《堤防釣りの仕掛け》ハゼ、秋に数釣りを楽しもう!

秋がメインシーズンとなるハゼ釣り。全国各地の沿岸部で、釣り初心者や入門者の方、またファミリーフィッシングでも手軽に狙える好ターゲットです。

小物釣りだとあなどるなかれ、仕掛けのバリエーションや釣り方も多く、最近ではクランクベイトと呼ばれるルアーで狙えることでも話題になっています。

今回は、ハゼ釣りのポイントや仕掛け、釣り方を詳しく解説します。

スポンサーリンク

《堤防釣りの仕掛け》ハゼ、秋に数釣りを楽しもう!

ハゼの投げ釣り仕掛け

ハゼ投げ釣り仕掛け

糸と金具を結ぶ、ユニノットの結び方

ハゼ
時期 秋がメイン
場所 汽水域の堤防、岸壁、川べりなど
エサ 虫エサ(イソメ、アオイソメ)

ハゼは1年魚、シーズンは秋がメイン

ハゼは一年魚です。春から初夏にかけて生まれたハゼは、7月頃には10cm程度まで大きくなり、夏に釣れる小型のハゼを「デキハゼ」と言います。それ以降、水温が下がる冬にかけて、20cm級の良型のハゼを狙うことができます。

夏から秋は、水深が1m未満の水域で、海底が砂地になっているポイントがおすすめで、淡水の混じる河口域や流入域なども好ポイントとなります。

逆に外洋に面している砂浜などにはほとんど生息していないので、注意しましょう。

冬は「落ちハゼ」と呼ばれ、港内の水深のあるポイントで狙うことができます。投げ釣り仕掛けを流用し、誘いをかけながらジックリ広範囲に探りましょう。

投げ釣り、ハゼの釣り方

  1. エサをハリに刺します。刺し方は、2cmくらいにカットした青イソメを、針先を出してチョンがけにします。
  2. 仕掛けを投入、着底したらすぐにアタリが出やすいよう、仕掛けを張ります。
  3. 基本的には巻きアワセよいですが、時々、アワセを入れないとフッキングしないこともあります。その日の状況に応じましょう。
  • ゴカイなどの活き餌が苦手な方は、集魚効果のあるワーム(疑似餌)を使う手もあります。ただし、食いが悪い時は、本物のイソメに分があるようです。

ミャク釣り・玉ウキ釣り、ハゼの釣り方

ファミリーフィッシングでお子さんがリールを使用できなくても大丈夫!上部仕掛け図で紹介した投げ釣りのほかに、ミャク釣りウキ釣りでもハゼを狙って釣ることができます。

ささめ針(SASAME) H-101 ハゼ玉ウキ3.6m 4ささめ針(SASAME) H-101 ハゼ玉ウキ3.6m 4

3m~4.5m前後の振り出しのべ竿を準備します。

ミャク釣りの場合は、0.3号~1号のナス型オモリに、10cm程度のハリスを出して袖針を結びます。

手前から届く範囲で底を狙い、アタリがあれば瞬時に軽くアワセをいれましょう。

ウキ釣りは、エサがしっかり底に着くようタナをあわせます。

潮が早い時はウキを外して、仕掛けをミャク釣りに変えましょう。

ハゼをが釣れるタイミングと、潮の満ち引き

ハゼは、潮の満ち込みと同時に沖から接岸します。サイズも良型が先に入ってくるため、満潮前後の時間帯が時合いになります。また、干満差の大きくなる大潮も狙い目です。

釣行する時は、満潮時刻を把握して釣行するようにしましょう。

秋のハゼは浅場に集まるので、深くても1m程度の場所を選びましょう。

遠投の必要もなく簡単に釣れるので、子供連れのファミリーフィッシングにオススメです。

釣れたハゼを美味しく食べよう!

釣れたハゼは唐揚げやてんぷらにして、美味しく食べることができます。

小型の魚なので下処理が少しだけ手間ですが、病み付きになる美味しさですよ~

●10~12cm程度の小型のハゼは、ウロコと内臓を取りしっかり洗ってから水気を拭き取り、唐揚げに。

●15cm~20cmの良型のハゼは、同じくウロコと内臓を取り除き、頭を落として背開きにしてから天ぷらにしましょう。

In families, let’s go for goby fishing

家族で、ハゼ釣りへ行こう!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。