《エギング》2015年、1万円以内のオススメリールを教えて!

エギング初心者が道具を揃えると、ロッドやリールやら、エギのまとめ買いやらでお金がかかるものです。そのため、道具をなるべく安く揃えたいものですがあまり安物だと、すぐに壊れて買い直すことも。そこで今回は、1万円以内限定で、エギングにオススメのリールを紹介します。最近の廉価リールは、かなり高性能になっていて驚きますよ!

スポンサーリンク

1万円以内のオススメリールを教えて!

シマノ/セドナ


2015年、セドナはシマノのエントリーモデルとして好評だったエアノスXTの後継機として登場しました。エントリーモデルながらも、エギングに必要な軽量化を実現しています。エギングで主流の2500番で245gと、かなり軽いです。しかも、重心がロッドに近くなっているため持ち重り感が軽減されて、実際の重さよりもかなり軽く感じることができます。AR-Cスプールを搭載しているので、キャスト時のトラブルも少なく、扱いやすいです。2015年11月にはお得なPEライン付きモデルも登場し、ますますお得感がアップしています。

ダイワ/レブロス


巻き感度の良さが好評、上位モデルに搭載されている軽量・高強度エアローターを採用しています。エギングで主流の2500番は250gと、セドナよりもわずかに重ためです。しかし、個性的なブラックとゴールドのカラーリングは、思わず手を伸ばすほどインパクトがあり、見た目買いするアングラーも少なくないとか…。ダブルハンドルモデルが2000番からあるのも、選択肢が増えてうれしいです。

実売価格でこの2機種よりも安いリールだと、エギングのスキルがアップした時に物足りなくなるはずです。この2機種であれば、高級リールを購入した時のサブアイテムとして持っておいても遜色はありません。シマノのセドナ、ダイワのレブロスが、エギング入門者にはオススメですよ♪

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。