PEライン 一覧

タイラバ用ラインの号数や種類、リーダーの種類や長さ、おすすめの結束方法を教えて

タイラバタックルを揃えたら、今度はリールに巻くライン、結束するリーダーを準備する必要があります。

初心者や入門者の方は、ラインの種類や号柄、必要な長さや結び方などを、しっかり把握してタイラバに挑戦しましょう!

タイラバ用ラインの号数や種類、リーダーの種類や長さ、おすすめの結束方法を教えて

タイラバ用ラインの号数と種類

●PEラインの特徴

タイラバで使用するラインは、細くて強度が高く、感度の良いPEラインを使用します。

 

ダイワ(Daiwa) PEライン UVF 紅牙センサー 8ブレイド+Si 200m 0.8号 13lb マルチカラー

 

PEラインは、細い繊維を何本も編み込んで1本のラインを作っている為、ナイロン製やフロロカーボン製のラインに比べて強度が高いことが特徴です。

また、PEはポリエチレン繊維の為、素材に伸縮性がほとんどなく、感度に優れています

これらPEラインの特徴は、他のルアーフィッシング同様にタイラバゲームでも必要な要素であり、ゲーム性に長けたラインであると言えます。

●PEラインの弱点

しかしPEラインの弱点として、擦れに弱い点が挙げられます。

防波堤からのタイラバの場合は、とくに岩礁やテトラにラインを擦ってしまう可能性があり、思わぬライントラブルに遭遇してしまうこともあるのです。

その為、筆者は8本編みのPEラインを使用することで、途中でラインが切れる事を防いでいます。編み込みの本数が多くなればなるほど、値段は高くなりますが強度を上げることができ、しなやかさも増します。

●タイラバPEラインの号数

次にタイラバ用の号数ですが、概ねどのメーカーも0.6号~1.5号の間で発売されており、通常使用する号数は、0.6号~1.0号が最適であると言われています。

ちなみに筆者は、PEライン0.8号~1.0号8本編みを使用する頻度が高いです。
PEラインの長さは、万が一ライントラブルが発生して切れてしまった場合でも、安心して使用できる200m巻をおすすめします。

タイラバ用リーダーの種類、太さと長さ

タイラバでは、リールに巻くメインラインにPEを使用し、PEの弱点を補う為に、タイラバの上部にリーダーを結束します。

PEの弱点を補うためには、当然、擦れに強いリーダーが必要です。

デュエル(DUEL) リーダー ハードコア パワー タイラバ カーボナイロン 30m 3.0号 ナチュラルクリアーH3626デュエル(DUEL) リーダー ハードコア パワー タイラバ カーボナイロン 30m 3.0号 ナチュラルクリアーH3626

●リーダーの種類

擦れに強いリーダーと言えば、ナイロンフロロカーボンが代表的なリーダーの種類として挙げられます。

両者を比較すると、強度はフロロカーボンが良く、鯛の食い込みに有利な伸びの良さはナイロンと、それぞれに別のメリットがあることが分かります。

タイラバ用のリーダーとしては、どちらを使用しても良いのですが、ナイロンは、伸びきってしまえばリーダーを交換する頻度が高くなりますので、伸びに強いフロロカーボンの方が扱い楽です。

筆者は伸びによる劣化に強く、高強度のフロロカーボンをリーダーとして使用しています。

●リーダーの太さ

次にリーダーの太さは、PEラインの許容範囲、もしくはそれよりも下のものを使用します。

PEラインに対してリーダーが太すぎると、ラインとの結束時に、結びにくくなるだけであまり意味がありません。

タイラバで通常使用するラインの号数に合わせる場合、

0.6号のラインに対して、リーダーの太さは、4~10lb(lb=ポンド)

0.8号のラインに対して、リーダーの太さは、8~12lb

1.0号のラインに対して、リーダーの太さは、12~16lb

が、目安となります。

lb=ポンド表示は、耐えうる重量の指標であり、1ポンドは約450gが目安です。

例えば、指標が4ポンドであれば、450g×4=約1.8kgと計算することができます。
しかし、あくまでも指標であり、メーカーによっても強度が異なりますので、選ぶ基準の参考程度にして下さい。

●リーダーの太さ

リーダーの長さは、これと言って正解はなく、正直、人によってまちまちです。1ヒロ~2ヒロのアングラーもいれば、3ヒロ~4ヒロのアングラーもいます。

※ 1ヒロとは、長さ約1.5mで、2ヒロ以上の場合は、1.5mにそれぞれ掛け算すると求めることができます。

筆者は、根ズレや扱いやすさを考慮して、1ヒロ半~2ヒロのリーダーを結束して使用しています。

リーダーが1m以下のような極端に短い場合、タイラバを変更する度にリーダーが短くなりますので、直ぐに新しいリーダーに変えなければならず、最初から短いリーダーで結ぶことはおすすめできません。

