》初心者におすすめのエギングロッドベスト10

●《2017秋》初心者におすすめのエギングリールベスト5 

●《2017年秋》おすすめのエギングPEライン5選