【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

5月1日は和歌山県・有田川にて全国で最も早い2017年度の鮎の解禁日を迎えます。
ついに待ちに待った、鮎釣りシーズンの開幕です!
初心者の方もベテランの方も、解禁日の情報が気になってソワソワする1日になること間違いなしですね。
今回は2017年の新製品、おすすめのサカサ針をご紹介します。ソワソワ気分を少しでも紛らわすことができる記事であれば幸いです。
スポンサーリンク

【2017 ついに鮎解禁!】今シーズン注目の鮎サカサ針 新製品を紹介

<カツイチ> 巻き巻きサカサ

あれ?この商品はどこかで…?と思った鮎師の方は多いのではないでしょうか。
そう、がまかつのピットサカサシリーズに酷似していますよね。


2017新製品として発売になったこの巻き巻きサカサ使用方法はピットサカサとまったく同じです。
メガネ式サカサの通す穴が見えにくい方でも、挟んで巻きアイに抑えるようにハリスを通せばワンタッチで装着できます。
ピットサカサにそっくりな製品ですが、注目したいのは規格号数です。3号・4号・5号とすべての号数に2.5号までの太ハリスが対応になっています。
終盤の大鮎にも十分に使えるほか、25センチ前後の盛期の鮎にもハリスのバリエーションが効きそうです。
また、アイの向きがピットサカサと逆向きに反っているのも特徴でハリスが真っ直ぐ出るよう設計されています。

<がまかつ> G-HARD 競技皮打サカサ

皮打ち対応でシンプルな形状のサカサ針です。軽量設計でコンパクトなので競技にもおすすめです。
また針先は耐摩耗性5倍のG-HARDが採用されており、針先の鋭さの持続が期待できそうな製品です。

がまかつ ザ・ボックス 競技皮打サカサ(フック式) 2号
おそらくサカサ針には初のナノスムーズコート(低摩擦フッ素コート)も、刺さりの良さと、針先の鋭さに一役買っているのではないでしょうか。
ハリス止めが従来品とは逆の「フック逆向きセッティング」により、皮打ちの際、フックの隙間が魚体の方へ向く設計になっています。
10本入りで定価が1200円と少々お高めですが、ぜひ使用してみたい製品です。

<ダイワ> 快適フックサカサ

一見、メガネ式のハリス止めに見えるフック式のハリス止めが特徴のサカサ針です。
この独自の形状は、鮎を引き抜いたあとにタモの目に刺さり込まないとしています。
これはカタログの製品情報なのですが、ハリス止めの部分が引っ掛かることを軽減するのか、それとも針の部分が引っ掛かることを軽減するのかは明記されていません。

ハリス止め部分がタモの目に入り込んでしまうという事例はなかなか無いと思うのは、
わたしだけでしょうか?どちらかと言えば、針がタモの目を拾ってしまう事の方が多い様な…?

ダイワ 快適フックサカサ 3号 徳用
フック式のハリス止めに多い、中ハリスや付け糸を拾ってしまうトラブルを軽減し、フック式の使用感でメガネ式のメリットがあるサカサ針です。

使用してみなければ分かりませんが、今年注目の新製品です。

以上、今年注目の新製品サカサ針3点をご紹介しました。
解禁日に釣行する方もそうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。