楠本港、春の乗っ込みチヌ&大型アジ〜大分県佐伯市蒲江

釣り場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

春の乗っ込みチヌ&大型アジ

  アジ、メバル、チヌ、マダイ
  アジ
  アジ、チヌ、マダイ
  アジ、メバル

春のフカセ釣りでチヌ、マダイ、大型アジを狙える季節限定の人気釣り場です。

釣り座③の裏手の公園には、トイレがあります。

釣り場解説

ポイントを表示

春のフカセ釣りでは、大型チヌの一発を狙えます。
遠投釣りでタナは底べったり、もしくは底ハワセのイメージでアプローチをしましょう。
潮加減によって、マダイや大型アジ(30〜40cmクラス)が混じることがあります。
特に、春の夕方には大型アジが回ってくる確率が高いです。

春のフカセ釣りでのチヌ狙いのポイント。
足元から深いので、あまり遠投する必要がありません。
底取りをしてから、半遊動仕掛けでタナを決めて狙いましょう。
春に50cmアップのチヌとマダイの実績があります。

晩冬の夜釣りで、30〜40cm級アジの接岸あり。
釣り方は電気ウキを使ったフカセ釣りがオススメです。

ルアー釣り

東九州のメバルの南限。
冬にはハマると、20〜25cmクラスのメバルがよく釣れていました。
しかし、高速道路が佐伯とつながってからは、メバルの数が減少。
それでも、竿抜けポイントとして、メバルが頻発することがあります。
また、晩冬から春にかけては潮次第で良型アジも狙えます。