7月シイラルアー 一覧

【7月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

7月は梅雨と夏の変わり目の季節です。
だんだんと暑くなっていくにつれて、ルアーで釣れる魚も大きく変わってきます。
今回は7月に初心者でも手軽に狙えるルアー釣りを紹介したいと思います。
文末には7月のルアー釣りの注意点も紹介していますので、最後まで読んでくださいね。

【7月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

 

<チヌ>

チヌは昔からエサ釣りのイメージが強い魚種ですが、今ではルアーのターゲットとして釣り方も確立されてきています。
特に高水温に強く、夏になると活発にルアーにアタックしてきます。
日中であっても釣れるので釣行計画が立てやすく、ルアーへのバイトやファイトが強烈で徐々にファンが増えているターゲットです。
狙うポイントは水深が1~2mくらいの場所で、カニやアサリなどが生息しているようなエリアがおすすめです。
使うルアーは小型のトップウォーターがよく、ポッパー、ペンシルベイト、スイッシャーの3種類があればよいと思います。
使い方は、どのトップウォーターもゆっくり動かして、ポーズを時折混ぜるようにしてください。
各トップウォーターの使い分けですが、ポッパーとペンシルベイトは風が無く波があまり立っていないとき、スイッシャーは波が少し強いときに使うとよいでしょう。
タックルは8フィート程度でミディアムライトクラスのロッド、リールはスピニングリールの3000番、ラインはPE1号程度、リーダーは16~20ポンドといった組み合わせがおすすめです。
チヌはトップウォーターに反応したら、連続でしつこくルアーを追ってくるので、
バイトミスがあっても同じリズムでルアーをアクションさせていくとよいでしょう。
チヌの口は硬いので、チヌの重みがロッドティップに乗ったら、力強くフッキングするようにしましょう。

<マゴチ>

7月のマゴチは地域によっては産卵が終わりに近づく個体が多くなってきますが、まだ岸近くに寄ってきていて釣りやすい状況です。
ベイトはイワシであることが多いですが、水温が上がるにつれてエビやカニといった甲殻類も増えてくると、それに合わせて捕食するエサの傾向がイワシから甲殻類へと徐々に変わってきます。
狙う場所は底質が砂や砂利質のところをメインとしていくとよいでしょう。
ルアーはソフトルアーがおすすめで、イワシを模したシャッドテールワーム、甲殻類を模したクローワームを用意しておくとよいでしょう。
使うリグはジグヘッドリグで、10g~21gまでのウエイトを使い分けていきましょう。
アクションはリフト&フォールで広範囲を探っていくようにするとよいです。
バイトはフォールして着底したとき、もしくはリフトした直後が多くなります。
ラインスラックを取ってしっかりとフッキングするようにしましょう。
ヒットしたら強烈な首振りでルアーを外そうとするので、ファイト時間は短くしたほうがキャッチできる可能性が高くなります。

<シイラ>

シイラは夏になると行動が活発化するため、ルアーに果敢にバイトしてくるようになり、
ヒットすれば、ジャンプを交えた強烈なファイトを見せてくれます。
ボートから狙うことが多いですが、状況によって岸近くにも回遊してくるのでそのようなタイミングを逃さないようにしましょう。
陸から狙うポイントは潮通しがよいところとなります。沖にある防波堤や磯に釣行してみるのもよいでしょう。
準備したいタックルは10フィート程度ヘビークラスのパワーがあるロッドです。
使うルアーはトップウォーターメタルジグがおすすめです。
風が無くあまり波が立っていないときはトップウォーターを使い、水面でアクションさせてみるとよいでしょう。逆に風があり波が高いようなときは、メタルジグを遠投しアクションさせてくるとよいと思います。
ヒットすると非常に強烈なファイトをするので、ドラグ調整はしっかり行っておくようにしましょう。
取り込みの際は、ランディングネットかギャフを用いるようにしましょう。
ルアーフックを外すときは、暴れることを想定して必ず長めのプライヤーを使って外すようにしてください。

<7月のルアー釣りの注意点>

●雨と熱中症に注意
7月は梅雨からまだ抜けていない地域が多くありますので、雨の対策をしっかりしておきましょう。レインウェアと長靴で釣行することをおすすめします。
梅雨が明けたら、暑さ対策をして熱中症に十分気を付けて釣りをするようにしてください。
体もまだ暑さに慣れていない状態ですので、意識して水分を取ることも忘れないようにしましょう。

<まとめ>

●チヌ・・・カニやアサリなどが生息しているようなエリアを狙う、小型のトップウォーターでの釣りがおすすめ
●マゴチ・・・ベイトがイワシから甲殻類に徐々に変わっていきやすい、シャッドテールワームとクローワームを用意しておくのがおすすめ
●シイラ・・・強いタックルでドラグ調整をしっかり行っておく、トップウォーターとメタルジグを用意しておくのがおすすめ
雨と熱中症に注意して釣行すること
今回の記事を参考にして、ぜひ7月のルアー釣りを楽しんでくださいね。