【麦わら帽子を被る】菅官房長官、釣りキチ姿に 「三平は不朽の名作」

イベント情報
スポンサーリンク

麦わら帽子と言えば今や、「ワンピース」の代名詞であるが、中年以上の釣り師であれば、麦わら帽子は絶対に「釣りキチ三平」だ、ルフィーではなく!

そんな「釣りキチ三平」の舞台となったことのある秋田県で、菅官房長官が三平のコスプレを楽しんだのだとか???

菅官房長官、釣りキチ姿に 「三平は不朽の名作」:朝日新聞デジタル
■菅義偉官房長官 (漫画家・矢口高雄氏の代表作の)「釣りキチ三平」というのは、秋田をはじめとして、日本中の美しい自然を舞台にして釣りブームのきっかけを作った、まさに不朽の名作であると思う。実は私は釣り…

写真を見れば、コスプレまでとは行かず、ただ麦わら帽子を被っただけ。

それでも、背後に三平の大きなレリーフがあれば、麦わら帽子は当然、それなりの意味を持つ。

菅官房長官は選挙区こそ神奈川県であるが、生まれ育ったのは秋田県であるのは、ちょっと政治に詳しい人であれば誰でも知っている。
その菅官房長官が、秋田空港での「釣りキチ三平」が描かれた大型陶板レリーフの除幕式に招かれたとのこと。
ちなみに菅さん、幼少の頃は役内川で釣りに明け暮れたとのこと。
除幕式に招かれたグラドルならその場しのぎだと思うが、菅さんの年代なら、本当に釣りにあけくれたのでは?
そもそも当時は、娯楽は自然の中にしかなかっただろうし…。

いずれにしろ、釣りキチ三平が世間で話題になるのは、我々釣り人には喜ばしいこと。
今晩は、釣り道具の手入れでもしますかね(^^)

タイトルとURLをコピーしました