しかし、長いリーダーに関しては特別なデメリットを感じませんので、個人のスタイルや好みで長さを決められて下さい。

PEラインとリーダーの結束方法

PEラインとリーダーの結束方法は沢山あり、これも人によってもまちまちです。

その中でも、多くのアングラーが用いており、おすすめできる結束方法の1つに「FGノット」があります。

FGノットは、ラインとリーダー同士を巻き付け、摩擦によって抜けを防止している接続方法です。

結束箇所は結び目が小さく、ガイドとの接触によるトラブルが少ない点がメリットとしてあげられます。

FGノットは、タイラバのみならず、様々な釣りで活躍する代表的な結束方法と言っても過言ではありません。

FGノットの結束を完成させる為には、段階的に作業する必要がありますので、コツを掴むまで、覚えるまでに多少の練習と時間を要しますが、一度感覚を掴んでしまえば、いつでもどこでも結束できるようになります

FGノット以外の結束方法として、「フィッシャーマンノット」や「SFノット」などがあります。

大物対策、トラブル対策として

最後に、筆者は、ライン1.0号をスプールに巻いて不意の大物対策としています。

リーダーは16lbを使用し、長さを2ヒロとし、結束は基本的にFGノットを行っています。

船釣りの場合は、トラブルが発生した際に、船の揺れにより船上でFGノットを行うことが困難です。
その為、事前にFGノットで結束したラインをスプールに巻いて、予備のリールを必ず携行するようにしています。

まとめ

タイラバで使用するラインは、0.6号~1.0号が最適で、リーダーは、メーカーが表示されている指標によって選ぶとよいでしょう。リーダーの長さは、アングラーの好みで決めて下さい。ラインとリーダーの結束は、FGノットが広く一般的に用いられている結束方法です。

↓つりトップ おすすめタイラバ関連記事↓

タイラバ初心者、タイラバの釣り方を教えて!

http://www.tsuri.top/post-5464/

 


エギングではなぜ、PEラインを使用するのですか?

エギングで釣果の分かれ目となる重要な要素は「エギをしっかり動かすこと」、「微アタリを察知すること」、「エギを遠くに飛ばすこと」の3つが挙げられます。

エギングではなぜ、PEラインを使用するのですか?

エギをしっかり動かすことができる

PEラインとナイロンラインを同じジャーク幅で振った場合、PEラインの方がエギの動きが大きくなります。その理由は、PEラインはナイロンラインに比べて糸の伸びが小さいからです。エギを遠投すればするほど糸の出る量が多くなるのでその差は広がり、それに伴って釣果にも大きな差が出ます。PEラインの底伸縮性のおかげで、エギをしっかり動かすことができるのです。

微アタリを察知することができる

アオリイカがエギに触れた時の感度を上げる簡単な方法は、伸縮性が低くて細いラインを使用することです。伸縮性が低ければ、ラインの伸びが低い分だけ感度が上がるし、ラインが細ければ細いほど、アタリの伝達力が向上します。PEラインはナイロンラインに比べると、約2.5倍(太さ換算)もの強度があるので、その分細いラインを使えるので、微アタリを察知することができるのです。

エギを遠くに飛ばすこと

エギを遠くに飛ばすためには、細いラインを使用しなければなりません。前述の通り、PEラインはナイロンよりも2.5倍の強度があるので、細糸の使用が可能となります。それが、エギを遠くに飛ばす遠投性能を高めるのです。
PEラインでは、キャスティングでの糸絡みを軽減してくれるスプレーが必須!
エギングでのPEラインの有効性が理解できましたか?最後に、PEラインでは同じ号数であっても、「撚り数」によって強度の違いが出ます。市販のものの大半は「4本撚り」か「8本撚り」ですが、強度があるのは「8本撚り」になります。お値段は高いですがなるべく、強度のある「8本撚り」を使うようにしましょう。
※一般的なエギングで、もっとも使われているPEラインの号数は0.8号です。

《カゴ釣りのライン》ナイロンとPE、どちらがよいですか?

遠投が必要な場面が多いカゴ釣り。飛距離アップに重要なキーポイントとなるのが、リールに巻く道糸です。カゴ釣りで主に使用される代表的なラインである、ナイロンとPEラインのそれぞれの特性を説明します。

遠投カゴ釣り、ナイロンとPEどちらがよいですか?

ナイロンライン

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン 遠投カゴ 200m レモン 4号ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン 遠投カゴ 200m レモン 4号

 

● ナイロンラインのメリット

PEラインに比べるとライン径が太く張りがあるので、穂先に絡むトラブルが少ないです。またライン自体に伸縮性があるので、大きな魚がヒットしても、道糸全体がクッションとなり、バラシ軽減につながります。

視認性の良いカラーがバリエーション多く販売されているので、潮流の早いポイントでのラインメンディング(道糸修正)や、ナイターのカゴ釣りでもよく見えて扱いやすいです。

価格もPEラインに比べると安価で購入でき、頻度良く巻替えすることで強度を補うことができます。

● ナイロンラインのデメリット

デメリットと言えば、やはり飛距離と強度の低下です。その原因はやはり糸の太さにあります。ナイロンラインでPEラインと同等の強度を求めたら、線径が太くなってしまうのです。

また糸の性質上、吸水性の高いナイロンラインは劣化が早いことから、使用回数に関わらず、定期的な巻替えが必要となります

リールの適合糸巻き容量も必要になり、必然的にリールサイズが大きくなってしまうことも挙げられます。

釣具屋スタッフG、一押しのナイロン道糸
サンライン 遠投K.B 《カゴブッコミ》
「P-Ion」搭載によりコーティング寿命が大幅アップ!太い号数を使っても糸よれがしにくい柔らかめになってます。遠投しても見やすい蛍光オレンジカラーです。

PEライン

LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 遠投カゴ釣り PE X8 3号 L0230ALINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 遠投カゴ釣り PE X8 3号 L0230A

 

● PEラインのメリット

カゴ釣りの魅力のひとつとも言えるのが、遠くに仕掛けを投入できる飛距離です。

PEラインは、ナイロンラインに比べて強度が高く、その分細糸を使用できるので、飛距離が出せます。また伸びがないので感度がよく、深い水深でのアタリが明確に出るのも特徴です。

糸よれによるトラブルも少なく、キャスト時のガイドの糸抜けは抜群です。スムーズに糸が放出されて気持ち良く飛距離が出ます。

またPEライン専用のコーティングスプレーが多く販売されており、釣行後のメンテナンスをしっかり行えば長期間の使用も可能です。メーター毎にマーキングされている製品が多く、潮流の速さ把握やカウントにも役立ちます。

●PEラインのデメリット

デメリットは、素材の性質上、絡むと解き難いことです。そのため、ライントラブルには十分注意が必要となります。

風が強い時、穂先に余計な糸のタワミがあると、すぐにガイドに絡みます。夜釣りなどでは気付かずにそのままリールを巻き、穂先が折れてしまうこともありますので要注意です。また、巻き取り時のテンションにムラがあると、バックラッシュが起きやすくなり、修復は困難です。

風に煽られることも弱点で、横からの強風にはラインが取られやすくなります。

PEラインは撚糸なので擦れに弱いのも特徴なので、置き竿や足元の岩カキなどには注意が必要です。長期間使用すれば、ガイド摩擦による劣化も起きます。ラインの表面が毛羽立ってきたり、マーカーの色が褪せてくれば巻替え時です。ナイロンでも切れる時は切れますが、PEラインの方が断然、擦れに弱いです。

釣具屋スタッフG、一押しのPEライン
デュエル HARDCORE X4投
コシ、張りがあるPEライン。トラブルの原因である、しなやかさが少ない為、トラブルを回避。4本編みですが強度もバッチリです。

まとめ

ちなみに…、私の場合、風のある日の釣行も多く、夜釣りで置き竿をもするため、ライントラブルが少なくて傷にも強いナイロンを選んで使っています。飛距離優先か、トラブル回避を優先かは、それぞれの釣り場によっても違ってくるので、一概にはどちらが良いとは断定できません。

初めての方や入門者の方は、どちらを選ぶかは実際使ってみないと分からない事も多いと思いますが、少しでも参考にしてもらえたら幸いです!

↓つりトップおすすめカゴ釣り関連記事↓
【夏の夜釣り】カゴで釣れる魚&仕掛けを教えて!
カゴ釣り用リールの特徴&オススメのリール3選

 

 


《サンライン》一瞬のアタリを感知、スモールゲームPE-HG

高感度・高強力ハイグレードPE採用
スプリットやキャロなど、ロングキャストに対応した150m巻です。ディープゾーンでのボトム状況を明確に伝えるだけでなく、繊細なアタリを感知する高感度設計のラインです。号数基準に対応した4本組構成による極細仕様なので、キャスト性能や操作性が高くなりました。

95e003df593839025a7743118e11bc0f
0.15号、0.2号:ジグ単での表層からのライトゲーム。
0.3号、0.4号:近距離から中距離までのライトゲーム。
0.5号、0.6号:大遠投の釣りやチヌなどのライトゲーム。
ビッグフィッシュにも十分対応が可能な高強力HG(ハイグレード)PEを採用。
視認性に優れたサクラピンクカラーで、日中・夜間のゲームが楽しくなります。

規格:150m単品0.15号、0.2号、0.3号、0.4号、0.5号、0.6号
カラー:サクラピンク
希望小売価格:オープン